« “HARRY WALES” とは どなた? | トップページ | “Grapefruit Jelly” で夏を食す。 »

2009年6月24日 (水)

還暦過ぎて “LOAFER” を

学生時代(生徒時代も含め)から 一度もローファーを履いたことがありませんでした。

若い頃は 幼稚に思え,就職してからは 軽すぎると思って履きませんでした。

リタイア後のことを考え,毎日がオフになったら スェード靴ばかりでは面白くないので 「薄い茶色」(must),「柔らかい材質」(want),「ゴム底」(want) の条件で 大人向きのローファーを探しました。名の知られたローファー・メーカー  “BASS”, “COLEHAAN”, “ALDEN”, “DANNER”  などには 条件,特に薄い茶色の製品がなく 諦めかけていた2年ほど前に “Ralph Lauren ” で購入しました。

Polo_loafer「ゴム底」の条件は諦め,革底ですが 全面に ゴムの滑り止めが付いています。

何故か ブラジル製です。

季節に拘らずスェード靴を履いてきましたが,この夏は このローファーと紺色のチノパンでいきましょうか。

素足では履きません。

|

« “HARRY WALES” とは どなた? | トップページ | “Grapefruit Jelly” で夏を食す。 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “HARRY WALES” とは どなた? | トップページ | “Grapefruit Jelly” で夏を食す。 »