« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の29件の記事

2008年9月30日 (火)

シャーリー・ナイトは 目立たない女優ですが

Helenhunt

10年ほど前,米国からの出張帰りの機中で映画 「恋愛小説家」(“As Good As It Gets”,1997)をたまたま(映画館には観に行かないタイトル)観ていて どきりとしました。ヘレン・ハントの母親役がほぼ20年ぶりに見るシャーリー・ナイト(Shirley Knight,1936~ )だったのです。一般人のように年齢を重ねていました。

最後に映画で観たのは 「ポセイドン・アドベンチャー2」(“Beyond the Poseidon Adventure”,1979)で でした。

高校生のとき 毎週観ていた TV映画 「逃亡者」(“The Fugitive”)の女刑事役でゲスト出演した彼女を見たのが記憶に残る最初です。アメリカ人の女優にしては 天心爛漫な 乾いた明るさではない しっとり感に魅かれました。「逃亡者」には3回(1964~ )出演しました。同じ頃,日米合作(日本は大映ですね?)映画「あしやからの飛行」(“Flight from Ashiya”,1964)のスクリーンで初めて観ました。

Shirley_knight それ以前に多くのテレビ映画にゲスト出演(例えば 「ブロンコ」,「ローハイド」,「ハワイアンアイ」,「裸の町」など)したようですが,これらを観ていながら 残念ながら記憶にありません。

印象に残っている映画は「グループ」(“The Group”,1966)と「雨の中の女」(“The Rain People”,1969) です。浪人時代から大学生にかけて観た映画です。今,公開されても 観に行きそうもない映画ですが(今は ほとんど アクション映画),その頃は このような映画にも行ったのかと我ながら不思議です。公開された映画を無差別に観ていたのかも知れません。26日に亡くなった ポール・ニューマンの恋人役で出演した「渇いた太陽」(“Sweet Bird of Youth”,1962)は 後日,テレビかビデオで観ました。

グループ」は キャンディス・バーゲンがデビューした映画です。この映画は ビデオ化されていますが なぜかあまり出回ってなくて レンタル店では見かけません。1930年代の女子大の卒業式から映画は始まり グループ 8人のそれぞれのその後の生活を描いています。Wikipedia によれば ‘The movie touched on some controversial topics, such as free love, lesbianism and mental illness.’ となっています。何か暗そうな記述ですね。キャンディス・バーゲンは lesbian役で,登場したときから そのような雰囲気を漂わせて適役でした。(失礼。) そう言えば中学生のとき観た 「アラビアのロレンス」のピーター・オトゥールもそんな(queerの)雰囲気を自然に出していました。名優!(脱線。)

シャーリー・ナイトは 病気の父親の面倒を見る おとなしく,地味な役でしたが,一番共感しました。「幸福の女神は 彼女にこそ 微笑むべきだ。」と思いながら観ました。

雨の中の女」は フランシス・F・コッポラ監督の それこそ 地味な映画で その後の派手な映画に埋もれてしまいがちですが,忘れ去られてほしくない佳作です。シャーリー・ナイトは何か自分でもわからない気持ちに突き動かされ 家を出る若い妻を演じます。共演はロバート・デュバル と ジェームズ・カーンとしっかりしています。シャーリー・ナイトが乗って旅する当時流行りの(?)ウッド・パネルを張った ステーション・ワゴン(だったと思う),それと雨だけで 切なさを漂わせる映画でした。

私が 映画を観ることから遠ざかっていた時も 彼女は映画に出続けて,年代別の出演本数を合計してみると 次のようになりました。

  • 1950~  : 1
  • 1960~  : 12
  • 1970~  :  7
  • 1980~  :  5
  • 1990~  : 27
  • 2000~  :  5

1990年代に頑張っていますね。準主役級からはずれて 出易くなったのでしょうか。

又,テレビ・ドラマにも多く出演し 最近では 「デスパレートな妻たち」(“Desperate Housewives”,2005年 - 2007年)にも出たらしいのですが,観ていません。観ていたワイフに聞いても 「わからない。」でした。

| | コメント (3)

2008年9月29日 (月)

曇天下,表参道から六本木ヒルズを経由して新橋まで

秋めいてきた日曜日,東京駅八重洲口で用を済ませ 京橋で昼食をとり,銀座線で表参道に出ました。青山の洋服店で買い物をした後,新橋駅を目指して南に向かって歩きました。

Img_1304

南青山で見た日日草です。これだけの本数あると感動的です。

Img_1307_2百日紅です。鉢植えの百日紅を初めて見ました。しっかり成長しています。残りの花びらは わずかになっていました。夏は終わりです。

南青山から外苑西通りを南下し,途中,中国大使館あたりで東に転進しました。

中国大使館周りの厳重な警備(各所に立つ警官の数)に驚きました。私も ワイフもBack Packを肩に掛けていましたが 職務質問・所持品検査は受けませんでした。警備状況の写真を撮るのは自粛しました。

