« 可憐な花 | トップページ | 2本の Teaspoon の素性調査 »

2009年7月 3日 (金)

Clarks の “Air Wallabee” が復活していた。

1997年から 2002年までの5年間,Clarks に “Air Wallabee”(エアワラビー)という靴がありました。私は 発売とほぼ同時に ヌバックの1足を購入しました。形は 「チロリアン・シューズ」風で トゥは 「コッペパン」(表現が団塊世代)のように丸くて あまりスマートとは言えません。しかし,爪先が自由で かつ名前のとおり 中敷の下には エア・クッションが仕込まれていて 歩きやすく,ソールは 「デザート・ブーツ」 や 「ワラビー」の 『クレープ・ラバー』ではなく 『ポリウレタン』で 磨り減っても滑ることはありません。

私にとっては ウールのスーツを除く全てのスタイルに合わせる All Purpose Shoes でした。

2002年に 冬のオーストリアに遊びに行くことになり,雪と氷と ウィーンでのコンサート鑑賞にも耐えられる通常のレザーの “Air Wallabee” を買おうと 渋谷の Clarks に行ったところ,既に製造中止とのこと。なんとか 日本中探してもらって 岡山で 1足発見されて購入しました。以来,2年前に 純正ソールの張替え終了前に修理を終え,雨の休日の外出に酷使を続けています。

今年 Clarks 春・夏の新作として 名前を変えて 復活していました。日本のみの発売のようで 英国の Clarksのサイトにはありません。その名は “Sultan Sun”(サルタンサン),naming の由来が分かりません。「絶対君主の太陽」?

Air_wallabee

Air Wallabee” です。まだ 履きます。

Sultan_sun

Sultan Sun” です。変更された箇所は 調べた限りでは- 「ソールが “EVA/ラバー”に。」,「クッションが 新たに開発された “Active Air” システムに。」の2箇所で 外観での違いは 写真では分かりません。

Desert Khan” の復活には 25年以上かかりましたが,“Air Wallabee” の復活は 7年でした。

|

« 可憐な花 | トップページ | 2本の Teaspoon の素性調査 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 可憐な花 | トップページ | 2本の Teaspoon の素性調査 »