« セシル・カットは今,いずこ。 | トップページ | ブラス・ケースの方位磁石 »

2008年10月 9日 (木)

映画のスティーブ・マックィーンを真似て

大学に入るまで ほとんど学生服しか着てなかった者が 突然,何を着てもいい(経済が許す範囲で)ことになって 何をどう着ればいいのか戸惑いました。40年前のことです。

結局,手本にしたのは 映画の中の男たちでした。

中でも スティーブ・マックィーン(Steve McQueen,1930-1980)は参考になりました。

初めは 「大脱走」(“The Great Escape”,1963) Virgil Hiltsの五分袖のスウェット・シャツにコットン・パンツ。これを真似て トレーナーの袖を中途半端な長さに切って着ていました。

そして 「ブリット」(“Bullit”,1968)での 刑事Frank Bullitのスーツとスポーツ・コート姿。

Steve_mcqueen_002特に 茶系ツィード・ヘリンボーンのスポーツ・コート,紺色のトックリ・セーター,チャコール・グレイと思えるプリーツ無しのパンツ,茶色スェードのデザート・ブーツ風の靴というスタイルはクールでした。

このスポーツ・コートは後年,ビデオで何度も見て判ったのですが-「三つボタン 中ひとつ掛け」の所謂,段返りと言われるもので,センター・ベンツとくるのが自然ですが,これが何故か サイド・ベンツでした。

今もって 40年前のこのようなスタイルから抜け出せずにいます。

|

« セシル・カットは今,いずこ。 | トップページ | ブラス・ケースの方位磁石 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セシル・カットは今,いずこ。 | トップページ | ブラス・ケースの方位磁石 »