« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の30件の記事

2008年10月31日 (金)

秋はコーデュロイの上下で

Img_1523

リタイア後のSmart Casual的スタイルを考えて 去年,ブルックス・ブラザーズで薄茶色のコーデュロイのスポーツ・コートを買おうと思いながら 売り場を見渡すと 同じ材質のパンツもあったので 合わせて買い ジャケット・スーツとしました。

タイプを Brooks Brothers 風に書くと-

Three Button Corduroy Sack Sport Coat & Plain Front Corduroy Pants” となりますか。

上着は ナチュラル・ショルダー,ウェスト・ダーツなし,三つボタン,センター・ベンツ,脇ポケットはパッチ&フラップ。

パンツはプリーツなし,裾は4cmの折り返しを付けています。

これからの季節には いい雰囲気ですね。

明日は 九州の高校の関東地区同期会なので,ブルーのボタン・ダウンのダンガリー・シャツに これを着て 品川の中華料理店に行きましょう。

| | コメント (0)

2008年10月30日 (木)

昭和35年前後は コニー・フランシス

Ab昭和35年(1960年)前後,もっともポピュラーなアメリカの歌手は コニー・フランシス(Connie Francis,1938~   )でした。私が小学校高学年から中学生の頃で, 意識せずに 彼女によく曲を聞いていました。

今年4月に「ポピュラー定番大全集」2008年リマスター盤 全48タイトルが ユニバーサル・ミュージックから発売され この中に “コニー・フランシス全集~ヴァケイション”(2枚組み)があって つい懐かしくなって買いました。

全44曲中 日本でヒットした(私が聞き覚えがある)曲を挙げてみると-

  • フーズ・ソーリー・ナウ(Who's Sorry Now?
  • 間抜けなキューピッド(Stupid Cupid
  • カラーに口紅 (Lipstick on Your Collar
  • ボーイハント(Where The Boys Are
  • ヴァケイション(Vacation )
  • 可愛いベイビー(Pretty Little Baby
  • 大人になりたい(Too Many Rules
  • 渚のデート(Follow The Boys
  • 泣かせないでね(Don't Break The Heart That Loves You
  • マイ・ハピネス(My Happiness
  • 思い出の冬休み(I'm Gonna Be Warm This Winter
  • お馬鹿さんの私(I Was Such A Fool

日本では 伊東ゆかり,弘田三枝子,青山ミチ,中尾ミエなどが日本語でカヴァーしていましたね。

コニー・フランシス自身も独特の魅力ある日本語で歌っていました。

いい時代でした。歳をとりました。

| | コメント (0)

2008年10月28日 (火)

ロシアのレストランでミリオン(!)ルーブルの請求が

13年前の冬,ロシアのサンクトペテルブルクに滞在してるとき 仕事場のイギリス人,アメリカ人,カナダ人,日本人(私)が連れ立って夕食に行くことがありました。普通は 英語のメニューで 値段もUS$で示され 支払いはCredit Card可能の外国人用レストランでしたが,ある夜,たまたま5,6人で行ったレストランはメニューがロシア語のものしかありませんでした。同行の テキサスから来たロシア系二世のアメリカ人がロシア語が出来るので 注文は彼にまかせました。

満足の食事の後,請求書がきました。

いつも支払いを担当している(全員,宿泊代・食事代込みの契約によるプロジェクトで仕事をしているので誰が払っても同じ,後から全員分を,契約している会社に請求すればよい。)一番若いカナダ人が 請求書をとって財布からCredit Cardを出しながら 金額を見て 言いました,“One Million Rouble!”。

店の者に Credit Cardを渡そうとすると “No,Rouble only.”

「これは困ったぞ。」という顔をして 全員 財布を取り出しました。私は 20万ルーブル紙幣1枚と10万ルーブル紙幣2枚を持っており,何とか 全員からかき集めて支払いを済ませることができました。

Rateがわかっているにしても  “Million” と聞くと 日本人の私でも ギョッとしたので 英,米,加の人たちは レストランで “Million” なんて聞くのは ショックだったでしょうね。

当時のRateは 1Rouble≒0.05円で,コートを預けるクロークには 5,000 Roubleのチップを渡していました。

| | コメント (0)

2008年10月27日 (月)

