« 輸入品が高かった時代 | トップページ | 食パンが厚い »

2009年10月17日 (土)

第1巻がない?

Img_4927_2昭和43年(1968年),41年前に買った 「夏目漱石全集」です。

大学1年の教養課程で,ある教授(覚えていません。)の 「まともな文章を書くための早道は 古典といわれる作品を読むこと。出来れば 一人の作家の全作品を読むのがよい。」という意味の言葉を信じて,夏休みに入る前に 風呂敷を持って本屋に行き,もっとも読み易いだろうと思い,「夏目漱石全集」を買い,夏休みが終わる前に全巻読了しました。

筑摩書房 昭和43年発行の初版第4刷,簡易装丁,全10巻です。1巻 420円で 合計 4,200円。1ヶ月の仕送りが 2万円の身としては 思い切った買い物でした。

引越し荷物を整理していて 出てきました。

Img_4924

書棚に並べて 第1巻がないことに気付きました。

第1巻には「吾輩は猫である」,「倫敦塔」,「カーライル博物館」,「幻影の盾」,「琴のそら音」が 収められているはずです。

そのうち,どこかから出てくるでしょう。

効果については 記憶違いということにしましょう。

|

« 輸入品が高かった時代 | トップページ | 食パンが厚い »

昭和時代」カテゴリの記事

コメント

りょうかい。

投稿: pink-sloth | 2009年11月27日 (金) 18時20分

それは、私が持っています。

投稿: yoko | 2009年11月27日 (金) 02時25分

i think i saw it somewhere.

投稿: yoko | 2009年10月27日 (火) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 輸入品が高かった時代 | トップページ | 食パンが厚い »