« 鬼怒川温泉にて(その2) | トップページ | 八角と豚マメ »

2008年8月 1日 (金)

私は日本人です

海外に出ると かつては一般に日本人は中国人に見られることが たびたびありました。それが真っ当に日本人に見られるようになり,最近は又変わって 韓国人の旅行客が多いせいか 韓国人に見られる傾向になりました。

10年ほど前にシンガポールでタクシーの中国系運転手にどこから来たかを問われ「日本」と答えたにも拘わらず 「お前は中国人だろう。」としつこく言われたことがありました。何回かの押し問答で 彼は諦めて 「わかった。」と言い,その後 「しかし 祖父さんは中国人だったにちがいない。」  私も 面倒になって 「Might be!」

25年ほど前,1ヶ月半ほど仕事で 日本を離れ 赤道付近をウロウロして アムステルダムからKLMで帰朝したことがあります。成田空港で預けた荷物が出てこず,可能性としてチェックインが早すぎて 先発の南回りの便に荷物が載ってしまい,北回りの私が追い抜いて成田に着いた,が考えられました。

翌日,鞄の中身がどうしても欲しかったので KLMのスタッフに着いたら届けてくれるよう頼んで 空港の近くのホテルに泊まりました。

夕食を食べにホテルのダイニング・ルーム行くと従業員が英語で話しかけてきました。 口髭と日焼けのため 日本人である可能性すら彼には考えられなかったということのようです。恥をかかせては可哀想と思い,私も英語で通しました。

朝食のときテーブルに着くと 昨夜とは違う従業員が 英字新聞を持って来ました。英語で卵の料理方法を尋ねられて  「Fried Eggs,Turn-over.Please.」。

10年前,成田空港のシンガポール・エアラインのラウンジに入っていくと 受付の日本人の女性スタッフが にっこり笑い「Good morning,Sir.」。

|

« 鬼怒川温泉にて(その2) | トップページ | 八角と豚マメ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鬼怒川温泉にて(その2) | トップページ | 八角と豚マメ »