ロシアのレストランでロシアン・ティーを注文したら-

13年前の冬,出張で サンクトペテルブルクに3回出入りし,延べ5週間,滞在したことがあります。

ロシアの食べ物・飲み物に関して知っていることと言えば日本のロシア料理店に行った数少ない経験から せいぜい 「ボルシチ」,「ピロシキ」,「ロシアン・ティー」くらいでした。紅茶にジャムを入れる「ロシアン・ティー」は 日本のどのロシア料理店にもありました。

ロシアに着いた最初の夜,仕事場のスコットランド人マネージャーが遠路はるばる来た私をロシア料理店に連れて行ってくれました。バラライカの生演奏付きの立派なレストランでした。食事を終えて コーヒーか紅茶か,と聞かれ 「ロシアン・ティー」と言ってみました。怪訝な顔をして店の者が言うには そんなものはない,とのこと。 「そうか,名前が違うのか。」と思い,ジャムを入れて飲む紅茶の説明をしましたが 通じませんでした。

翌日,仕事場にいる 通訳(英-露)の若いロシア人女性にロシアン・ティーについて尋ねました,ロシア人は こういう飲み方をしないのかと。 彼女もやはり 「そんな飲み方はしない,中には ジャムを舐めながら 紅茶を飲む人はいるかも知れないけど。」と答えました。

あの「ロシアン・ティー」は日本だけのものなのでしょうか?

滞在中は 仕事場の各国の人間と毎晩,いろいろなレストランで食事を楽しみました。ある晩,かなり高級なレストランで食事をして最後に紅茶を飲もうということになり,注文しました。

まず,ゴージャスなカップ&ソーサーが運ばれてきました。ついで銀製と思われるポットがきました。 そして最後に ウェイターが,装飾が施された ちょっとした大きさの木箱を両手でうやうやしく抱えて現れました。 「葉巻を持ってきたぞ!」誰かが言いました。 「そうだ,葉巻だ。」 私も そう思いました。

ウェイターは 木箱をテーブルに置くと 厳かに 蓋を開けました。

中を見て 我々は 一瞬 沈黙し,それから互いに顔を見合わせました。中には 色分けされたティー・バッグが きれいに並べてあったのです。

ポットの中身は白湯だったのです。

| | コメント (0)

2008年10月26日 (日)

フェア・アイルのニット・ヴェストを何に合わせる?

Img_1508

そろそろ秋冬物の準備をする時期になりました。 

2,3年前に買った VAN Jacketのフェア・アイル(Fair Isle)ニット・ヴェストです。くるみボタンでカントリー風です。ツィードやコーデュロイのスポーツコートに合わせるつもりで買いました。

“Fair Isle” はそのまま訳せば フェア島で,スコットランドの北,シェトランド諸島とオークニー諸島の間にある小島ですが,一般に 島(Isle)を含めて この島発祥の 「毛糸の編み方(模様)」 もしくは 「それを用いた衣類」の名前になっています。

Wikipediaを見ると,エドワード3世が Prince of Walesの頃,そのTank Topを着たことからポピュラーになったとありました。

因みに,Nit Vest(Sleeveless Sweater)を英国では Tank Top,北米では Sweater Vest と呼ぶようです。

Wikipediaには Fair Isleに関する定義や Traditional Fair Isleとは-などについて詳細に書かれていますが,衣類やニットに関する専門英語が多すぎて読むのをやめました。したがって 厳密な定義はわかりません。

| | コメント (0)

2008年10月25日 (土)

これは何でしょう?(その3)

Img_1505商品名 “ストレッチャー” です。キャッチ・コピー 「簡単なストレッチで運動不足を解消!胸筋・背筋・腕などの筋力アップに!」

4,50年前は 中学生,高校生の男の子がいる家庭なら必ず(?)あった エキスパンダーの簡易版です。

女性,年寄りにはちょうどいい強さです。二の腕のたるみが気になるけど 腕立て伏せが出来ない女性は,まず,これで上腕三頭筋を鍛えましょう。

材質:ゴム・ポリスチレン樹脂,軽くて嵩張らず 旅行にも簡単に持って行けます。

100円ショップ (株)キャンドゥにて。

| | コメント (0)

2008年10月24日 (金)

酒に関する少しの考察

酒が飲めるというのは 酒のアセトアルデヒドを酢酸に分解する酵素ALDH2があることで,欧米人は ほとんど100% あると言われていますが,日本人の場合,満足するレベルで持っている人は 約50% と言われ,残りの50%はこの酵素がない,あるいは少ないと言われます。