Img_1308六本木ヒルズ  “グランド・ハイアット東京” 前の歩道の植え込みです。赤い花は日日草,白い花の名前は判りません。

けやき坂を下り,更に進んで外苑東通りに出て 南東に進みました。

Img_1313_2外苑東通りから少し入った所にある “Hard Rock Cafe” です。ゴリラ(キング・コング?)がぶら下がっています。

飯倉片町の交差点を左折し 北進,溜池に向かいました。

Img_1318_2

溜池付近の歩道には 自転車用のマークがありました。

Img_1320

同じく 溜池付近の白と赤の日日草です。

溜池で右折し,霞ヶ関へ。

Img_1324

霞ヶ関付近のカフェです。丸の内に対抗しているのか お洒落になっていますね。

この後,虎ノ門で右折し 新橋駅に向かいました。

表参道発 14時過ぎ,新橋駅着 17時30分の約3時間の散歩でした。

尚,今回,ワコールの CROSSWALKER を試しに着用して歩きました。歩くスタイル/歩幅への効果は・・・認識できませんでした。“週5日着用で1ヶ月・1日6000歩以上歩きましょう。” とある着用の目安に達するのは無理ですね~。

| | コメント (0)

2008年9月28日 (日)

ポール・ニューマン逝く。残念です。

26日の夜,「快復を祈ります。」と書いたその夜(米国時間),ポール・ニューマンが亡くなっていたことを 今朝 知りました。

45年~35年前に もっとも映画を観ていた頃の,私にとって 映画がもっとも映画らしかった頃のスターでした。

ご冥福を祈ります。

| | コメント (0)

2008年9月27日 (土)

広島弁で『たちまち』は・・・

広島弁『たちまち』 はアクセントが “ち”にあって  ○●○○ と発音します。

最近,テレビで紹介されたそうです。意味は「とりあえず」が一番ピッタリします。350年(?)前の書物に そういう使われ方があったようで 当時は日本全国で使われていたのが 広島だけに何故か残ったということらしいです。普通,『たちまち』は 「たちまち 白髪のおじいさん」のように 「すぐに」の意味を持ち,口語ではあまり使われません。

36年前,就職して配属された 広島県のある小都市で この言葉を聞いて 何か古めかしい感じがし,すぐには理解できず,20数年間 広島県にいましたが 自分で 一度も使いませんでした。社内の会議でも「たちまちは これでいきましょう。」と普通に使われていました(今でも)。面白いことに 東京の本社でも 広島に配属されていた人は出身が広島でなくても「たちまち」を使い,それを全員が正しい方言の意味で理解しています。

方言は 悪くはありませんが,同音異義の言葉は困ります。

広島(ひょっとすると 私がいた小都市だけ)で 『たちまち』よりも マイッタのは『まよう』です。

これは まよっとるなあ!」と結果を見て言うのです。何故,結果を見て 迷ったか,迷ってないのかが判るのか,「迷おうが,迷うまいが,結果が正しければいいではないか。」と本気で思いました。 間違った結果を出した本人に「まよってました。」と言われると 更に 「この人は 何を考えているのだろう。迷ったかどうかなど結果には関係ない。間違いを認めない卑怯な奴だ。」と思いました。

そんなことが続き,半年かかって やっと判りました。

まよう。』は 『間違う。』の意味の方言だったのです。

では 『迷う。』は何と言うか? おそらく「まよう。」でしょう。

| | コメント (0)

2008年9月26日 (金)

ポール・ニューマンは今・・・

去年,引退声明を出したポール・ニューマン(1925年~ )の健康状態が優れないとの報道があり,体重が100ポンドを切っているという写真も雑誌に掲載されたようです。

学生(生徒)の頃から観た映画で 彼の映画が一番多かったのではないかと思います。彼の快復を祈っています。

 

初めて観たのは 70mm初めての超大作と宣伝された『栄光への脱出』(“Exodus”,1960)で中学生でした。

 

いくつかの 印象に残った映画のシーンを思い出してみました。

 

動く標的』(1966年)

Harper_moviep_3

ロス・マクドナルドの,私立探偵 リュー・アーチャーを主人公とするハードボイルド・シリーズの第一作目 “The Moving Target” を映画化,米国では “Harper”,英国では小説の原題どおり “The Moving Target”としてリリースされました。 主人公の名前が何故か リュー・ハーパーとなって米国のタイトルになっています。

私が観たのは 公開年から想像すると 浪人中か大学1年生のとき。

冒頭(?)のシーンで アパートで目を覚ました ハーパーがコーヒーを飲もうとしてコーヒーを切らしているのに気付き,ゴミ箱(?)から 捨てられたコーヒー滓が入った濾紙を拾って それにお湯を注いでコーヒーを淹れ まずそうに飲みます。なかなかクールだと思いました。

まだ,スーツを着たこともありませんでしたが,依頼人を訪ねるときのポール・ニューマンの何でもない力みのないダーク・スーツの着こなしを現在もスーツを着るときの手本にしています。

 

暴力脱獄』(1967年)

原題は “Cool Hand Luke”, 邦題が何ともコメントしようもありません。

この映画で記憶があるのは 刑務所で賭けをして 山盛りの “ゆで卵” を食べて 腹を膨らますシーン。ストーリーの記憶はありません。ただ ガッツのあるクールな男が印象に残っています。この映画で ポール・ニューマンは アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞のBest Actorにノミネートされました。

