« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の31件の記事

2009年8月31日 (月)

「絵でも飾りましょうか」

15年間住んだ社宅では 適当な飾るスペースもなく,しまい込んでいた絵を転勤で戻って来た自宅に運んできました。

Img_4546

アメリカの 画家 Don Hatfield の “Special Time” (シルクスクリーン)です。20数年前,あまりインパクトがなく,静かな雰囲気で,色がきれいで明るい 絵を探している時,ヤマハ家具からの招待状で行った展示会で購入しました。

自らの存在を主張しない,飽きがこない絵です。

| | コメント (1)

2009年8月30日 (日)

還暦過ぎ男の シンプル単身赴任 朝食

単身赴任で やっかいなことの第一は食事です。「その気になれば 何でもできる。」 と思っていても 日頃 やってないと なかなか面倒です。

Img_4540_3

土曜日の朝,起きてすぐ Drip Bag で淹れたコーヒーを飲んだ後,遅い朝食を摂りました。

野菜がないので トマトジュース。

ヨーグルトに ブルーベリー・ジャム。何故か この地で 「フロスト・シュガー」が まだ見つかりません。大きなスーパーにもありません。グレープフルーツは売っています。皆さん,何をかけて食べているのでしょう? 低温で溶けない砂糖で グレープフルーツは食べられないと思いますが。

目玉焼きには ミル付き容器に入った黒胡椒,便利なものを売っていますが,ギアがプラスティックのためか きれいには挽けません。

出勤日は? 簡単にシリアルに牛乳くらいになるでしょうね。

| | コメント (0)

2009年8月29日 (土)

還暦過ぎ男の シンプル単身赴任 ライフ

Single_life_b 2日前に 引越して来て,今日から土,日,月の3日間で 荷物を片付けます。

しばらくは 単身なので シンプルな生活です。

とりあえず 生活の中心になるダイニングルームをアレンジしました。

左は バーカウンター。ダイニング・テーブルを運んでないので 食事に使います。バタ開きの天板が付いたカウンターを探しましたが,適当なものが見つからず オーダーして作る時間もなかったので 大塚家具で購入しました。張り替えた壁に合わせて白のクリア仕上げです。FrancFrancで購入したストゥールが2脚。

右は テンポラリーな机として 去年 購入したBisley のCabinet (29シリーズ A4 ) に 新たに購入した専用の天板を載せました。天板の大きさは5mm単位でオーダーできますが,値段を抑えるため もっとも小さいサイズ(1,200mm×450mm)のチークにしました。椅子も 新たに購入した IKEAの “MARKUS” です。

中央は SONY Bravia 46”,台の中に SHARP Aquos のブルーレイ・ディスクレコーダー BD-HDW40 (1TB)をセットしています。どちらも 今回,引越しに合わせて購入。

その右に 1脚だけ 持って来た 籐編み座面の曲げ木椅子です。THONETが かつて保有していた旧東欧の工場で30年ほど前に作られたと考えられる “214” (旧 “14” )タイプの NO Brand 製品です。

| | コメント (0)

2009年8月28日 (金)

IKEA の オフィス・チェア

引越し先で 使うため IKEAで Office Chair  “MARKUS ” を購入し,梱包したまま 引越し先に運搬しました。そして 組み立てました。

Img_4526

段ポールの 梱包から出した パーツです。

これをIKEAの特徴, 一文字の説明文もない図解マニュアルで組み立てます。

Img_4529

30分強の格闘のすえ,組み立て完了しました。一人での組み立てが困難な工程が 一つ(一体化した座と背もたれを 脚柱に差し込む)ありました。

梱包質量:24kg。価格:\24,000 くらいだったと思います。

| | コメント (0)

2009年8月27日 (木)

赴任旅行,西へ

9月1日付け異動で 広島県呉市に とりあえずの片道単身赴任となり,荷物を送り出した翌日 新幹線で 広島に向かいました。荷物整理などのため ワイフも同行するので 全席禁煙車両の 「のぞみ N700系」に 初めて乗りました。