ただ 残りの50%の中の 80%は訓練すれば飲めるようになり,20%は どんなに訓練しても飲めない体質らしいです。

整理すると,日本人の約5割は酒が飲めるタイプ,4割は訓練すると飲めるタイプ,1割はいくら訓練しても飲めないタイプということになります。

かくいう私は 最後の1割に含まれます。4割に入る可能性を信じて 20代に訓練しました。すなわち,行きつけのバーを決め,ジンをキープし週に数回 飲んでいました。ジンをキープした理由は ジン・トニック,ジン・ライム,ジン・バックなどロング・ドリンクのカクテルを味を変えてを楽しんで飲んで訓練できると考えたからです。数年の訓練の結果,飲めない体質という結論に達し,諦めました。

酒(アルコール飲料)は不思議なものです。

『嗜好(好き・嫌い/「うまい」と思うか思わないか)』と『体質』とは 別物と考えますが,酒の場合,両者は密接な関係があるように思えます。

「酒が飲める/飲めない」と「酒をうまいと思う/思わない」の組み合わせは次の通りです。

1.     酒が飲めて,うまいと思う。

2.     酒が飲めるけど,うまいと思わない。

3.     酒が飲めないけど,うまいと思う。

4.     酒が飲めず,うまいと思わない。

世の中を見渡すと ほとんどが 1 又は 423の人はめったにいないように思えます。特に 2の人を知りません。

おそらく うまいと思うのは 酒を飲める人の場合に飲んだ後の心地よさが嗜好の中にインプットされているためではないか,と想像します。その意味で純粋の嗜好とは言えないでしょう。

酒が飲めない人間にとって酒を飲むことは苦痛です。サラリーマンなので 若いときは無理して付き合っていましたが,金を払って飲むことは,故なく殴られて礼を言うようなもので,「金を払うから 酒を飲まないで済むようにしてくれ。」(これも故なく殴られそうになって 謝って 勘弁してもらうようなもので 理不尽ですが。) というのが本音でした。

歳をとって何の遠慮もしないようになり,楽になりました。

| | コメント (1)

2008年10月23日 (木)

秋は菊

Img_1502テーブルに菊の花がありました。

ワイフが知人からもらったそうです。

秋ですね。黄色がよろしいですね。

| | コメント (0)

2008年10月22日 (水)

生ラディッシュは何を付けて食べよう

Img_1497近くの 無人販売所からワイフが100円で買ってきたラディッシュです。

さて 何を付けて食べましょう。

娘は マヨネーズ,ワイフはバターをリコメンド。

| | コメント (0)

2008年10月21日 (火)

メダカ センサー,そして Bioassay の話

30年ほど前,広島県に住んでいる時,広島市等の水道水に使用するための太田川取水口付近で有害な薬物が検出されて騒がれたことがあります。このとき,水道局は 対策として取水した水をバイパスさせて水槽に流し,その中に金魚を入れて24時間体制で観察して 流れる水の異常有無をリアルタイムで監視しているとういう新聞記事を読んで感心した記憶があります。

貯水池のように停留している水の検査と違って 川から取水している場合,かつ特定できない毒物に対するリアルタイムの水質検査として うまい方法だと思いました。

現在は これが進歩して 水槽を2台のカメラでとらえ  ふたつの画像から魚の動きを3次元解析し,動きの異常をとらえて警報を出す無人の水質監視装置が開発されているようです。動きのパターン化とそれらの判定基準の設定がこのシステムの要ですね。

使用される魚は メーカーによって異なるようですが 「ヒメダカ」が多いようです。これには合理的な理由がいくつかあるようですが,ここでは省略します。

このような 生物によって 生物の応答を分析する方法を バイオアッセイ(“Bioassay”,bio=生物,assay=分析)というらしいです。

昔,炭鉱に持って入ったというカナリアも バイオアッセイになりますかね。

子供の頃住んでいた北九州の製鉄所の周りに ぎっしり植えられた夾竹桃の赤い花をよく見て印象的で,記憶に残っていました。ところが,新しくできた製鉄所を見学したとき,何か違うな,と思いました。夾竹桃ではなく 桜が植えられていたのです。案内のスタッフに尋ねたところ,「夾竹桃は強い植物で 少々の大気汚染が理由で枯れることはないが,桜は繊細で 空気の汚れで 生長が阻害される。この製鉄所が空気を汚染してないことをアピールするために桜を植えている。」という答えでした。昭和30年代から40年代にかけて,問題になった公害の対策を 強く進めて この直後から製鉄所の素人が見る風景も変わったということです。