 

明日に向って撃て!』(1969年)

原題は “Butch Cassidy and the Sundance Kid”。全篇,静かで穏やかな調子でした。列車を襲うシーンも 西部選抜追跡団に追い詰められて河に飛び込むシーンも 最後の銃を構えた軍隊の前に飛び出すシーンも穏やかなポール・ニューマンでした。月並みですが,キャサリン・ロスをハンドルに腰掛けさせてバート・バカラックの「雨にぬれても」をバックに自転車に乗るシーンが一番記憶に残っています。 「壁の穴強盗団」リーダー,ブッチ・キャシディは南米に行くまで人を撃ったことがなかったのですね。

 

あとは好きな映画を列記-

評決』(“The Verdict”,1982),『スティング』(“The Sting”,1973),『スラップショット』(“Slap Shot”,1977),『渇いた太陽』(“Sweet Bird of Youth”,1962-これは映画館で観ていません。)など。

| | コメント (0)

2008年9月25日 (木)

花 二景と

九州の実家に寄った折,近所の花を撮りました。

Img_1258_8

たぶん,松葉ボタンでしょう。

その後の指摘で “マリーゴールド”とわかりました。

Img_1262

八重の芙蓉です。

Img_1235

おまけです。

小倉に 「もんじゃ焼き」の店が出来ていました。昔は 絶対にありませんでした。

| | コメント (0)

2008年9月24日 (水)

「御社」と「弊社」は

就職活動の学生が 「御社」と言ったり,営業マンが「弊社」と言うのをテレビで聞くことがあります。この言葉が正しいのか間違っているのかはわかりません。

が,不思議なことに 長年 サラリーマンをやっていながら 「御社」,「弊社」とも 一度も口に出したことがありません。 どちらも 恥ずかしくて とても口に出せません。この理由が 自分のことながらわかりません。サラリーマン失格ですかね。(もう遅い。)

「弊社」と 書類で書くことはありますが,「御社」とは書きません。「貴社」と書きます。

では 話の中で どう言うか?

相手の会社のことは 「XXさん」(XXは社名)と言います。

自分の会社のことは 「私ども」もしくは「わが社」,時には 社名そのまま を言います。

不自然なへりくだりは気分が悪くなります。だから ニュートラルです。へりくだるのも,へりくだられるのも好きではありません。

間違っているかもしれませんが,これできました。

入社試験の面接では どう言ったか?

よく覚えていませんが,おそらく 社名そのままを言ったと思います。

完全にニュートラルです。 現代の学生に比べると 相当 失礼だったかも知れませんね。

当時の感覚としては 会社という無機の存在を敬ったり,へりくだったりするのは馬鹿げている,だったのでしょう。 実は 今も その感覚はそれほど変わっていません。

| | コメント (0)

2008年9月23日 (火)

夕食は50Kcal(でいけるか?)

去年,世界陸上大阪大会を観ていたら タイソン・ゲイのオフィシャル・データが出てきました,身長:183cm,体重:73kg。これを観て 思わず 椅子から落ちそうになりました。私は 身長が15cm低いのに 体重が タイソン・ゲイより重い!筋肉質の黒人短距離選手より重い!これはショックでした。

それから 現在まで 炭水化物の摂取量を制限し,昼食のカロリーを400Kcal 以下に抑える,など実践しましたが,効果がありません。

それで ついに決断しました。

Img_1293

ワイフのフルコースの夕食を断腸の思いで諦めて,雑誌で見た 約50Kcal の粥のみを夕食とする。

実家に帰ったとき 91歳の父親が肥る為に買ったというのを見つけて 「これでは栄養不足でますます痩せる。」と言って 1か月分 戴いてきました。

さて 続けることができるでしょうか?効果はあるでしょうか?

| | コメント (2)

2008年9月22日 (月)

北九州の土産は

ワイフが北九州から持って帰ったモノです。

Img_1278

Img_1279

Img_1284

Img_1281

Img_1280Img_1289 

以上 北九州空港にて。

Img_1288

北九州で会った 広島から来た友人からのお土産。

Img_1287

北九州市八幡西区 「ドイツ菓子のカワグチ」の アップル・パイ。

以上 お疲れ様でした。ご馳走様。

| | コメント (0)

2008年9月21日 (日)

旧松本家邸での高校同期会

Img_1243_2 土曜日に 北九州で開催された還暦記念の高校同期会に出席しました。

卒業生 約400名に対し 出席者 43名で1割,女性出席者10名で 男女比は卒業人数とほぼ同じ 3:1 でした。関東方面からの出席者は8名,内女性5名。女性 頑張っています。

会場は 北九州市戸畑区にある 西日本工業倶楽部,旧松本家邸です。この建物は明治末期(1911年)竣工の 辰野金吾博士設計のアールヌーヴォー風木造洋館で,国指定の重要文化財に1972年になっています。旧持ち主の松本健次郎さんは 石炭などで財をなし,明治専門学校(現九州工業大学)を設立したひとりです。住宅兼学校の迎賓館として使われたそうです。となりに日本住宅もあります。敷地は広大な(?)森で 戦前は 鹿を放し飼いしていたという話があります。