Img_4517_2

Img_4512_2「全席禁煙」は 全車両禁煙ではなく  喫煙室が付いていることを初めて知りました。喫煙者にとっても 席で吸うより 喫煙室の方が好ましいですね。

Img_4516

東京駅で買った駅弁,ワイフは 「深川めし」(“あなご” と “ごり”(?)が乗っています。),私は 「貝づくし」です。

Img_4522

広島駅で呉線に乗り換えました。久しぶりに夏の瀬戸内海を見ました。

関東平野 1万平方km(かな?)内に 15年 住み続けていると 海と山と島を見ることは 精神の蘇生になります。

| | コメント (0)

2009年8月26日 (水)

準備万端のキャリー?

Img_4494引越しで ダンボール箱に詰めた荷物などを 隣の空き部屋に運んだ道具です。

予め IKEAで 買っておきました。

最大搭載質量:30kg にして \1,000 未満の使い捨てにしても気にならない値段。

有効でした。

| | コメント (0)

2009年8月25日 (火)

15年住んで 初めて見た C-1

千葉県の習志野付近に15年間住んで 今週,転勤で この地を去るため 月曜日に 荷造りのため赴任休暇をとって 作業を開始しようとした時,飛行機の爆音が聞こえました。爆音は 更に近付いて 頭の上に墜落するのではないかと ベランダに出たら 双発ジェット輸送機が頭の上を飛んで行きました。

Img_4490

習志野第一空挺団の C-1 輸送機のようです。

さらに C-1 は 少しずつコースを変えて次から次に 通り過ぎて行きます。

今まで 単独飛行している爆音を聞いたことはありますが,連続して飛来するのをみるのは初めてです。

Img_4495_2何機かが 離着陸訓練を 繰り返しているようで 9時前から12時頃まで 続きました。

15年間 この地に住んでいて,このような 連続飛行を初めて見ました。 ワイフに聞くと 時々やっている,特に 月曜日は多い,とのことでした。

Img_4496

思えば 私が自宅にいる土,日曜は 自衛隊も休みで 訓練をすることはないので 今まで 見たことがなかった,ということのようです。

午後もやっていました。

| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

薄黄緑色の蛾

Img_4477

薄黄緑色の翅をした きれいな蛾を見ました。

蛾が嫌いで(気持ちが悪い),接写できなかったので 写りに鮮明さを欠いています。

Img_4482

調べると 『オオミズアオ』(大水青蛾,山繭蛾科)と いう名前で 北海道から屋久島まで 日本全土に分布生息するようです。

Img_4480

初めて 見ました。

胴体は ほとんど白色です。

触覚は 櫛形です。

| | コメント (0)

2009年8月23日 (日)

引越し準備,一日目で-

9月1日付け転勤のため 土,日曜日(月曜:予備日)で 引越し荷造り作業中です。

1日目で 既に 腰痛(ぎっくり腰ではなく 朝起きて 筋肉痛)です。歳をとってからの引越しは大変です。

引越しは 片道単身赴任-現時点では “終の棲家” としている住まいに 一人で先行して引越し,配偶者は 事情あって 数ヶ月後に 引っ越してくる-という特殊ケースで,そのうち撤収する仮住まい生活ではないので それなりの荷物を運ぼうとして,それなりの量になりそうです。

家族全員の引越しだと 廃棄するものを除いて全て パッキングすればよいことですが,今回の場合,品物の選別にも苦労します。 

さらに 夏の引越しは 暑くてかないません。

還暦過ぎてからの 引越しは大変です。

2日目は 以前,ギックリ腰をしたときに購入した「腰部固定帯」で 腰部を締めて作業します。

| | コメント (0)

2009年8月22日 (土)

