« HartmannのExpandable Flap-Over Bag(その2) | トップページ | 次の作品は?原 尞 さん »

2008年8月13日 (水)

「豚マメ」の その後

土曜日に買った「豚マメ」がどうなったか紹介します。

Img_09601kg  で7個ありました。

これは 135.5gですね。

そのまま ソテーしてもうまそうですね。

Kidneybean

これは「豚マメ」ではありません。

赤インゲン豆です。

英語で “Red Kidney Bean”,腎臓は “Kidney”。そっくりですね,大きさは違いますが。

「『そらまめ』に似ているから」と書いてあるものがありますが,やはり,「インゲン豆」でしょう。

Img_0961

ちょっと不気味ですが,半分に切った状態です。この白い部分は糸球体と言うらしく,これを丁寧に除去しないと臭いが残ります。何しろ 尿を作る(?)器官ですから。

Img_0968

さらに不気味ですね。糸球体を除去した状態です。

オペ担当:ワイフです。

Img_0972

ワイフはその日 3品の料理を作りました。

これは「豚マメときゅうりの和え物-山椒風味」です。

これは イケマシタ。

これから何を作ろうか,ということで考えました。

うわさに聞く 英国家庭料理「キドニー・パイ」(“Steak & Kidney Pie”)がいい,という私に対し,「牛肉と牛マメじゃないとまずいんじゃない?」とワイフ。

「内臓だから 牛も豚も同じようなものだろう。」と私。

さて 今後の展開や如何に。

|

« HartmannのExpandable Flap-Over Bag(その2) | トップページ | 次の作品は?原 尞 さん »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« HartmannのExpandable Flap-Over Bag(その2) | トップページ | 次の作品は?原 尞 さん »