1枚目の写真が正面ですが,所謂 洋館と違って車寄せがなく,簡素な造りです。玄関のドアは正面柱の左横にあります。これだけの建物で この簡素な玄関(扉)は 勝手な思い込みを覆す設計です。

Img_1246 庭園から望む南面です。2階左端の部屋は和室に見えますね。

Img_1251

Img_1248_2

内部です。建築に疎いので どこがアールヌーヴォー風か コメントできません。

戦後,米国占領軍(進駐軍)の独身将校宿舎に使われたときに白ペンキで塗られた愚行の痕跡は 当然,ありません。

Img_1255Img_1253

トイレのドアです。オリジナルなのか 復元したものなのかは判りませんが,女性の帽子のマークは現代では見かけないものですね。写実的マークです。

シルクハットにGENTLEMENと書かれると 自分は入っていいのかと一瞬躊躇しました。

男性トイレ内部は 小便器がふたつですが 横に並んでなくて 背中合わせに用を足すという今まで見たことがない配置でした。(写真無し。)

開会の乾杯の音頭を幹事に突然指名されうろたえましたが,楽しい時間を過ごしました。

| | コメント (0)

2008年9月20日 (土)

これは何でしょう?

   Img_1209_2

さて これは何でしょう?

NORTHROP GRUMMAN  と書いてありますが,飛行機ではありません。

Img_1213

芯が出ました。

ボールペンです。

Img_1214_5

裏側です。“PenAgain“ とあります。

パソコンを使うようになってペンを持たなくなったので「もう一度ペンを持とう!」というNamingなのでしょうね。

Img_1207_6このように持つようです。

箱の裏に “The most comfortable pen ever.”と書いてありました。

慣れれば うまく書けるかな?

| | コメント (0)

2008年9月19日 (金)

台風13号とすれ違い九州へ

九州の高校の還暦祝い同期会出席のため 羽田空港から北九州空港に向かいました。

Img_1220 台風13号が四国沖から紀伊半島に進行中ですれ違いになりました。飛行コースより台風は南にありましたが,気流は悪く機体は揺れ続け,飲み物のサービスは省略されました。

Img_1227

北九州空港は晴れでした。

空港島と九州を結ぶ橋です。

Img_1234

小倉駅でバスを降りました。

小倉駅には モノレールが乗り入れています。

Img_1231

小倉駅裏のホテル23階の部屋から 関門大橋が見えました。

ホテルでのインターネット接続が有料なのでAir H"でつなぎました。北九州では おそらく最上級(Rateも)のホテルですが,朝食ブフェに トレイが準備されていました。私は トレイの有無で ホテルのランクを知ります。当然,無しが上です。食べ終わった皿を順次,如何にすばやく片付けていくか,全部食べ終わってから トレイ毎片付けるか,の違いです。私は トレイを使わず 先ず,ジュースとシリアルのみ運び,食べ終わって次の皿に進みます。途中,一度も皿は片付けられず テーブルは皿だらけになりました。

Img_1229

バッグはHartmann Luggageです。3泊4日の旅行ですが ワイフは 22 inch Mobile Travelerを一杯にしています。

| | コメント (0)

2008年9月18日 (木)

自分では使わない言葉 「目線」

言葉に関して 頑ななところがあって 世間で通用していても 自らは決して口にしない言葉があります。

もっとも大きな理由は 「恥ずかしさを感じる。」からです。恥ずかしさを感じる理由は さまざまで「下品」,「軽薄」,「優越感を含ませるいかがわしさ」などで 世間で 如何に流布している言葉であっても自らが使うことを躊躇う言葉があります。

昔の言葉では『チビッコ』。 何ですか この軽薄さ,品のなさは,と嘆いても何の甲斐もなく 世間に広まりました。

今では 誰でも(私のように 使わない人間もいるでしょうが)使う『目線』,何か「いかがわしさ」を感じる言葉です。もともと カメラマンや演出家が モデルや演技者に言った言葉で 物理的な目(視線)の方向のことで 所謂,業界語だったのでしょう。それが 今や 一般に使われ 「消費者目線で・・・」とか 「女目線で・・・」のように 「位置,立場」を示す言葉になっているようです。

他に同じ意味を伝える必要十分な日本語があるので 初めは一時的な流行と思っていましたが,いつのまにか 辞書にも載る日本語になってしまいました。

| | コメント (0)

2008年9月17日 (水)

「ピタゴラスの定理」 証明の方法

テレビのクイズ番組で「ピタゴラスの定理」が答えの問題が出ているのを見て,頭の体操のつもりで 中学3年生のとき(45年前!)習った証明を 広告紙の裏でやってみました。何種類の方法を習ったのか覚えていませんが,記憶にあったのは 各辺を一辺とする正方形の面積から証明する方法で,何とかできました。

他に どんな証明方法があるのだろうかと,調べると 100ほどあるということがわかり,証明方法を紹介しているサイトもあって眺めてみました。

その中で もっとも気に入った方法が これです。(図が見難くて申し訳ありません。図をうまく入れる方法をよく知らないもので。)