記憶に残る台風は

台風の季節です。台風で 強い風が吹くことは当たり前ですが,雨は 必ず降るとは限りません。最近の雨の量は異常ですが,少しは降った方がいい,と思わせる台風がありました。1991年(平成3年)9月27日から28日にかけて 日本海を日本列島をかすめるように猛スピードで進んだ台風19号,青森で 収穫前のリンゴをほとんど落として 通称 “リンゴ台風”と呼ばれたこの,雨を伴わない台風の進行スピードが重畳された風を受けた日本列島は 各地に甚大な被害を受けました。そして この台風が 私にとって最も記憶に残る台風になりました。

その夜,広島県呉市の工場そばにある施設で開いていた会議は 8時頃,風が強くなったので閉会になりました。帰宅の為,タクシー会社に電話すると 風が強すぎて タクシーは動いてない,というのです。当然,電車もバスも止まっていました。

自分の車で帰路に就いた何人かは 途中の山道で通行止めにあって 引き返し,町の飲み屋の蝋燭の明かりで 文字通り カラオケをして朝まで過ごしたそうです。

たまたま 広島市から来ていたタクシーを掴まえた人は 乗ろうとした瞬間の突風でドアが開きすぎになってヒンジが壊れたため,ドアが落ちないように掴まえて乗ったそうです。

私は 歩いて帰られる距離に住んでいましたが,風による飛来物を恐れて 工場の守衛所に避難し,ラジオを聴いていました。非常灯のバッテリーも危うくなるころ,残業して帰ろうとする業者の車に便乗して何とか帰宅しました。

このときの 私の周りの被害状況は-

  • 課員2階建て自宅の屋根が かなり離れた所まで飛ばされた。1階にいた家族は気付かなかったので,一瞬のことだったと思われる。その頃,屋根構造を留めるのに 「かすがい」や「ボルト」が義務付けられておらず,「釘」だけだった。しかし,「かすがい」で留めていたら,屋根裏に吹き込んだ風で 天井が落ちたかも知れない。
  • その近くの道のコンクリート電柱は ことごとく倒された。この道を おそらく 60m/sを超える風が吹き抜けたと言われている。
  • 商店街の下水道マンホールの蓋が 満潮と低気圧で上昇した海面圧力ではずれ 雨は降ってないのに商店が水浸しになった。翌朝,商店街は 海水と共に流れ出た 「くらげ」 の遺骸でいっぱいだった。
  • 数日後,木が枯れ始めた。風で揺れすぎて 水を吸い上げる導管が破壊されたためかと思った。
  • 数日後,海岸線から10km以上離れた住宅地で停電が始まり,数日間続いた。集合住宅では 水タンクへの汲み上げが出来ず,断水して 生活不能になった。

しばらくは 分からなかったのですが,停電と木が枯れた原因は 塩でした。雨が台風襲来時を含め 数日間 降らなかったので 海で吹き上げられた塩水が風に乗って運ばれて塩分が付着し 洗い流されないでそのままになり,その後,水分が乾燥し,塩による絶縁不良となったためでした。

沿岸の電柱には それを考慮して 絶縁性を保つため 長い専用碍子が使われていますが,そうでない地域は 絶縁低下で停電になりました。

全て 初めての経験でした。

| | コメント (0)

2009年8月21日 (金)

正しい作法は?

世の中を 原則に従って 正しく,(少なくとも 表面的には)上品に 生きていきたいと思っています。

しかし,還暦を過ぎても  時々,どのような対処が正しい作法だろうかと迷うことがあります。

例えば-電車の座席に座っていて 隣の乗客が寝入ってしまって 私に寄りかかってきたときは どうするか? この状況に 上品に対処するのは いつも難しいことです。

考えられる方法は-

  • そのままにしておく。何もしませんが,これが もっとも上品な対処とは言えない対処と思えます。が,若くて 許容できる(何が?)女性の場合ならまだしも,うっとおしい人の場合,勘弁願いたい。
  • 少し,身体を動かす。出来れば,他人からは分からない程度の動きで 「引く」方向に。
  • 同じく,他人からは分からない程度の動きで 「押す」方向に。少し,下品に感じます。
  • その人とは反対側の手で その人の肩をやさしく叩いて気付かせる。これは きっぱりとして いいですね,できるか どうかは別として。
  • その人の 頭に手を当て やさしく押し返す。高校生までの子供に対しては 許容できる方法でしょう。これは やったことがあります。

