« 初夏の花々 | トップページ | Thym と Violet Sage の花 »

2009年6月16日 (火)

クールビズの憂鬱

今年も 6月1日から クールビズが始まりました。

クールビズの定義は明確には理解していませんが,明らかなのは 「ノータイ」であることです。

真夏になれば 半袖シャツ (当然,「ノータイ」) のみの クールビズ・スタイルで 何の抵抗もありませんし,むしろ大賛成ですが,クールビズのスタート時は どうも はっきりしません。

突然,ノータイのスーツ姿が出現します。“はぐれ刑事” です。さらに これで ベルトをしていなければ 逮捕されて取調べを受ける容疑者です。

ウールの,特にダーク・スーツに 「ノータイ」 のスタイルが分かりません。スーツを着ることができる気温なら タイをしていたらーと思うのです。「“スーツ” に “ノータイ”」 は 「“ノージャケット”に “タイ”」よりマシですが,それでも間が抜けています。職場で空調の運転をセーブするためなら 職場ではタイを外しておけばよいことです。

上着に 「ノータイ」 を 許容できるのは 「スポーツコート(替え上着)」 もしくは 「ブレザー」,せいぜい「コットン(or 麻)・スーツ」 を着たときだと 私は思っています。

|

« 初夏の花々 | トップページ | Thym と Violet Sage の花 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初夏の花々 | トップページ | Thym と Violet Sage の花 »