・直角三角形の各辺長を a,b,c とします。

・この三角形を a倍,b倍,c倍した三角形を それぞれ①,②,③とします。

・三角形①と三角形②の辺長 ab を合わせた三角形を作ります。この三角形は もとの2角があるので もとの三角形と相似の直角三角形です。

・この合わせた三角形の直角を挟む2辺は ac と bcなので 三角形③と合同です。

・故に 斜辺の長さから  a^2+b^2=c^2 となり,証明終了。

シンプルで なかなかいいですね,これは。

Photo_3

| | コメント (0)

2008年9月16日 (火)

くるみかりん

Img_1008

最近,東京に各県のアンテナショップが増えています。

各県の隠れた名産品を手に入れることができます。

地下鉄東銀座駅近く 歌舞伎座前「岩手銀河プラザ」にあった 『くるみかりん』(小川屋さん)です。

素朴でありながら 味わい深い菓子です。

| | コメント (0)

2008年9月15日 (月)

かすかな記憶の「新諸国物語」

テレビが普及する前の戦後昭和時代のエンターテイメントを語る上で外す事ができないものに NHKラジオ・ドラマ・シリーズ『新諸国物語』があります。

昭和27年(1952年)から NHKラジオで 月曜から金曜の後630分~45分に放送されていました。

7部で次の作品と放送年でした。

昭和27年(1952年):「白鳥の騎士」

昭和28年(1953年):「笛吹童子」

昭和29年(1954年):「紅孔雀」

昭和30年(1955年):「オテナの塔」

昭和31年(1956年):「七つの誓い」

昭和34年(1959年):「天の鶯」

昭和35年(1960年):「黄金孔雀城」

開始時点では あまりに幼くて聴いていたという記憶だけで内容についてはほとんど覚えていません。

「笛吹童子」から「七つの誓い」までは 映画(ほとんどが放送された同年又は次の年に映画化され上映されています。)と一緒になって断片的に記憶に残っています。

6部,7部は テレビが我が家にきた 昭和33年以後なので ラジオは忘れ去られて 聴いていません。

「七つの誓い」が ラジオを聴いた最後の話なのでその主題歌を覚えています。

       親にもろうた 三角帽子
風にとられて なるものか
吹くな砂漠の 蒙古風(もうこかぜ
)
走るラクダの 鈴が鳴る

シャララン ジャララン シャン シャララン

私はこれを主題歌 “三角帽子”の1番と思っていました。

今回,確認すると 3番であることがわかりました。

何故,3番を覚えていたか,理由はわかりません。

「七つの誓い」では映画で 登場人物 “オンゴ”を演じた怪優(?) 吉田義夫氏の印象が強く その他の記憶はありません。

| | コメント (0)

2008年9月13日 (土)

品川駅から 白金台,恵比寿,渋谷を経由して 表参道まで

Img_1149

夏が終わりに近づいています。最後の夏の暑さを感じようと 品川駅を 13時25分,北北西に歩き始めました。

Img_1150_2

目黒通りを横切り,外苑西通りを北に向かいます。さすが,白金台,銀杏並木に 洒落たレストランが似合います。

Img_1155_2

「ランタナ」が咲いていました。

Img_1158

恵比寿に着き,ガーデンプレイスの横の道を西に歩きました。

恵比寿駅から明治通りに出た角に 魚偏に丼と書いて「TOTODON」と読ませる小さな店で \780の「海鮮バラエティ丼」を食べました。鯛,かんぱち,サーモン,鮪,いくら などが載っていて 満足の遅い昼食でした。

Img_1160

明治通りを渋谷に向かう 途中の「氷川神社」は祭りの最中でした。

Img_1187

Img_1193

更に進むと 「金王(こんのう)八幡神社」も祭りで,ここでは神楽殿で「里神楽」が演じられていました。境内には 頼朝が植えたと言われ 八重と一重が混ざって咲く「金王桜」があるそうです。(境内の立て札より)

Img_1201

渋谷に着きました。

Clarks で ワイフのデザート・ブーツを買いました。女物のSuede Desert Bootsは濃茶の一色しか売られていませんでしたが,今までも ずっとこの色なので問題ありません。

Desert Khanのことをスタッフに聞くと この12月に再々発売になるとのことでした。

Img_1204_3

明治通りを北北東に原宿に向かい,表参道に入りました。

地下鉄 銀座線 表参道駅到着,17時15分。

寄り道の多い 約4時間の散歩でした。

Img_1148

本日の足元。(いつも ほぼ同じですが。)

私は ClarksのDesert Boots,ワイフは 同じくClarksのNatalieでした。

| | コメント (0)

2008年9月12日 (金)

晩夏のコットン・スーツ

Img_1147若い頃,コットン・スーツを持っていませんでした。還暦が近くなり リタイア後の服飾計画の一環として今年,Van Jacketで Kent Modelをパターン・メイドしました。

