« “Kitchen Shelf” 納入完 | トップページ | 「フリース」 の話 »

2009年12月 8日 (火)

パンツの裾はダブルで

40年間,ノー・プリーツのパンツ(ズボン)しか穿かないのと同様に,パンツの裾には「折り返し」を付けることを原則としています。高がパンツ(?),どうでもいいようなものですが,スーツのパンツを「折り返し無し」で穿いたことは 極一部の例外を除いて 一度もありません。40年前に そう決めた理由を覚えていません。現在の理由は-「習慣」です。

折り返し幅を 若い頃は 35mm,現在は 40mm にしています。この変化は 裾幅の変化に対応したものです。

「折り返し」の例外(「折り返し無し」)は 折り目(crease)無しのパンツと 略礼服だけです。綿のパンツも例外ではありません。

日本では「ダブル」と言いますが,米国では “cuff”,英国では “turnup” と言うようです。

「折り返し」は 一般には 年配者(?)のスーツのパンツに多く,クラシックなイメージがあるかも知れません。若い人は「折り返し無し」のスーツを着ていることが多く,これをスポーティーと思っているかも知れませんが,燕尾服,モーニング,タキシードのような正装・礼服のパンツは「折り返し無し」と決まっているので,「折り返し有り」をスポーティーなデザインと言うべきでしょう。

敢えて言えば,パンツの「折り返し」は “Classical Sporty” でしょうか。

|

« “Kitchen Shelf” 納入完 | トップページ | 「フリース」 の話 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Kitchen Shelf” 納入完 | トップページ | 「フリース」 の話 »