この桜の木も バイオアッセイということになりますか。

| | コメント (0)

2008年10月20日 (月)

再び,スティーブ・マックィーンのブリット

10日前に スティーブ・マックィーン(Steve McQueen,1930-1980)の 「ブリット」(“Bullitt”,1968)のことを書いて,あまりにcool なので もう一度,そのスタイルを紹介したくなりました。

Steve_mcqueen_033_2この写真では スェーターが紺ではなく 黒に見えます。ひょっとすると 映画の中で着たのは 複数だったのかも知れません。

茶色のスポーツコートには 茶色のElbow Patchが付いています。材質はスェードでしょうか。

茶色スェードの(デミ)ブーツがいいですね。よく見えませんが,Clarksのデザート・ブーツのようなクレープ・ソールではないように思えます。

スポーツコートとブーツの茶色がマッチして いいですね。

関係ありませんが,40年前は 携帯電話のために 専用のBagが必要だったのです。

| | コメント (2)

2008年10月19日 (日)

秋はキンモクセイの香り

Img_1453 百日紅の季節が終わり,金木犀(キンモクセイ)が咲いていました。

秋を感じにくい時代ですが,秋が来ています。

| | コメント (0)

2008年10月18日 (土)

不思議な電話

金曜の夜,家人がいないとき 電話がありました。電話の半分は勧誘なので 私は出ないことにして 大体 「留守」にしているのですが,一人なので やむを得ず 受話器をとりました。

はい。

○○という不動産関係の会社からですが,こちらからの書類が届いていると思います。賃貸住宅にお住まいの方への連絡です。」 と,私の名前も確認せずにしゃべり始めました。

どちらにお掛けですか?」 当然,こう尋ねますね。ここで 名前を言われれば 「違います。」 と言って おしまいになります。が,-

0xx-xxx・・・」 と電話番号を 言い始めました。

電話番号じゃあなくて 誰と話をしたいのか言ってください。うちは同居人が多いので 話したい人間と替わりますから。」 電話番号なんか言われても困りますね。どこからか入手した名簿すら持たないで 適当な番号にかけているのでしょうね。

名前は 『個人情報保護法』で言えないんですよ。個人対個人じゃあなくて 企業対個人なので。」 この台詞は初めてですね。ちょっと 頭の中を覗いてみたくなりますね。もともと 理不尽な電話なので 理屈をとおして欲しいなどという高望みはしないのですが。

なるほど。それで,誰と話をしたいのか言わないで,相手が誰かも確認しないで,話ができるんですね。

というように 不思議なやり取りがありました。

その後,話に乗ってこない私に,諦めたのか,目的も言わないで電話は切れました。まあ,相手が誰かも知らないのに目的もないでしょうが。

不思議な人(会社?)がいますね。 このような幼稚な電話で 何かの商売(又は詐欺)が成り立っているということなんでしょうか。大丈夫でしょうか,日本は。

| | コメント (0)

2008年10月17日 (金)

あれは夢?白黒テレビでカラー映像を見る

テレビのカラー放送が開始されたのは 昭和35年(1960年)だそうです。と,言っても 限定の番組を 限定された地域に流していただけで一般的ではありませんでした。そもそも カラー受像機がどれほど世間にあったのか,極めて疑問です。我が家ではその2年前に やっと白黒受像機がやってきたくらいですから。

我が家にカラー受像機が来たのはいつなのか,全く記憶がありません。昭和39年(1964年)の東京オリンピックに間に合ったのかどうかもわかりません。

ところで 笑われそうで 人にほとんど話したことのない不思議な記憶があります。

白黒テレビで カラー映像を見る,という企画(番組?)があったのです。目の錯覚を利用したものなのかどうかわかりませんが,それは次のようなものでした。

  • 昭和36年(1961年),私が中学1年生,夜10時開始だった。
  • 三菱電機提供で 三菱のダイヤ・マークが画面に出た。それは 金曜夜8時から始まるプロレス中継のオープニングの画面と同じだった。
  • アナウンサーが(もしくは テロップで) 「今から カラー映像を送ります。色が鮮明でないときは コントラストを強くしてください。」と説明した。
  • 慌てて コントラストを強くした。
  • 確かに ダイヤのマークが 赤く見えた。

