« 師走の土曜日,神宮外苑-骨董通り-六本木ヒルズ-汐留(その2) | トップページ | 冬は富士の山を望む »

2008年12月 8日 (月)

BradyのShoulder Bag,Norfolk

Img_1952円高・ポンド安に乗じて 英国の鞄販売会社から ネットで Brady社のBagを購入しました。先月の “Monmouth” に続き 同じサイトから二つ目, “Norfolk” という防水キャンバス素材の小型ショルダー・バッグで散歩用として使うつもりです。

Img_1961

ネット・カタログでは  “The diminutive version of the classic Brady fishing bag.” と書いています。つまり,フィッシング・バッグの小型バージョンということですね。サイズは「H22cm×D11cm×W26cm」です。コンパートメントは メインとサブの計 三つです。

Img_1956

ショルダー・ストラップはアジャスタブルです。

背面にポケットがあります。

Img_1957

ブラスのリングと留め革部分です。使い道の思いつかない頑丈なブラス・リングがいいですね。金属部は全て ソリッド・ブラスです。

革であるべき部分は革でビニールなどは使っていません。

Img_1967

今回の“Norfolk”を 先月買った“Monmouth”と並べてみました。

何故か 今回 購入した これら2種類のBradyは 日本では ほとんど見かけません(売られていません。),輸入代理店の購入方針なのでしょうか。既に入手した私としては それで構いませんが。

Img_0047

散歩時に収納する予定の品々です。

(上から時計回りに)

「ガイドブック(地図付き):『大人の街歩き 東京』 by 成美堂出版」,「折り畳み傘:trecking用 by mont・bell」,「サングラス by Ray-Ban」,「財布 by Hartmann」,「老眼鏡Case by Ralph Lauren」,「単眼鏡 by Tasco」,「携帯電話:premini by Sony-Ericsson」,「カメラ:IXY10 by Canon 」,「ブラス・ケース方位磁石 made in Germany,VAN Jacketのノベルティ 」,「ミニ・マグライト」,「ライター :ブラス小型Zippo」,「ブラス携帯灰皿 by traveland」,「煙草」-このくらいでしょうか。メモ帳とペンが加わることもあるでしょう。

12月1日(月)に発注して 12月7日(日)に届きました。先月は約2週間かかりましたが,今回は1週間しかかかりませんでした。経路(Royal Mail → 日本郵便)は同じです。年末なのに 税関でもたつくことなく一気に運ばれたようですね。

先月 “Monmouth”を購入した時のレートは \147.73/£でしたが,今回は \140.48/£ (クレジット・カード会社サイトの請求レートで確認)でポンド安が進んでメリットが出ています。

その結果,製品価格 \12,087(£86.04)に 送料 \1,660(£11.82)を加えて 合計 \13,747(£97.86) でした。

このBagは 日本国内では 楽天で1件  定価 \37,800 (約\30,000に discount)とあるのを見つけましたが 品切れのようで 日本で購入するのは難しそうです。

|

« 師走の土曜日,神宮外苑-骨董通り-六本木ヒルズ-汐留(その2) | トップページ | 冬は富士の山を望む »

鞄(Hartmann Luggage,その他)」カテゴリの記事

コメント

pink-sloth様
早速のご返答、ありがとうございます。
私が注文したのは「Red Rae Saddlery」と「Pointer Products」です。「Cox the Saddler」や他のサイトでは売り切れか商品の表示自体がなかったため、上記サイトで発注してみたのですが、やはり品切れでした。この中では、「Cox the Saddler」が一番良心的な価格・サイトのつくりですね。
お店と何度かメールのやり取りをして、「このモデルはもう製造中止discontinuedなのか」と尋ねたところ、「The item has not been discontinued」だがBradyにもストックがなく、現在在庫が確保できる目処はないとのことでした。また、日本の小売店で多少話を伺ったところ、「この時代イギリスでもそれほど数が売れる商品でもないので、ある程度まとまった量でオーダーしないと、(現行モデルでも)製造ラインを動かしてくれない」とのこと。(これを勝手に裏読みをして)旧モデルでもニーズがあれば再発売の可能性がゼロではない(かもしれない)と思い、気長に待つことにいたしました・・・。
大きさは重要ですね。Ariel Trout Smallもそうですが(お店で試しました)、構造上詰め込めば入りそうなので、もともとのサイズが小ぶりなほうが散歩用途にはちょうどよさそうです。また、Norfolkはバックポケットが便利そうですね。
長文失礼いたしました。他のコラムもいろいろと興味深く拝見しております。

投稿: FT | 2010年4月18日 (日) 03時03分

FTさんへ

使用して 最もいいのは大きさです。
「大は小を兼ねる。」と言いますが,ちょっとした外出に携行する量に応じた大きすぎず,小さすぎずのベスト・サイズです。思ったより たくさん収納できます,1泊旅行は難しいでしょうが。
欠点は,特に感じません。実物を見ることなしに購入しましたが,気に入っています。

私が購入した “Cox the Saddler” を見ると “Norfolk” は “No longer available” と示していますね。
“No longer” の解釈が 難しいところです。再発売の可能性が どの位あるかどうか・・・。

投稿: pink-sloth | 2010年4月16日 (金) 18時19分

はじめまして。
このところの円高・ポンド安の流れに乗り、私もイギリスのネットショップからこのbag(Brady Norfolk)を購入しようと試みたのですが、残念ながら2店舗注文していずれも品切れでした(製造打ち切りではないようですが、現在Bradyのサイトには非掲載)。
海外のネットショップは「売り切れ」表示をしないところもあり、いったんは注文を受け付ける(カードからも引き落とされる!)など、文化の違いを感じました。
それはさておき、現在、Bradyの別のBag(少し大きめのAriel Trout Small)を買うか、それともこのBagの再発売を気長に待つか思案中なのですが、実際の使用感はどうでしょうか。長所・短所などありましたらご教示いただけますと幸いです。
なお、私の用途はサイト主さまと同様の散歩のおともとして考えております。
恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

投稿: FT | 2010年4月16日 (金) 03時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 師走の土曜日,神宮外苑-骨董通り-六本木ヒルズ-汐留(その2) | トップページ | 冬は富士の山を望む »