« 秋はキンモクセイの香り | トップページ | メダカ センサー,そして Bioassay の話 »

2008年10月20日 (月)

再び,スティーブ・マックィーンのブリット

10日前に スティーブ・マックィーン(Steve McQueen,1930-1980)の 「ブリット」(“Bullitt”,1968)のことを書いて,あまりにcool なので もう一度,そのスタイルを紹介したくなりました。

Steve_mcqueen_033_2この写真では スェーターが紺ではなく 黒に見えます。ひょっとすると 映画の中で着たのは 複数だったのかも知れません。

茶色のスポーツコートには 茶色のElbow Patchが付いています。材質はスェードでしょうか。

茶色スェードの(デミ)ブーツがいいですね。よく見えませんが,Clarksのデザート・ブーツのようなクレープ・ソールではないように思えます。

スポーツコートとブーツの茶色がマッチして いいですね。

関係ありませんが,40年前は 携帯電話のために 専用のBagが必要だったのです。

|

« 秋はキンモクセイの香り | トップページ | メダカ センサー,そして Bioassay の話 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

エルボウ・パッチの本来の実用的目的は 補強ですが,どちらかと言えば 装飾的な意味合いが濃いものでしょう。Casualな雰囲気を出すのに使われますね。ツィードやコードュロイの上着に合います。

投稿: pink-sloth | 2008年10月21日 (火) 05時05分

何か違和感を感じたのは、携帯電話だったんだ。

エルボウパッチの利点は何なのでしょう?何かゆかりのようなものがあるのでしょうか?

投稿: yoko | 2008年10月21日 (火) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋はキンモクセイの香り | トップページ | メダカ センサー,そして Bioassay の話 »