« 国土交通省所管の駐輪場? | トップページ | 900グラムのチヌの値段は? »

2010年1月23日 (土)

“Water” を 日本語では?

学校で,もしくは その前に 誰かに  “Water” を 単純に 「」 と教わりました。そして 普通の日本人の感覚では この 「」は あくまで  「」ではない 「」ですが, “Water”の正しい意味は 「」でもあり,「」でもあります。すなわち, “Water” は ‘HO’です。 と言っても  “Water” を教わる時には まだ ‘HO’を習ってないので そのように教えるのは無理ですね。

その結果,「湯」の場合,“Hot Water” と言わなければ,と思い込んでしまいます。

しかし,少なくとも英語圏で 紅茶を Tea Bag で淹れる「」を頼む時,“Hot water” と言う必要はなく,“Can I have some water?” と言えば その場の状況で 「」とわかります。決して,「」が 運ばれてくることはないでしょう。

結局のところ,異なる環境(風土・生活・文化など)で形成された異なる言語においては 言葉の意味が 厳密に一対一で 対応することの方が珍しいという 当たり前のことを認識しておくことが,外国語学習には必要ということでしょう。

ということが分かっていても 私にとって この類は 苦手です。

|

« 国土交通省所管の駐輪場? | トップページ | 900グラムのチヌの値段は? »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国土交通省所管の駐輪場? | トップページ | 900グラムのチヌの値段は? »