正確には,スーツではなく ジャケット・スーツとでもいうべきものでジャケットとパンツを別々にオーダーしています。

Img_1140ジャケットの脇ポケットをパッチ&フラップとして,スポーツ・コートとして作っています。

パッチ・ポケットでないスーツのジャケットを スポーツ・コートとしては着られませんが,パッチ・ポケットのジャケットをスーツとして着るのは構わないと考えています。

Img_1144Img_1138   

小学生の体操服ではないので,ジャケットや オーダー・シャツに名前(含イニシャル)を入れる習慣はありません。その代わり,最近は 購入年月を入れることにしています,歳をとると いつ買ったのか忘れるので。

| | コメント (0)

2008年9月11日 (木)

See's の チョコレート

Img_1132

See's のチョコレートです。

ワイフが 銀座のすずらん通りにある店で買ってきました。

大きいですね。おいしそうですね。

その他,コメントありません。

| | コメント (0)

2008年9月10日 (水)

「ネクタイの幅」,そして 「ゴージ」

「ネクタイの幅は時代によって変化する。」などと言いますが,タイに合わせてスーツを買っている人は少ないでしょうから 「スーツのラペルの幅は時代によって変化する。」が 正しい表現と思います。

スーツをメインにおけば,その「ラペルの幅」に 「タイの幅」と 「シャツのカラーの長さ」を合わせるのが基本だからです。この三つの寸法が ほぼ合ってないと 「どこか変」で バランスの悪さを感じます。 全く意識してなくても バランスが悪くなければ 大体±1cm内にあるものです。

タイの幅のみを 独立して変化させてはいけません。

因みに ラペル(Lapel)とは 日本語では 「下襟」と言い,ゴージ(Gorge)で区切られる襟の下の部分です。 ゴージは日本語では 「襟刻み」と言い 襟の途中の縫い目部分の切れ込み線です。

ゴージより 上の部分は 「上襟」(Collar)です。よって スーツの襟を 全てラペルと言うのは間違いです。後ろ襟は Lapelではなく Collar です。

現代の上着は,もともとは Stand Collar(詰襟)だった上着の Collarを折り,更にCollarに続く 前身ごろの上の部分を 折り返して着たところから出来上がったものです。したがって もともとの Collar部分はそのまま Collarと呼び,身ごろだった部分を Lapel と呼ぶようです。 Gorge Line) は もとはCollarを付けている縫い目だったということです。

辞書を見ると-

lapel

the part of a garment that is turned back; specifically  the fold of the front of a coat that is usually a continuation of the collar

lapel” は一般的には 「衣類の折り返しの部分」となっています。

gorge

the line on the front of a coat or jacket formed by the crease of the lapel and collar

line そのもののことを言うようで ファッション・サイトで 「今年のゴージ・ラインは高め・・・」と書いてあるのはダブった表現になりますね。

| | コメント (0)

2008年9月 9日 (火)

ドアを開けて待つ

欧米では ドアを押して入るとき,振り返って 後から人が来ないことを確かめて手を離す,人が来ていたら押さえて待ち,後から来た人がドアを押さえることを確認して手を離す,これは 極めて当たり前のマナーで そうしない人を見つけることが難しいくらいです。後から来た人は“ありがとう。”と言い,押さえていた人は “ちっとも。”などの声を掛け合います。

決して 後から来る人を無視して手を離し,それが原因で怪我をさせたら訴えられるからそうしている訳ではないでしょう。

日本では これをする人が 半分いるか,と考えると疑問です。

ときには ドアを押さえて待っていると,ドアに手を触れず私の横を すり抜けて通る こそドロのような人もいます。私を ドア・ボーイと思っているわけではないでしょうに。

このマナーが行き渡らない理由は何でしょうか?

○日本にドアのある建物が出来て間がない? 明治時代からある。

○ドアのある家屋に住むようになって間がなく 親の教育が普及してない?そうかも知れない。

○学校の教室の出入り口が 引き戸なので 学校で教えられない? なるほど。

○「敵であれ,味方であれ,中立であれ,後から来る人のことには無頓着」の国民性?これかな?

| | コメント (0)

2008年9月 8日 (月)

アラン・ドロンの「ステテコ」

あえて “Traditional Fashion” のカテゴリーで『ステテコ』を語りましょうか。

現在,成人男子で『ステテコ』を穿いているのは アンケート結果など見たことがないので正確にはわかりませんが,1割に満たないのではないか,と推察します。私は 中学1年生から50年近く,季節に拘わらず1年を通して穿き続けています。但し,綿素材等のドライ・クリーニング不要,かつ肌触りが良いパンツ(ズボン)の場合,『ステテコ』を穿きません。

一応解説すると 『ステテコ』はパンツ(ズボン)の下に穿く 膝下までの下着で,素材は綿,昔は 「ブロード」が多かったのですが,最近は ほとんど「クレープ(縮)」が使われています。又,最近のデパートには 1年を通して置いていますが,昔は夏のみの季節商品でした。

ウールのパンツを穿くときの必需品です。ウールのパンツを穿くたびに クリーニングに出す人は まず いないでしょう。他方,直接,肌に触れ 汗を吸う衣類は そのたびに洗濯するのが原則だというのに異論も持つ人は少ないと思います。そうでありながら ウールのパンツだけ 例外という感覚が私にはわかりません。

