« リタイア後の靴に関する考察/そしてパラブーツのミカエル | トップページ | 井上陽水のNew CD »

2008年6月28日 (土)

Hartmannの歴史(広告から)

Bagのデザインが10年,中には5年ともたず 10年かけてシリーズを揃えようとしていたら狙いのBagが製造中止になってしまうことがあります。

Coffee_nylon これは1995年頃と思われるHartmannのカタログです。このシリーズで揃えようと思った途端にシリーズ自体がなくなってしまいました。

思えば 現在は当たり前になっているキャスター+ハンドル式の Mobile Luggageが出てきたのはこの10年ちょっとの間で,このカタログには存在してないのです。

Hartmann Luggageのデザインが1877年の創業以来 どのような変遷があったのかを 2003年版カタログに掲載されていた広告から見てみましょう。

この24枚の広告の中で 現在のHartmannのデザインに近いのは(簡単に想像できるのは) 最後の1枚-おそらくは1990年代半ばのもの-だけ(譲って 3枚)のようで,これは驚くべきことです。

アメリカのそれぞれの時代の様子が垣間見える広告です。

Luggageの形に影響を与える要素として,①輸送機関(旅行の期間),②旅の目的,③社会状況(かつてはポーター,現在は旅行者自身が運ぶ。)などあるようです。

かつて 本格的旅行は一部富裕層だけのものだったことが伺えます。

3_old_2

2_old_2

Old_2

|

« リタイア後の靴に関する考察/そしてパラブーツのミカエル | トップページ | 井上陽水のNew CD »

鞄(Hartmann Luggage,その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リタイア後の靴に関する考察/そしてパラブーツのミカエル | トップページ | 井上陽水のNew CD »