やはり,難しいですね。

-と書いてきて,自分が 寄りかかる人間になったことがあることに気付きました。あー恥ずかしい,下品です。

| | コメント (0)

2009年8月20日 (木)

おみやげの 蓮茶

Img_4468

ワイフの誕生月で ベトナム料理店から デザート・サービスの葉書が来ていたので,誕生日には少し遅れて ベトナム料理を食べに行きました。

お土産に 「蓮茶」を戴きました。

蓮の花びらと 雄しべを 茶葉に絡めて薫香したお茶ですね。懐かしいような 独特のいい香りがします。

ご馳走様。

傘は デザートの飾りに付いていたものです。

| | コメント (0)

2009年8月19日 (水)

テレビの力

8月17日,本ブログへのアクセス数が いつもの10倍近くになっていました。

何事かと アクセス解析を見ると,“Yahoo” の 8月17日付け 検索急上昇ワードランキング 2位に「七福タオル」があり,関連ブログのトップとして 本ブログ  8月17日アップの “imabari towel” が載っていて そこからのアクセスでした。

8月16日(日),テレビで紹介された「七福タオル」に検索が集中した結果ですね。

因みに 「七福タオル(株)オンラインショッピング」のサイトは8月17日,アクセス殺到でダウンしていたようです。

改めて,テレビの力を知りました。

| | コメント (0)

2009年8月18日 (火)

困った人

性格的に しつこいところがあります。

未だに 40年近く前の 腹が立った人間のことを覚えています。

大学4年生のとき 所属する学科の必修単位で 夏休みの工場実習がありました。工場には 色々な大学から学生が来ており,ペアを組んで 与えられた実習テーマに取り組みました。私の相棒は 大阪F大学の3年生でした。

実習の最後の 報告会用まとめで 彼は データを “Deta” と書きました。「スペリングが間違っている。Dataに直しといて。」 と軽くアドバイスしたところ,「間違ってないので直さない。 間違っていると言うなら 辞書を持ってきて見せてくれ。」との答え。

教養がないことを自覚してないだけでも困った人なのに,その上に 素直でないとくると手に負えません。

まともな人間なら,かなり 自信を持っていることでも 他人から 誤っていると指摘されれば 自身を疑ってみるものでしょう。

| | コメント (0)

2009年8月17日 (月)

imabari towel

日曜の朝のTVで ハリウッド・スターも使っているという今治の「七福タオル」を紹介していました。

Img_4462

そう言えば 我が家にも 気持ちのいいタオルがあった,と思って 取り出して見ると まさしく 「七福タオル(株)」製でした。

Img_4463

このような ロゴです。「今治タオル」のマークも付いています。佐藤可士和氏のデザインで 2007年制定したものです。

TVでは 柄の美しさを強調していましたが,これは無地です。

肌触りは 当然 一級です。

| | コメント (0)

2009年8月16日 (日)

わからない答え方

先日の党首討論で 「できるか,できないか?」の質問に対し,「・・・状況がきたと解釈して・・・」 というような曖昧な答えをしているのを聞いていて 何故,質問にまともに答えないのか不思議に思いました。

世の中ではよくあることで “Yes or No” の答えを求める質問に対し,“Because” から説明する人間が います。“Because” は “Why” と問われて言えばよいことで,まず “Yes or No” を答えなければ “Because” の意味はありません。理由を聞く必要がない場合には 時間の無駄です。

“What”,“Why”,“Which”,“Where”,“When”,“Who”,“How” が付かない疑問文へは “Yes or No”  で答えると 中学1年(?)の英語で習うのに,何故 日本語で 正しく答えられないのでしょう。不思議です。

 

| | コメント (0)