『ステテコ』は極めて合理的な下着であって,『ステテコ』の「パンツ(ズボン)」との関係は,「ドレス・シャツ」の「上着」との関係に ほぼ等しいと考えます。

40数年前,NHKの伝説のバラエティ番組「夢で逢いましょう」に アラン・ドロンがゲスト出演したことがありました。浴衣を着ていたと思います。この番組の中で 「日本での買い物は?」の問いに対して 「『ステテコ』 20枚」と答えたように記憶しています。(すみません,枚数は適当です。)

おそらく “ダーバン” の下には 『ステテコ』を穿いていたでしょう。その選択は正しいと思います。

| | コメント (0)

2008年9月 7日 (日)

Img_1127網戸に油蝉が とまっていました。

秋は まだでしょうか?

| | コメント (0)

2008年9月 6日 (土)

バッハ全作品 CD 155枚 入手

Img_1113_4バッハのCDを買いました。Amazon でクラシック音楽CDを探していて見つけた全作品 BOX入り CD 155枚です。

バッハの作品は,20代半ばに「管弦楽組曲 第二番ロ短調」をよく聴いていて 何を血迷ったか このフルート・パートを吹きたくなり フルートを購入,ヤマハで週一回の個人レッスンを2年間受けたことがあります。昼休みに 会社の体育館の会議室で孤独な練習もしました。その甲斐あって・・・と書きたいところですが,教則本全三冊の2冊目途中で挫折し,モノになりませんでした。

それはそれとして 通勤の往復3時間に iPODでバッハを聴く,というのもいいだろうと購入を決めました。

PCに155枚を読み込ませるのはかなり大変な気がしますね。

構成は次のとおりです。

“BACH EDITION,COMPLETE WORKS”

(BRILLIANT CLASSICS LABEL)

VOLUME “ORCHESTRAL WORKS / CHAMBER MUSIC” (23枚)

VOLUME “KEYBOARD WORKS” (23枚)

VOLUME “CANTATS Ⅰ”(30枚)

VOLUME “CANTATS Ⅱ”(30枚)

VOLUME “VOCAL WORKS” (32枚)

VOLUME “ORGAN WORKS” (17枚)

これにプラスして Text(説明書)のpdf が入ったCDが1枚付いており,バッハ,演奏者,各曲の解説を読むことができます。

Img_1114_2Boxの蓋を開けると Volume 毎に 色分けされた紙のカバーに入ったCDが並んでいます。(プラスティック・ケースに入れると155枚+1枚は大変なヴォリュームになるでしょうね。)

Img_1124Img_1123_2   

 

1枚目(CD1-1)は “ブランデンブルグ協奏曲” です。

蓋の裏に CD No.と曲名が印刷されています。

さて,気になる お値段ですが,国内からの配送で 税込み \17,742,代金引換手数料 \260 をプラスして 計 \18,002 で 1枚あたり 約 \116 でした。

箱には “Brilliant Classics” とあるだけで 国名など何も書いてありません。インターネットで 探したところ ホーム・ページがあり,Head Office は オランダでした。

さて 録音の程度はー 1枚目を聴いていますー 問題ありません,音質に拘らない私ですが。

| | コメント (0)

2008年9月 5日 (金)

「ジープ道路」と呼ばれた道路

北九州市の生家近くに「ジープ道路」と呼ばれる道路がありました。

この道路は 私が大人になって知った情報を繋ぎ合わせると,第二次世界大戦後,進駐してきた米軍が独身将校宿舎用に接収(?)した邸宅(旧戸畑市の松本邸,現西日本工業倶楽部保有の国の重要文化財。辰野金吾博士が設計した 日本で最も早く概観,室内,家具の全てにアール・ヌーボー様式を取り入れたと言われる洋館。その内部を彼らはペンキで真っ白にしたという。)と占領軍本部(旧小倉市)の間,約3~4kmを結ぶ道路の一部で 我が物顔でジープが走っていたのでしょう。

宿舎として使われたのは 昭和26年(1951年)まで,私はその時 3歳なのでジープが走っているのを見た記憶はありません。

ジープが走らなくなって10年以上,「ジープ道路」と呼ばれていました。 50年以上経った今,そう呼ぶ人はいるのでしょうか?

因みに 学生時代に観た 1970年(昭和45年)公開のアメリカ映画,“M*A*S*H”(“Mobile Army Surgical Hospital” の略。)で ドナルド・サザーランドとエリオット・グールド演じる,腕は立つが権威主義と建前主義を徹底的にオチョクル朝鮮戦争従軍医師が 小倉の司令官(?)の息子の手術にかこつけてゴルフ・バッグを抱えて 朝鮮半島から小倉に来るという エピソードがありました。ゴルフ場を近くに作らせていたのかどうかは判りませんが,彼らなら 当然,軽くやったでしょう。

ジープの記憶はありませんが,この時代以降見たことがない双胴の飛行機がよく飛んでいるのを見た記憶があります。機種はわかりませんが朝鮮半島を往復する輸送機だったのでしょうか。まさか 「“双胴の悪魔”  ロッキードP38 ライトニング 戦闘機」ということはないでしょうね。

********************************************

参考サイト:西日本工業倶楽部 http://www.nkc.or.jp/

| | コメント (0)

2008年9月 4日 (木)