以上, あれは 何だったのでしょう?

| | コメント (0)

2008年10月16日 (木)

Coffee Ovation が咲いた

Img_1471

鉢植えのミニバラが一輪咲きました。

2000年にオランダで発表された“コーヒー オベーション”という種類です。

この春,千葉県習志野市の谷津バラ園で買ったときは 名前のとおり もっと コーヒー色の花をつけていました。

秋に咲く花は 朱色がかっているとのことです。

| | コメント (0)

2008年10月15日 (水)

これは何でしょう?(その2)

Img_1462スプレー缶に,回転ブラシ二つと固定ブラシが入ったプラスティック・ケースが付いています。

さて これは何でしょうか?見たことがない人が想像するのは難しいでしょう。

スプレー缶には 何やらアルファベットが書いていますね。何と イタリア製です。

答え:自転車チェーンのクリーナーです。

使用方法:

  1. チェーンを挟んでケースを閉じる。(レバーがある。)
  2. スプレーから赤いチューブを通じてクリーニング/潤滑液をケース内に噴出させる。
  3. 噴出させながら 自転車のペダルを回して チェーンをケースの中を走らせる。

-と,簡単にチェーンのクリーニングができます。

本当は 全部 分解して掃除すればいいのでしょうが,これが簡単なので買ってみました。

| | コメント (0)

2008年10月14日 (火)

体育の日,東京駅から小石川植物園まで

Img_1475_2

東京駅北側,永代通りを14時15分に歩き始めました。目指すは 文京区小石川植物園です。

永代通りから東京駅を見ると いつのまにか高層ビルが立ち並んでいます。かつての風景を思い出せなくなりました。

そのまま真っ直ぐ皇居まで進み,お堀沿いに北に向かって歩き,九段会館の横を通り,靖国通りに出ました。これを東に少し歩き専修大前で左に曲がり,水道橋に向かいました。

Img_1479水道橋駅を過ぎて 後楽橋から見た神田川です。

Img_1480_2Img_1481

東京ドームシティに到着。JRAがあるんですね,全国各地の競馬開催日のようで 賑わっています。

東京ドームを左に見ながら北に進み,春日通りに出て西進し,途中から千川通りに入ると 小石川です。

Img_1483

歩道に置いてある水槽に布袋葵(ホテイアオイ)が花を付けていました。実家にもありましたが花が咲いたのを見るのは初めてです。この花は1日で咲き終わるとのこと,幸運でした。

Img_1494ハイビスカスです。きれいなオレンジ色でした。

Img_1488

小石川植物園の南西の角に到達しました。

Img_1486正式名称です。東京大学の施設です。

到着したのが 16時35分。閉園時刻が16時30分でした。

その後,飯田橋駅まで歩いて帰路につきました。17時15分着,途中 水道橋付近で‘餃子の王将’に寄って 「揚げそば」(長崎で言う 「皿うどん」)と「餃子」を食べたので 約2時間半の散歩でした。

 

| | コメント (0)

2008年10月13日 (月)

ダイアン・ベーカーの昔から今

「羊たちの沈黙」(“The Silence of the Lambs”,1990)の マーティン上院議員,「インターネット」(“The Net”,1995)の ベネット夫人,「戦火の勇気」(“Courage Under Fire”,1996)の メグ・ライアン演じる大尉の母親(だったと思う。)など 1990年代に出演した映画で ダイアン・ベーカー(Diane Baker,1938~  )は年齢相応に しっかりした役を演じていました。

Photo

デビューしたのは「アンネの日記」(“The Diary of Anne Frank”,1959)で 主役 ‘明眸’ ミリー・パーキンス(Millie Perkins,1938~  )の姉役でした。

*脱線: 1960年代映画雑誌の ミリー・パーキンスの記事には ,‘明眸’の形容詞が必ず付いていたような気がします。 彼女はキラキラ輝く瞳をしていたことは確かですが,‘明眸’が付くのは何故か ミリー・パーキンスだけでした。それだけ群を抜いた美人女優でした。ところで 最近は ‘明眸皓歯’なんて言葉を見ることは滅多にありませんね。趣があって どんな美人なんだろうと 想像したくなる言葉なんですが,今や 「それ何ですか?」って言葉になっているのでしょうね。(脱線からもどる。)