2009年8月15日 (土)

猛暑の中,台場-丸の内-青山-渋谷

10日後,単身赴任のため引っ越すので その準備の買い物に出かけました。

先ずは有明・大塚家具ショールーム。臨海副都心線・国際展示場前で降りると何事が起こったのかと思うような人混みです。

Img_4453

大塚家具の入っているTFTビルの横にある 東京国際展示場(Big Site)に 列が続いています。正面の階段は人で埋まっています。入場制限をしているのでしょう。

夏と冬の年2回 開催される「コミック・マーケット」です。夏は 盆休みに開催されるので関係ありませんが,冬は 通勤時間帯に新橋,豊洲の駅を占領する大きなキャリーを持った不思議な若者たちを避けるのに苦労します。

何とか 台場を脱出して 次の目的地,丸ビルの「コンラン・ショップ」に行きましたが,探すものは見つからず退出。既に 3時になっていたので 遅い昼食を摂ろうと 丸ビルを出て 道を1本渡り 三菱ビル地下にある “GASTRO-PUB COOPERS” に入りました。丸ビルの レストランは 一杯だったろうと思いますが ここは 我々の他に客はいませんでした。(後から 3組 来ました。) 

Img_4458“Fish & Chips” を食べようと思っていましたが, “Holiday Special Plate” (正式メニュー名は失念)を注文しました。「スパゲッティ」,「フィッシュ・アンド・チップス」,「ロースト・ビーフ」,「サラダ」,「パン」,「デザート」で \1,250也。満腹になりました。ついでに隣の “FrancFranc” で ストゥール 2脚購入。

満腹になった後,青山に向かいました。神宮外苑の「F.O.B COOP」 で小物購入。

更に 渋谷の “Clarks” に寄りました。ここは 引越しとは関係なく,Desert Boots が 1949年に発売されて 今年で60年経ち その記念として 6種類の Desert Boots が発売される “Desert Boot 60th Anniversary Collection ” の 「ヴィンテージ・サンドスェード」を 予約するためです。 『1949年生産当初と同じ素材を使用。 現行のものより肉厚で滑らかな質感が特徴。』 という説明文を見ただけで 1948年生まれで 1972年から Desert Bootsを履き続けている私は 欲しくなりました。8月下旬に入荷するときには 既に私は東京から離れていますが,出張時に 取りに来ることにしました。

Img_4461_2

渋谷駅から帰路に着きました。この雑踏を経験することは 今後はあまりないでしょう。 

| | コメント (0)

2009年8月14日 (金)

距離感が狂う巨大構造物

ある構造物までの距離は その構造物の大きさを 自身の経験から無意識に認識し,そこから遠近法で 推定します。

ところが  初めて見る巨大な構造物の場合,大きさの認識が出来ず 距離感が狂ってしまい,このとき 不思議な爽快感を経験します。2回 その記憶があります。

最初に感じたのは 「東大寺大仏殿」を見たときで 中学の修学旅行ででした。高さ 約50mが実感として掴めませんでした。

2回目に経験したのは,今はない室内スキー場 「ザウス」(幅・高さ:約100m,長さ:約500m)を見たときでした。「ザウス」は 「万里の長城」,「ギザの大ピラミッド」と共に 「月から肉眼で見える地球上の 3大構造物」 と言われただけあって(おそらく 誰も言ってはいません。),大きさを認識できない巨大さでした。

3回目は 「ギザの大ピラミッド」を見るときになると思います。いつになるか分かりませんが,楽しみです。

| | コメント (0)

2009年8月13日 (木)

満員電車を避けて-

23歳で就職して以来,通勤の苦労とは無縁の地方で 22年間のサラリーマン生活を送ってきて 45歳で 東京勤務となり,首都圏で片道 1時間半(1年間は 片道 2時間半!)の通勤を15年間続けてきました。

