« CONVERSEのJACK PURCELL | トップページ | 鬼怒川温泉にて(その2) »

2008年7月30日 (水)

鬼怒川温泉にて(その1)

今週は前後の土日を入れて9連休の夏休みです。

鬼怒川温泉に1泊して来ました。宿は「若竹の庄 笹音」としました。鬼怒川温泉の旅館の中でおそらくもっとも上流にある旅館と思います。選択した条件は 団体客が多そうな大型旅館ではないこと,客室付き露天風呂があることの二つで いくつかのサイトで調べて決定しました。

二人なので一番小さい部屋でしたが十分な広さでした。

Img_0784a_3

風呂は鬼怒川に面した半露天風呂(と言うより川側とベランダ側の2方向オープン・エアーの掛け流し風呂)でした。木製の格子は引き戸でクローズ可能です。川側の格子の下側は斜めに開放できます。

Img_0811a_2

本館「若竹」と別邸「笹音」をつなぐ廊下です。

Img_0771部屋から見る鬼怒川です。旅館が集中する“鬼怒川温泉駅”と“鬼怒川公園駅”の間は両岸に旅館があるため,川を眺める露天風呂の開放感は得がたいでしょうが,“鬼怒川公園駅”より更に上流にある「若竹の庄」では対岸に旅館がないので 開放的な風呂に入れます。

Img_0806a_4 

部屋のある2階にあったラウンジです。全体にゆとりのあるつくりで 置いてあるハードにこだわりがあります。

旅館というよりホテルの雰囲気ですね。

Img_0814a Img_0817a Img_0838a                        

食事は1階の個室で京懐石を戴きました。(写真は 前菜と注文した冷酒,途中を省略してデザート)

手が込んだ料理で食器も凝ったものでした。サーブのタイミングが部屋のどこかに隠しカメラがあるのではないかと疑うほど絶妙でした。

Img_0857a

中庭の竹ともみじの緑が鮮やかでした。

|

« CONVERSEのJACK PURCELL | トップページ | 鬼怒川温泉にて(その2) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CONVERSEのJACK PURCELL | トップページ | 鬼怒川温泉にて(その2) »