« あれは夢?白黒テレビでカラー映像を見る | トップページ | 秋はキンモクセイの香り »

2008年10月18日 (土)

不思議な電話

金曜の夜,家人がいないとき 電話がありました。電話の半分は勧誘なので 私は出ないことにして 大体 「留守」にしているのですが,一人なので やむを得ず 受話器をとりました。

はい。

○○という不動産関係の会社からですが,こちらからの書類が届いていると思います。賃貸住宅にお住まいの方への連絡です。」 と,私の名前も確認せずにしゃべり始めました。

どちらにお掛けですか?」 当然,こう尋ねますね。ここで 名前を言われれば 「違います。」 と言って おしまいになります。が,-

0xx-xxx・・・」 と電話番号を 言い始めました。

電話番号じゃあなくて 誰と話をしたいのか言ってください。うちは同居人が多いので 話したい人間と替わりますから。」 電話番号なんか言われても困りますね。どこからか入手した名簿すら持たないで 適当な番号にかけているのでしょうね。

名前は 『個人情報保護法』で言えないんですよ。個人対個人じゃあなくて 企業対個人なので。」 この台詞は初めてですね。ちょっと 頭の中を覗いてみたくなりますね。もともと 理不尽な電話なので 理屈をとおして欲しいなどという高望みはしないのですが。

なるほど。それで,誰と話をしたいのか言わないで,相手が誰かも確認しないで,話ができるんですね。

というように 不思議なやり取りがありました。

その後,話に乗ってこない私に,諦めたのか,目的も言わないで電話は切れました。まあ,相手が誰かも知らないのに目的もないでしょうが。

不思議な人(会社?)がいますね。 このような幼稚な電話で 何かの商売(又は詐欺)が成り立っているということなんでしょうか。大丈夫でしょうか,日本は。

|

« あれは夢?白黒テレビでカラー映像を見る | トップページ | 秋はキンモクセイの香り »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あれは夢?白黒テレビでカラー映像を見る | トップページ | 秋はキンモクセイの香り »