若い頃なら 満員電車に慣れる可能性もあったのでしょうが,45歳からでは 全く 慣れないまま 今日まで過ぎました。特に 他人の身体,持ち物との接触は 苦痛でした。

そして  来月から,出張時を除いて 徒歩 20分 又は バスで10分の通勤の地に転勤です。まことに めでたいことです。

去年の暮れに定年を迎え,再雇用となって ますます 満員電車が耐えられなくなって 精神に異常を来たすのでは- と感じ,4月から 自主的に 時差通勤を始めていました。朝は 6時28分の電車に乗り,7時30分に勤務開始,退社は 16時30分で 17時5分の電車に乗っていました。これらの時刻に電車に乗ると 他人との身体接触はありませんでした。

時を同じくして 10年ほど続いた Flex勤務制度が 4月から 凍結になりましたが,これは一般社員に適用されるものとの解釈で無視し,自分の精神と肉体は自分で守らなければならない,との考えで4ヶ月余り 健全な通勤生活を送りました。

還暦を過ぎて やっと 来月から 工場で 通勤 30分以内 「8時-17時」 勤務の人間らしい生活を送ることができます。万歳!

| | コメント (0)

2009年8月12日 (水)

しつこく “百日紅”,これが語源の紅色?

Img_4364 今まで見た「百日紅」(さるすべり)の中で 最も濃い紅い色でした。実物は 写真より もっと濃い紅色でした。

Img_4361 名前の由来を納得させてくれる色でした。

千葉県某所にて。

| | コメント (0)

2009年8月11日 (火)

「住めば都」は真実?

昔からの格言や諺などには それなりの真実があり,あるとき ふと納得することがあります。

『住めば都』 と言います。「住みなれれば、どんな僻地や環境でも それなりに住みよくなる。」 という意味で,この言葉を使うのは その地が 快適に暮らすのに適してないことを まず認めることになりそうです。

過去,4年以上暮らした「市」は 現在の地を含めて4箇所,生まれ育った地は 自らに選択の責任はないので除くと 3箇所。大学の4年間を過ごした地と 就職して配属され 22年間を過ごした地の2箇所は 『住めば都』という言葉を全く考えませんでした。転勤になって 自らの意思に関係なく 住むことになった社宅のある現在の地は 『住めば都』 を強く意識し,これが真実であることを期待しました。

そして 結局,「住んでも都にならない」 で 15年が過ぎました。

来月,転勤で この地を去り,新入社員から22年住んだ地に戻ります,『住めば都』 の真実を知らないまま。

| | コメント (0)

2009年8月10日 (月)

広島県呉市の風景

9月1日付けの転勤先広島県呉市に,住まいやその他の生活準備のため金・土曜日に行き,用事を済ませた後,少し歩きました。

15年前まで住んでいて,その後も出張で度々 訪れていますが 町を見て回ることはあまりありませんでした。

Img_4442

2007年に開館した「海上自衛隊呉資料館」(愛称:てつのくじら館)に展示されている 実物潜水艦です。

“あきしお”(就役:1986年,退役:2004年,L=76.2m,B=9.9m,D=10.2m)

入場無料。

Img_4430_2

この潜水艦の下を通って 資料館に入ります。

Img_4433

資料館内部は 「掃海艇」と「潜水艦」に関する展示が主です。

Img_4435_2

順路に沿って進むと 「あきしお」の内部に入ります。

まだ機密保持すべき機器等があるのか 最上層部のみが開示されています。開示部ゲージ類の目盛りは機密保持のため 変更されているそうです。

Img_4444

道を渡ると 「呉市海事歴史科学館」(愛称:大和ミュージアム)です。裏の突堤に 「大和」の艦橋から船首までの前部上甲板・左舷側が実物大で再現されています。

Img_4449

そばに “BEACON” という名前の cafe がありました。34℃の暑さにまいって冷をとるため 入りました。内・外装とも シンプルです。

Img_4452

「大和ミュージアム」の正面です。「ポセイドン」の像があります。

| | コメント (0)

2009年8月 9日 (日)

残り1ヶ月の定期券を解約するのは?

