« 松山,「伊丹十三記念館」にて(その2) | トップページ | 松山土産は「一六タルト」とー »

2009年5月18日 (月)

「伊丹十三記念館」からの お土産は

Aimg_3730「伊丹十三記念館」では 氏の作品に因んだグッズが販売されていました。それぞれが こだわりのデザインです。

袋です。“Shaved Fish” です。

Aimg_3721

Aimg_3750

Aimg_3743

Aimg_3753

Aimg_3725

「十三饅頭(“一六タルト”の一六本舗製)」,「マグネットと缶バッジ(“マルサの女 2” はDVD購入のサービス)」,「おなじみ “二日酔いの虫” Tシャツ(黒は長袖)」,「(新作)てぬぐい」,「DVD」です。

Aimg_3744

文庫本サイズ 469ページのガイドブックです。私にとってはこれが最大の「土産」でした。

ざっと見たところ2点,うれしい項目がありました。

三 イラストレーター」の章にある北九州市小倉北区 『金栄堂書店のブックカバー

1970年前後,北九州市に実家のある私は このブックカバーを手に入れるために この書店で本を買っていました。しかし,読み終わると 潔くカバーを廃棄していたため,手元に1枚も残っていません。(1枚保管していたつもりだったのですが紛失しています。) なつかしい絵です。

去年,帰省の折り,この書店があったと思われる場所を通りましたが 今は ファスト・フードの店になっていました。

四 俳優」の章にある『テレビドラマ「すばらしき罠」

タイトルもストーリーも 覚えておらず,NHKのドラマであること,伊丹十三さんが 彼らしい帽子とサファリ・ジャケット風の上着という格好で 何故か,何かから逃げ回る話でした。その格好を真似ようと それらしいモノを探し回りました。

長い間,タイトルとストーリーを知りたいと思っていましたが 知っている人は誰もいませんでした。これで 原作が分かりました。又,大学生で テレビを持たない生活をしていたのに どこで観たのか不思議に思っていましたが タイトルからNHKのサイトを検索して,1969年8月11日から15日にかけて5回連続で放映されたことがわかりました。大学2年の夏休みに実家で見たようです。NHKのサイトには 放映日のデータのみで 出演者と内容紹介欄は 「データなし」 でした。

|

« 松山,「伊丹十三記念館」にて(その2) | トップページ | 松山土産は「一六タルト」とー »

」カテゴリの記事

コメント

竹下様

情報 ありがとうございます。
今年の開館記念日も 訪館の予定なので ガイドブックを持参しましょう。

投稿: pink-sloth | 2010年5月 5日 (水) 12時04分

ことしの開館三周年記念に、ガイドブックをお持ちになれば、小倉金栄堂の復刻ブックカバーをかけていただけるかも

偶然、お見かけして、お知らせいたしました。

投稿: 竹下一幸 | 2010年5月 1日 (土) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松山,「伊丹十三記念館」にて(その2) | トップページ | 松山土産は「一六タルト」とー »