« 単身赴任生活者の必要ギア | トップページ | 単身赴任生活用に選んだポット »

2009年10月 3日 (土)

昭和の暖房は 「火鉢」

Img_4813火鉢です。ワイフの実家を取り壊すとき,持ち出したものです。

昭和30年代まで 「炬燵」と並んで 一般家庭の代表的暖房道具でした。

主婦の朝一番の仕事は 「炭を熾(おこ)す。」ことでした。

冬が近づくと 米屋から 俵を貰って(買って?)きて 庭で焼いて 「火鉢」と「炬燵」用の 『灰』を作りました。

「これで何をするつもり?」の問いに,ワイフは 「お餅を焼く。」と答えました。

①昔と違って 気密性の高いマンションで ガス中毒にならないように換気に注意すること。  ②「藁」が近くになく,あったとしても 燃やす場所がない環境で 如何にして『灰』を手に入れるか。

-が 問題です。

|

« 単身赴任生活者の必要ギア | トップページ | 単身赴任生活用に選んだポット »

昭和時代」カテゴリの記事

コメント

昭和30年とは! かなり昔のものを保存しているのですね。 火鉢が使われているところを、まだ一度も見たことがありません

投稿: オイルヒーター | 2009年10月 5日 (月) 15時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 単身赴任生活者の必要ギア | トップページ | 単身赴任生活用に選んだポット »