9月1日付け転勤の内示があって,業務部からもらった転勤事務処理要領をながめると 「定期券の解約」という項がありました。

持っているのは 「JR」と「ゆりかもめ」の9月30日までの 6ヶ月定期です。1ヶ月分を解約することになります。少し 調べて分かったことが 二つ。結局,解約しないことにしました。

  1. 予めの解約はできない。「8月31日まで有効,9月1日からキャンセル」にするよう 8月途中に持って行っても変更できないようです。会社の帰りの時間があるとき できれば解約しようと みどりの窓口に行き,自動券売機などの説明のために立っている スタッフに尋ねたところ,8月の末日にならないとできない,との説明でした。ルールを決めた人ではないので 理由は聞きませんでした。理屈では できない理由はないと思えますが?
  2. 6ヶ月定期を 1ヶ月残して解約して 戻ってくるのはいくら? 定期券には1ヶ月,3ヶ月,6ヶ月の3種類あります。残り 1ヶ月分の戻ってくる金額の計算は 6ヶ月定期券代から 5ヶ月分定期券代を引いた金額です。5ヶ月定期券はないので 「3ヶ月定期券代+1ヶ月定期券代×2」を5ヶ月分定期券代として引き,更に手数料 \210を引きます。

        私の定期券で戻ってくる金額を計算してみると-

        「JR」は 6ヶ月定期:\65,020,3ヶ月定期:\37,910,1ヶ月定期:\13,300 で 計算結果は 何と  \300。

        「ゆりかもめ」は 6ヶ月定期:\38,800,3ヶ月定期:\20,520,1ヶ月定期:\7,200 で計算結果は \3,750。

この差は 6ヶ月定期の割引率が 「JR」の方が大きいということですね。

戻ってくるのは 合計で \4,050。一方,同じルートの切符を買うと JR:\450,ゆりかもめ:\240 で往復:\1,380。3往復して \4,140 となって 戻ってくる金額を超えます。

しばらくは 単身赴任で,現在の職場への出張が 9月に 少なくても 1週間くらいは予想され このルートを使うので 解約するのを止めました。

| | コメント (0)

2009年8月 8日 (土)

踏みつけそうな足を

Img_4297電車通路の真ん中辺りまで投げ出した足を しばしば 踏みつけそうになり,時々,本当に 踏んでしまいます。

わざと踏むような下品なことはしません。が,まさか,通路の中央まで出ている足があるとは思わないので つい踏んでしまうことはあります。誤って踏んだ時は 躊躇なく謝ります。

座席側の 緑色塗装部は 少し狭いですが 「この範囲に足を置いて-」というゾーンです。「ここに足を置かないで-」では ありません。

7月某日,13時前 東西線 三鷹行き普通電車内にて。

| | コメント (0)

2009年8月 7日 (金)

初めて見た花-胡麻と落花生

Img_4372

落花生の花です。

Img_4366_2胡麻の花です。

何れの花も 初めて見ました。薄い色の目立たない花です。

| | コメント (0)

2009年8月 6日 (木)

VAN の Chino-Shorts

Img_4307“KENT SHOP 青山” に スポーツコートを絞る補修に持って行った時に 偶々 Sale中のVAN Jacketのショートパンツが目に付いて 尾錠がなく(VANには珍しく), ノープリーツ(VANでは普通) だったので買いました。

瘠せたため 持っているショートパンツのウェストサイズが合わなくなっていたのでちょうどいいタイミングでした。

“KENT SHOP 青山”の サイトの “Bermuda Shorts” のカテゴリーにあった商品紹介によれば-

「素材 『ウエストポイント』:米陸軍の制服地の規格か それに近い規格に基づいてつくった織物。シルケット加工をかけて光沢を出し,現在ではカジュアル・ウェアに使われるようになりました。」と ありました。要するに チノ・クロス?