同じく 1959年に 「地底探検」(“Journey to the Center of the Earth”)で パット・ブーンの婚約者の役で出演しました。ちょうど その頃,ジュール・ヴェルヌの原作を読み終わって興奮していた時で 「これは観ないといけない。」と 初めて一人で映画館に行って観た映画だと思います。小学生でした。原作と違う脚色に 少し落胆しながらも洋画を楽しみました。ダイアン・ベーカーは イギリス人の初々しいお嬢さん役でした。「地底探検」は 間もなく 3D リ・メイク版が公開されます。「アイアン・マン」を観たら予告編をやっていましたが,ほとんど遊園地のアトラクション風に作られているようで ジュール・ヴェルヌが観たら驚くでしょうね。

Img_1459*脱線: 「地底探検」と言えば-

イギリスのロック・グループ「イエス」のキーボード奏者の鬼才 Rick Wakemanが ロンドン交響楽団と組んだ ロック・ドラマ「地底探検」のライヴLPレコード(1974)がありました。この中の歌詞は ジュール・ヴェルヌの原作にかなり忠実と思えます。(脱線からもどる。)

中学生になって ペルシャ戦争の ‘テルモピレーの戦い’(高校の「世界史」に出てきますね。)を描いた「スパルタ総攻撃」(“The 300 Spartans”,1961)で 聡明で健気な 若い兵士の恋人‘エラス’役で出演しているのを観ました。この映画も 去年(2007年)  劇画風に リ・メイクされましたね。

高校生になると 続けざまにサスペンス映画で彼女を観ました。

ポール・ニューマンの「逆転」(“The Prize”,1963),ショーン・コネリーの「マーニー」(“Marnie”,1964),グレゴリー・ペックの「蜃気楼」(“Mirage”,1965)で 大人の女性を演じていました。

1970~80年代は 映画でほとんど観た記憶がありません。この時代は テレビに多く出演し,プロデューサーとしても活躍していたようです。

そして 1990年代の映画での活躍になります。

現在は- Wikipediaによれば 2004年から サンフランシスコにある Academy of Art Universityの ‘School of Motion Pictures and Television’で Director of Acting を務めているとのことです。

派手さはありませんが,知的で 歳相応の成長を重ね,容貌を保ちながら その時々で いい仕事をしている女優です。

| | コメント (0)

2008年10月12日 (日)

緑のトマト

Img_1407

近所の畑から,夜陰に乗じて収穫前の・・・というのでは決してなく ワイフがどこからか買って来たようです。

これで何をするつもりでしょうか?

キャシー・ベイツ,ジェシカ・タンディなどが出演した映画 「フライド・グリーン・トマト」(“Fried Green Tomatoes”,1991)に倣って フライにするのでしょうか?

| | コメント (0)

2008年10月11日 (土)

ヘリンボーンのスポーツコート

Img_1424リタイア後に長く着るため ツィードのスポーツ・コートを VAN Jacket のKENT Modelで パターン・メイドしました。 ハリス・ツィード,グレイのヘリンボーンです。

ベージュのチノや茶系のコーデュロイのパンツを合わせてカジュアルに,チャコール・グレイ ウールのパンツを合わせて スマート・カジュアルに着ましょう。

7,8年ほど前に ブルックス・ブラザーズでヘリンボーンのスポーツ・コートを買いましたが,アルパカが入っており シャキシャキ感がなく 柔らかく 上品過ぎて チノパンが合わせ難く 面白味がないなあ,と思っていました。

チクチクするような肌触りで 野性味のあるツィードが欲しくて今回の購入となりました。                                              Img_1439_2

拡大写真です。

焦げ茶色の くるみボタンを付けました。

白いヒゲのような繊維が出ています。これが 「ケンピ」,「ケンプ」とか「死に毛」といって チクチク感の正体のようで 本格的ツィードの特徴でしょう。

英語ではどう説明しているのか 調べました。

スペリングが判らないので 考えられ得る全てのスペリングを試みました。

Oxford と Cambridge の On-Line Dictionaryでは出てこなかったので あまり一般的な言葉ではないようです。

‘Dictionary.Com’には “Kemp”の説明として “a short, coarse, brittle fiber, used chiefly in the manufacture of carpets” とありました。Carpet ですか。

