« 国立新美術館で『ルーヴル美術館展-美の宮殿の子供たち』を | トップページ | これが うわさの「三陸海宝漬」 »

2009年4月22日 (水)

しつこく Navy Blazer

Img_3402

20歳代から 還暦過ぎまで 40年近く,常に Navy Blazer を2着 持っていました。その間に 何回かの「“紺ブレ”ブーム」が来て,去っていきました。流行で着るものではないと思っています。

メーカー(ブランド)は “Kent” から始まり,“J.Press”, “New Yorker” などを経て “Brooks Brothers” に落ち着きました。

Navy Blazer ほど セミ・フォーマルを含むあらゆるシーンに対応でき,どのようなパンツにでも合わせられる上着はないと思っています。

Img_3405

春・夏用は “トロピカル・ウール”, 秋・冬用は “サージ” 又は “フランネル” (現在は “サージ”)の2枚のBlazerです。

型は 3つボタンの Sack Type で Detailを含め 40年近く ほぼ不変です。“J.Press”のみ フック・ベンツでした。

Img_3401

十数年前からは “Brooks Brothers” です。Label Tag(と 言うのでしょうか?) のデザインが違います。春・夏用が 新しいようです。デザイン傾向が変化している “Brooks Brothers” も “3-Buttons Sack Navy Blazer” は 外せないようです。

|

« 国立新美術館で『ルーヴル美術館展-美の宮殿の子供たち』を | トップページ | これが うわさの「三陸海宝漬」 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国立新美術館で『ルーヴル美術館展-美の宮殿の子供たち』を | トップページ | これが うわさの「三陸海宝漬」 »