Img_4312Img_4313

何故か デニム地の コースターが ベルトループに付いていました。

| | コメント (0)

2009年8月 5日 (水)

戴き物の 野菜と まくわうり

Img_4381

リタイア後,畑を借りて 野菜を作っている兄を訪ね,野菜をもらって帰りました。

Img_4382_2

いい色です。

早速,サラダで食べました。結構でした。

Img_4383

「まくわうり」も ありました。

| | コメント (0)

2009年8月 4日 (火)

mont-bell の Trekking Umbrella

Img_4301折り畳み傘を新調しました。10数年来,“mont-bell” の “Trekking Umbrella” を使っており,これが3本目です。

Trekking はしませんが, 軽量(250g) コンパクトにして 高強度,デザインを感じさせないデザインが気に入っています。

160g のU.L. というTypeもありますが 直径で 約10cm小さいので これは選びません。

Img_4303

おそらく  2本目までは 採用されてなかった    “POLKATEX” という 「耐久磨耗撥水機能」(The Permanent Water-repellent)のある加工が施されているそうです。

タグには 色 : “STON” (E が無い!)と書いてあります。私には オリーブ・グリーンに見えます。

Img_4304

これまでは 紺色でした。

酷使したため 最近よく 骨と皮(素材)の留め糸が 切れ,撥水機能が低下したので 3代目に交代します。 “POLKATEX” を期待します。

| | コメント (0)

2009年8月 3日 (月)

川村記念美術館にて

Img_4354 8月1日,佐倉市の川村記念美術館(1990~ )を訪ねました。敷地内の自然散策をした後,館内に入りました。

4つの物語|コレクションと日本近代美術」という企画展(6/27~9/23)が開催中でした。

Photo

西洋と日本の絵画を比較し,その相違を明らかにして 日本絵画独自の表現に至る背景を示すことを企図した展示です。

パンフレットは レンブラントの「広つば帽を被った男」(1635)と 高島野十郎の「りんごを手にした自画像」(1923)を掲載しています。

このレンブラントの絵は 同美術館所蔵です。

1,000点を超える所蔵作品からの展示は 年数回 変更しているようです。

コレクションは 20世紀の作品を中心に 前述の レンブラント,ルノアールの作品もあります。現在 展示中のコレクションから 印象的だった作品を思い出すまま並べると-

  • 藤田嗣治:アンナ・ド・ノアイユの肖像
  • マリー・ローランサン:ピクニック
  • パブロ・ピカソ:シルヴェット
  • オーギュスト・ルノアール:水浴する女

抽象/前衛絵画が多く展示されていましたが,夜中に猿が迷い込んで絵の上に落書きしても 初めて見る人には それと分からないと思えるような絵もあって,私には高尚過ぎて 感じるものはありませんでした,残念。

屋外に 端正な佐藤忠良の彫刻「緑」が展示されています。写真を撮り忘れました。

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

川村記念美術館にて-自然散策

Img_4314 8月1日,佐倉市の川村記念美術館に行きました。DIC(株)(旧・大日本インキ科学工業(株) '08.4 社名変更)の設立・運営による美術館です。美術館の敷地に隣接して DIC総合研究所があります。

Img_4350 美術館に入る前に 敷地内の自然を散策しました。

Img_4321

Img_4320

杉林の中の 「ヤブミョウガ」の花です。

Img_4337

Img_4331

Img_4334

Img_4335

Img_4336

Img_4338

言わずと知れた(?) 2,000年前の種子から大賀博士が開花させた「大賀ハス」です。蕾から種子までのステージが見られました。種が 弾けた後は 雨蛙の棲家になっていました。

Img_4345

Img_4344

「スイレン」です。

Img_4347

時期は過ぎていましたが,「山百合」です。

| | コメント (0)

2009年8月 1日 (土)

真夏に紅白の百日紅

Img_4284Img_4283

Img_4287

Img_4291

Img_4295

百日紅は 薄紅色が一番多いようですが,紅白の百日紅が並んで咲いていました。

何れも 見事な花の付き方です。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »