« 冬は富士の山を望む | トップページ | 黒いキャラメル »

2008年12月10日 (水)

黒い鞄は StylishでCoolだけど・・・

最近 周りを見ると サラリーマンで 黒ではない鞄を持っている人が珍しい状態です。9割以上が黒い鞄のように思えます。黒い鞄は StylishでCoolですが これほど氾濫すると少々 食傷気味です。材質は革もあるようですが ナイロンが大多数です。ナイロンなら どんな色にするのも簡単なことと思いますが,何故か黒です。このような状態になったのは この10数年くらい(?),Tumiが日本でメジャーになってからでしょうか。他の国はどういう状態なのでしょうか。

何故,無批判に(別に黒い鞄を批判することもないでしょうが),多くの人と同じ色の鞄を持てるのか,私の性格からすると不思議です。

「靴とベルトの色に合わせている。」という意識を持った人ばかりとは思えません。

30年前は 茶色の革の鞄が普通だったように思います。これは革の本来の色なので極めて自然な状態でした。その頃,私は サムソナイトの黒いABS樹脂のアタッシュケースを持ち,出張用に使っていましたが 通勤用は 茶色の革のクラッチバッグでした。現在は Hartmannのコーヒー色バリスティック・ナイロンの鞄を専ら使っています。意地でも黒い鞄は持たないようにしています。

黒い鞄を持っている人が20%を切ったら 黒い鞄を持ってもいいかな,と思っていますが,その頃は リタイアして持つ必要がなくなっているでしょうね。

|

« 冬は富士の山を望む | トップページ | 黒いキャラメル »

鞄(Hartmann Luggage,その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬は富士の山を望む | トップページ | 黒いキャラメル »