« 地元 「呉」の物産展で | トップページ | クラシックなコーヒーミル »

2010年1月26日 (火)

呉市の映画館で 「アバター」を

去年 8月末に 転勤で 関東から呉市に移って以来,一度も映画館に行っていませんでした。年末からのテレビ宣伝や,「中国での上映打ち切り」報道で話題の “AVATAR” を観たくなりました。

15年間 広島県を離れていたので この辺りの映画館事情がわかりません。15年前まで住んでいた時は 広島市まで出かけていました。

Img_6118とりあえず “AVATAR”の上映館を調べると 呉市の 二つの映画館(二つしかない,それぞれ2 screen。)でやっていました。一館は 吹き替え版,二館とも 3D上映ではありません。

自宅から 徒歩 5分で行ける,吹き替えではない 「呉シネマ」に行くことにしました。私が就職して 呉市に来た1972年に既にあった映画館で 独身時代には何回か行ったことがありました。

買い物がてら サンダル履きで行ける映画館なので,どんな様子か一度行ってみておこうという気持ちで行きました。

  • 「夫婦どちらか50歳以上」 二人で\2,000。入場券の半券くれず。
  • 切符売り場なし。内部のカウンターで 従業員一人が入場料を受け取ります。年齢を証明する書類の提示要求はありません,50歳以上なのは 見れば分かることですからね。
  • screen 1(約400席)は 2階。
  • 土曜日 14時50分の回,開始15分前で客は10人弱。
  • 洗面所に行った帰りに 2階席(建物上は3階レベル)があることに気付いて そっちに移動。(昔の映画館には 2階席があるのが 普通でしたね。)
  • 2階席(約100席)には 誰もいませんでした。(上映開始前に一組来ました。)
  • 「六本木ヒルズ TOHOシネマ screen 7」 と比較するつもりは もともとないし,音やシートなどに期待はなかったので 失望や不満もありませんでした。
  • 3Dではありませんが 充分 楽しめました。ハードを評価せず,気にせず,純粋に映画を鑑賞することに徹しました。

“AVATAR” は?

よくできていました。「ラピュタ」 と 「ナウシカ」 を思い出すシーンがありました。

|

« 地元 「呉」の物産展で | トップページ | クラシックなコーヒーミル »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地元 「呉」の物産展で | トップページ | クラシックなコーヒーミル »