« “ロシアン・ルーレット” チョコレート | トップページ | アイスプラント »

2009年12月18日 (金)

言葉の定義-「個人主義」は?

高校生の頃から,自分を「個人主義者」 と思っていました。

この「個人主義」は,対義語が「全体主義」の意味であって, 英語では “totalitarianism” に対する “indivisualism”でした。

それから 40余年生きてきて 世の中には 「個人主義」 を 「利己主義」(“egoism”,対義語:利他主義= “altruism”)の意味で使う多くの人に出会いました。

これらの全ての言葉は 元は外来語でしょうから 対応する英語の意味で使いたいと思っていました。

しかし,国語辞典で「個人主義」 を見ると-

(1)個々の人格を至上のものとして個人の良心と自由による思想・行為を重視し、そこに義務と責任の発現を考える立場。-の後に

(2)利己主義

と書いてあり,(2)の意味で使っても止むを得ないと思いつつも - 「お前は『個人主義』だ。」 と言われても 非難されている気が 全くしなかったのは 幸いと言うべきなのでしょうか?

|

« “ロシアン・ルーレット” チョコレート | トップページ | アイスプラント »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “ロシアン・ルーレット” チョコレート | トップページ | アイスプラント »