‘Wikipedia’ には “Kemp is generally a chalky-white, brittle, weak fibre which may be mixed with normal fibers in a sheep's wool fleece. Kemp fibres are often detached from the skin. This hair is not desirable in a fleece, as it does not accept dye, minimising both the quality and the value of the wool. It is easily seen, as it does not look like normal wool fibres.” と詳しく説明しています。

「短く」,「粗く」,「脆く」,「染まらない」 繊維なので  ウールとして歓迎されてないようですね。

.

| | コメント (0)

2008年10月10日 (金)

ブラス・ケースの方位磁石

Img_1418_2ブラスのコンパスです。

この秋冬のVAN Jacketのノベルティです。洒落ています。ドイツ製です。

散歩の時の必携品としましょう。

これで 東京で道に迷わなくなるでしょうか。

Img_1421

| | コメント (0)

2008年10月 9日 (木)

映画のスティーブ・マックィーンを真似て

大学に入るまで ほとんど学生服しか着てなかった者が 突然,何を着てもいい(経済が許す範囲で)ことになって 何をどう着ればいいのか戸惑いました。40年前のことです。

結局,手本にしたのは 映画の中の男たちでした。

中でも スティーブ・マックィーン(Steve McQueen,1930-1980)は参考になりました。

初めは 「大脱走」(“The Great Escape”,1963) Virgil Hiltsの五分袖のスウェット・シャツにコットン・パンツ。これを真似て トレーナーの袖を中途半端な長さに切って着ていました。

そして 「ブリット」(“Bullit”,1968)での 刑事Frank Bullitのスーツとスポーツ・コート姿。

Steve_mcqueen_002特に 茶系ツィード・ヘリンボーンのスポーツ・コート,紺色のトックリ・セーター,チャコール・グレイと思えるプリーツ無しのパンツ,茶色スェードのデザート・ブーツ風の靴というスタイルはクールでした。

このスポーツ・コートは後年,ビデオで何度も見て判ったのですが-「三つボタン 中ひとつ掛け」の所謂,段返りと言われるもので,センター・ベンツとくるのが自然ですが,これが何故か サイド・ベンツでした。

今もって 40年前のこのようなスタイルから抜け出せずにいます。

| | コメント (0)

2008年10月 8日 (水)

セシル・カットは今,いずこ。

Jean_seberga

昭和30年代前半,セシル・カットと呼ばれるショート・カットのヘア・スタイルがありました。私は 名前は知っていますが まだ小学生だったので 興味がなく,それが流行ったのかどうか覚えていません。

セシル・カットは サガンの小説「悲しみよ こんにちは」(“Bonjour tristesse”)が映画化されたとき(昭和32年,1957年)に主役のセシルを演じた ジーン・セバーグ(Jean Seberg,1938-1979)の髪型から そう呼ばれました。もし,流行に乗って セシル・カットにした女性がいたとしても 今や もう70歳でしょうね。

ジーン・セバーグは 同年(1957年),オットー・プレミンジャー監督の「聖女ジャンヌ・ダーク」(“Saint Joan”)でデビューしました。1959年には ゴダールの初作品「勝手にしやがれ」(“À bout de souffle ”)で ジャン・ポール・ベルモントと共演しました。

いずれも 小学生だったので 映画館では観ていません。

初めて 映画館で観たのは おそらく高校生になってから  「その日その時」(“Moment to Moment”,1965)だったと思いますが ストーリーなど全く記憶がありません。ただ そのときはショートカットではなかった気がします。

その後も大学生にかけて 何本かの映画を観ましたが 今となっては 好きな女優だったというだけで 作品の記憶はほとんどありません。

ただ 彼女の影響なのか 今もって 女性の髪は 短かければ短いほどよいと思っています。

ジーン・セバーグは 昭和54年(1979年),パリ郊外で遺体となっで車の中で発見されました。享年40歳,自殺と言われています。

| | コメント (0)

2008年10月 7日 (火)

See's のチョコレート(その2)

Img_1302See's のチョコレート・バーです。

ポイントが貯まったようで ワイフが2本もらって帰っていました。

シンプルな包装で ほどよくビターです。

減量中なので ‘ひとかけら’のみ食しました。

| | コメント (0)

2008年10月 6日 (月)

