« 鯨の話 | トップページ | コンテナ輸送トレーラーの車輪の数が増えた? »

2009年1月 6日 (火)

煙草の話

去年か一昨年,NHK-BS2で「猿の惑星」(“PLANET OF THE APES”,1968)を久しぶりに観ました。冒頭,自動操縦で地球に帰還するための人工冬眠に入る前,チャールトン・ヘストンが 音声記録を残しながら 宇宙船の中で何と『葉巻』を吸うのです。宇宙船で『葉巻』ですよ。他のクルーは既に冬眠に入っていたからでしょうか。

これには驚きました。40年前,映画館で観たときは何とも思わず,当たり前のように見ていたのでしょうね。(喫煙者には)いい時代でした。この時代,近郊電車内でも 煙草は吸い放題でした。

最近は 街を歩いていて煙草を吸いたくなっても 喫煙場所がわからず困ります。先日,丸の内を歩いていて 吸う場所がわからず,赤信号で止まっていた自転車に跨った おまわりさんに「この近くで どこか 煙草が吸える所はありませんか?」と尋ねましたが,「さあ,わかりません。」と冷たく言われてしまいました。

苦労しています。

|

« 鯨の話 | トップページ | コンテナ輸送トレーラーの車輪の数が増えた? »

昭和時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鯨の話 | トップページ | コンテナ輸送トレーラーの車輪の数が増えた? »