フィギュア・マニアではありませんが

Img_1057

2005年に 福井晴敏氏の「終戦のローレライ」が映画化された記念に限定発売された 「文庫本4冊+フィギュア」のBOX セットに入っていたフィギュア三体です。

この年,「終戦のローレライ」に続いて氏の「戦国自衛隊 1549」,「亡国のイージス」の計3作品が映画化されるということを聞いて,「これほどの人気作家ならば読んでおかねば」と思ったかどうかは覚えていませんが,とにかく本屋に行くと,たまたま このBOXがあったので つい買ってしましました。

Img_1061フィギュアは飾っています。

肝心の文庫本全4冊は 途中で ギブ・アップして,映画を観てしまいました。今は,BOXに入ったままになっています。

| | コメント (0)

2008年9月 3日 (水)

時代遅れの Ray-Ban?

Img_1103Ray-Banを愛用しています。最近のRay-Banのデザインを見ると私の持っているのは時代遅れのようです。

それでも 「メタル・フレーム」,「なす型レンズ」,「耳掛け式の蔓(つる)」,「額からの汗止め」の全Detailが揃った Typical Ray-Ban と思っています。

ふたつとも かなり くたびれています。上の Gold Frameは就職した1972年に 初任給の1/4で買いました。下のBlack Frameは 1990年頃に買って 現在使用中です。

眩しさに弱いので,夏の必需品です。

が,世間の常識にあまり囚われない私でも 通勤時のスーツにサングラスをすることは 残念ながら,自粛しています。日本では 「西部警察」か「仁義なき戦い」(これも時代遅れ?)に見られることを意識せざるを得ず,我慢しています。休日には掛けます。

Astro_dome米国では 何でもない普通の格好なので,出張時には遠慮せずにタイをしてサングラスをしていました。(ヒューストン,アストロドーム前にて,ブレザー+チノパン+タイにレイバンのサングラスをしています。)

| | コメント (0)

2008年9月 2日 (火)

単数と複数

日本語の表現では単数と複数の違いは曖昧ですが,英語においては厳密ですね。少なくとも そう思われていて,中学校,高校の英語の試験では単数と複数を間違えると減点でした。

下半身に付ける物で 英語を考えてみました。

靴下は “socks” で 日本語でもそのまま ソックスと言い,単数形で現れるケースを知りません。長靴下は “hoses”,男物では フクラハギまでを包む靴下で,日本では単数形でホーズといいますね。これの単数形 “hose” はタイツのことで 日本語のパンティー・ストッキングを米国では “pantyhose” ,繋がっていて一体だから単数なんでしょうか。

しかし, 2本の脚があっても 一体なのに パンティ・ストッキングと違って ズボンは “pants” と複数ですね。 “pantyhose” との違いは何でしょうか?

この埋め合わせかどうか知りませんが,パンティ・ストッキングを穿くことを “to put on a pair of pantyhose” と 脚が2本あることを主張したいような表現をするようです。それでいて ズボンを穿く表現も “to put a pair of pants” とくるので ズボンを2着穿く感じがして よくわからなくなります。

結局,「言葉なんてのは 理屈じゃないんだ。」となって,このくらいで考えるのを止めることにします。

| | コメント (0)

2008年9月 1日 (月)

東京駅からイタリア公園まで

日曜日に靴屋に行ったついでに東京駅から汐留のイタリア公園まで歩きました。

有楽町の ビックカメラで買い物をし,銀座に出て いつものとおり山野楽器に寄ってCDを3枚買いました。再デビューした 石川セリ の昔のベスト・アルバムを1枚,カヴァーの写真に魅かれました。

Quincy_jones_bestQuincy_jones_body_heatBest

Img_1078

銀座7丁目あたりから左に曲がると,いつからあるのか 見たこともない立派な公衆電話BOXがありました。自然石を貼っているように見えます。屋根の上に 何やらラジエターのような機械が載っています。内部は空調しているのでしょうか?公衆電話の数を減らして予算があまり,少数高級化を進めているのでしょうか?

Img_1100_2

汐留に着きました。中央のビルは 「共同通信社」と「パーク・ホテル」が入っている 汐留メディア・タワーです。その右のビルは 「資生堂」と「ロイヤル・パーク ホテル」が入っている 汐留タワーです。このあたりの高層ビルが 巨大な屏風となって海風を遮り,新橋,虎の門方面のヒート・アイランド現象を加速させている,という説があります。

この写真は 「ホテル ヴィラ・フォンテーヌ」が入っている 汐留住友ビルから撮っています。

Img_1082

2階のデッキ,高層マンションに向かう歩道てす。

Img_1085植木の根元に白い花が咲いていました。「日日草」のようです。花芯部分が 普通は赤いのが これは黄色です。

Img_1086_2高層マンションに挟まれたイタリア公園には百日紅(サルスベリ)が咲いていました。比較的 濃い赤で,「ゆりかもめ」の車窓から見て気になっていた色です。

このイタリア公園という名前が 「恥ずかしいなあ。」と思って 調べると,イタリアから日本に寄贈されたもののようで,それなら “Agree.” せざるを得ないですね。

Img_1092_2Img_1088白い 百日紅もありました。 

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »