« 還暦過ぎ男の シンプル単身赴任 朝食 | トップページ | 8月の終わりの日に »

2009年8月31日 (月)

「絵でも飾りましょうか」

15年間住んだ社宅では 適当な飾るスペースもなく,しまい込んでいた絵を転勤で戻って来た自宅に運んできました。

Img_4546

アメリカの 画家 Don Hatfield の “Special Time” (シルクスクリーン)です。20数年前,あまりインパクトがなく,静かな雰囲気で,色がきれいで明るい 絵を探している時,ヤマハ家具からの招待状で行った展示会で購入しました。

自らの存在を主張しない,飽きがこない絵です。

|

« 還暦過ぎ男の シンプル単身赴任 朝食 | トップページ | 8月の終わりの日に »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

あまりインパクトのない絵を求めていたとは、知りませんでした。
個人的にとても好きです。やっと飾られて、喜んでいるでしょう。

投稿: yoko | 2009年9月 2日 (水) 02時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 還暦過ぎ男の シンプル単身赴任 朝食 | トップページ | 8月の終わりの日に »