« 和銅遺跡を訪ねて秩父へ,2日目は「芝桜の丘」 | トップページ | 新緑の候,「小石川植物園」に »

2009年5月 4日 (月)

あと少しのサラリーマン生活のために タイを 2本

くたびれたタイが多くなってきて あと数年はタイが必要だろうと,先月 ストライプと小紋の2本を買いました。

Aimg_3538

タイは ブランドやメーカーには拘らず選びます。そもそも タイのブランドを あまり知りません。結果的に 若い頃は 「菱屋」か “Kent”,ここ20年は “Brooks Brothers”ばかりでした。

いずれも Sack Type のスーツにアメリカ風に合わせるつもりで選びます。ストライプ,小紋,ペイズリーの 3種類から選ぶことになります。

今回 買ったタイが どこの製品か調べてみると,どちらもイタリア製でした。

Aimg_3541

Breuer ”(ブリューワー)は1892年創業のフランスのブランドのようです。 “Equipage ”(エキパージ)はイタリアのメーカーのようです。つまり,「イタリア製のフランスのブランドのタイ」ということでしょうか。両社の正確な関係はわかりません。

Aimg_3543

Calabrese ”(カラブレーズ)は 1924年創業のナポリのタイ・メーカーのようです。

完全なリタイアまで 大切に使いましょう。

|

« 和銅遺跡を訪ねて秩父へ,2日目は「芝桜の丘」 | トップページ | 新緑の候,「小石川植物園」に »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和銅遺跡を訪ねて秩父へ,2日目は「芝桜の丘」 | トップページ | 新緑の候,「小石川植物園」に »