TASCOの単眼鏡

Img_1399

TASCOのMONOCULAR 516Sです。

  • 倍率 : 8倍
  • 対物有効径 : 20mm
  • 手の中に入る大きさと 洒落た形に惹かれ,何に使おうという明確な目的もなく 「あったら便利だろうな。」という軽い気持ちと 悪い癖で入手しました。

    散歩に携帯しています。

    | | コメント (0)

    2008年10月 5日 (日)

    栗の渋皮煮

    Img_1337ワイフが,実家から送られてきたという栗を友人から戴き 渋皮煮を作りました。

    いよいよ 秋ですね。

    | | コメント (0)

    2008年10月 4日 (土)

    田町から芝浦,レインボーブリッジを渡り 台場,有明を経由して豊洲まで

    秋晴れの土曜日,JR田町駅を南南東に芝浦に向かって歩き始めました。(写真はクリックで拡大します。)

    Img_1341

    Img_1342

    芝浦アイランドに入るあたりにコスモスが咲いていました。

    Img_1344Img_1345

    芝浦アイランドを通り抜け,レインボーブリッジの“芝浦アンカレイジ”(簡単に言えば 吊橋の主索を留める台=ANCHORAGE)に到着,南側のエレベーターで道路レベルに上りました。

    Img_1375歩道は 下段の “ゆりかもめ”と片側2車線の両側にあり,幅2m弱です。車の走行音を我慢すれば橋からの景色が楽しめます。どちらの歩道を通るかを決め,エレベーターを選択します。

    まずは 6番台場が見えます。ここは立ち入り禁止です。

    Img_1360_3Img_1350

       

    Img_1365

    Img_1373

    3番台場は陸続きです。昔の入り口(船着場)そばに 石碑があり 「史蹟 品川臺場 参番」と彫っています。品川とは知りませんでした。周りの石垣は昔のままでコンクリートなど使っていないにも拘わらず健全な状態を保っています。江戸時代を通じて築城が継続されていたとは思えませんが,石組み技術は 江戸時代末期まで確実に継承され,優秀な技術者と職人が存在していたのでしょうか?それとも復元?詳細は知りません。

    Img_1379

    台場側のANCHORAGEは海の中にあるので ,そのまま車道の横に歩道が続き 台場まで歩きます。歩道の全長:1,700mでした。

    台場に着いて 真っ直ぐ歩くと “ゆりかもめ”の海浜公園前に出ます。ここを左折し,有明に向かいました。

    Img_1381                                    Img_1383

    有明テニスの森に着きました。ちょうど AIG OPEN開催中でした。

    Img_1390

    晴海通りを左折し,北北西に向かいます。

    「木遣りの橋」を渡り,右折し 北東に進んで 豊洲に着きました。

    田町発:12時15分,豊洲着:15時45分。3時間半の散歩でした。

    Img_1395

    豊洲ララポートに初めて来たので 1時間ほど見物して帰路に着きました。 

    | | コメント (0)

    2008年10月 3日 (金)

    無花果のクラフティ

    Img_1334無花果の季節も終わりに近づきました。

    ワイフが “無花果のクラフティ” を作りました。

    Img_1335

    表面は 杏のジャムで艶を出しています。

    明日 土曜の朝食で戴きましょう。

    | | コメント (0)

    2008年10月 2日 (木)

    初めて見た足場

    近くで 住宅を建てています。

    Img_0899_2

    まず,完成状態の屋根形状に合わせたパイプの足場が組まれました。

    初めて見ました。最近は こういうモノがあるんですね。しかし,残念ながら この足場を使って屋根を作っている現場は見逃しました。どういう使い方をするのでしょうか?

    | | コメント (0)

    2008年10月 1日 (水)

    お国のアクセントが消えにくい言葉

    東京の会社では 出身がどこかなど気にすることはなく,東京出身の人,大学から東京の人,就職して東京に来た人などさまざまな人が,皆 それなりに標準語(ふうの言葉)を話しています。

    私自身 西から来た人間なので 標準語ふうに喋っていますが,アクセントの違いを自覚することがあります。

    意識しないで遣うと間違うもっとも多いのは ミドリ(緑)で ●○○ を○●○ と “ド” にアクセントを付けることがあります。

    PowerPoint のグラフを使って説明しているとき 「このグラフの ミドリ(○●○)の部分は・・・」と言う人がいると「出身は 西だな。」と密かに思います。

    先日 そう言った 若い人は 滋賀県出身でした。

    | | コメント (1)

    « 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »