« リサイクル? | トップページ | この時季,太刀魚の刺身は 外せない。 »

2010年2月18日 (木)

どこまで乗っても100円のバス

広島県呉市にUターン転勤で15年振りに戻って 6ヶ月経とうとしています。通勤用に 市営バスの定期券を持っています。

先日,呉駅前のバスターミナルで 待ち時間をつぶすために あちこちに貼っているビラを眺めていて 「環境(エコ)定期券制度」というのを見つけました。

Img_6286

適用日(土,日,祝休日)に 定期券を持って乗れば,本人と同伴者(同居家族)は 券面表示区間外であっても 1乗車(どこまで行っても) 100円』 と書いてあります。

除外区間として 空港線や広島市までの郊外線を示していますが,ほぼ全線適用のようです。
知りませんでした。

長い路線を調べてみると,例えば 「倉橋島線」(昔,山田洋次監督が この島を舞台に 倍賞千恵子さん主演の映画「故郷(ふるさと)」を撮りましたね。)で 「呉駅前」 から終点の 「鹿老渡」まで 乗車時間  1時間20分~1時間30分,運賃 1,030円で 夫婦二人で往復すると 4,120円。これを 400円で乗れるということですね。

「これはいい。」 と思いましたが,「何しに行くの?」とワイフに言われました。

|

« リサイクル? | トップページ | この時季,太刀魚の刺身は 外せない。 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リサイクル? | トップページ | この時季,太刀魚の刺身は 外せない。 »