« Coffee Ovation が咲いた | トップページ | 不思議な電話 »

2008年10月17日 (金)

あれは夢?白黒テレビでカラー映像を見る

テレビのカラー放送が開始されたのは 昭和35年(1960年)だそうです。と,言っても 限定の番組を 限定された地域に流していただけで一般的ではありませんでした。そもそも カラー受像機がどれほど世間にあったのか,極めて疑問です。我が家ではその2年前に やっと白黒受像機がやってきたくらいですから。

我が家にカラー受像機が来たのはいつなのか,全く記憶がありません。昭和39年(1964年)の東京オリンピックに間に合ったのかどうかもわかりません。

ところで 笑われそうで 人にほとんど話したことのない不思議な記憶があります。

白黒テレビで カラー映像を見る,という企画(番組?)があったのです。目の錯覚を利用したものなのかどうかわかりませんが,それは次のようなものでした。

  • 昭和36年(1961年),私が中学1年生,夜10時開始だった。
  • 三菱電機提供で 三菱のダイヤ・マークが画面に出た。それは 金曜夜8時から始まるプロレス中継のオープニングの画面と同じだった。
  • アナウンサーが(もしくは テロップで) 「今から カラー映像を送ります。色が鮮明でないときは コントラストを強くしてください。」と説明した。
  • 慌てて コントラストを強くした。
  • 確かに ダイヤのマークが 赤く見えた。

以上, あれは 何だったのでしょう?

|

« Coffee Ovation が咲いた | トップページ | 不思議な電話 »

昭和時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Coffee Ovation が咲いた | トップページ | 不思議な電話 »