« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の29件の記事

2010年2月28日 (日)

広島の 「堀川ごぼう」

Img_6393Img_6391

京都市左京区堀川で作られるという 「堀川ごぼう」です。

徒ならぬ太さです。

ワイフが 広島県呉市の「そごう」前で 週1回開かれる野菜売りの屋台で 見つけて買ってきました。広島県のどこで作ったかは 聞き漏らしたそうです。

中央の巣に肉を詰めて煮る,などの料理があるようです。
さて,これを どのように料理するのでしょうか?

| | コメント (0)

2010年2月27日 (土)

鞄の中にライターが・・・

国内線航空機に持ち込み可能なライターは1個だけで,よく承知しており 上着のポケットにライターを入れていますが 鞄に中にライターを入れておくことはありません。少なくとも 意図的に入れることはありません。

広島への帰り,羽田空港の手荷物検査場のX線検査で ライターが入っているから鞄を調べさせてくれ,と言われました。

同じ鞄を2日前に 広島空港で通過させているので まさか,と思いましたが 開けて調べました。Hartmann の Overnight Business Traveler は ポケットや 仕切りが多く なかなか見つかりません。持ち主の私自身に心当たりがないので 大変です。
「ライターが あるはずはない。もし,無かったらどうする。」 などと下品なことは言わず,真面目に協力して探しましたが,見つかりません。時間がかかるので X線画面を見ているスタッフに どの辺りに映っていたか尋ね,場所を特定して やっと発見することができました。
見覚えあるライターでしたが,いつ 入れたのか記憶にないくらい昔に入れたものと思われます。

ライターが 入りっぱなしのこの鞄で 何度 空港の検査場を通過したことでしょう。

優秀な検査員でした。

前日の25日,羽田空港は濃霧のため欠航,遅延で4万人近くに影響があり,26日は 南風の影響を心配していましたが,30分の離陸遅れのみで帰ることができました。

| | コメント (0)

2010年2月26日 (金)

汐留風景

Img_6374_2「汐留住友ビル」横の通路の雨避けの屋根。左は 「ゆりかもめ」汐留駅です。

Img_6376

見上げると 左に 共同通信,パークホテルが入る「汐留メディアタワー」,奥に 「日本テレビタワー」,左に 資生堂,ロイヤルパークホテルが入る「汐留タワー」が見えます。

Img_6377

Img_6381

「汐留住友タワー」にある“Hotel Villa Fontaine Shiodome” の10階客室前の廊下からロビーとそれに続く1階フロアーを見下ろしています。無駄な装飾のない贅沢な 吹き抜けです。

見慣れた何でもない風景でした。
しかし,都会です。

| | コメント (0)

2010年2月25日 (木)

東京を離れて 早半年。

先々週に続き の東京出張 2泊3日です。

夕方,「ゆりかもめ」に乗りました。満員でした,少なくとも出入り口付近は。
「奥に詰めない。」,「グループで乗って話をするのに間隔を開ける。」,「肩に鞄を掛ける。」等々,頭痛がする車内です。高々 5分の乗車で気が滅入ります。
転勤する半年前まで こんな状態で毎日通勤していたと考えると 今の暮らしは天国です。

Img_6362

定宿になりつつある 「Hotel Villa Fontaine 汐留」で Drip Coffee でも飲みましょう。

「煎茶」と「梅こんぶ茶」もあります。

Img_6365

ちょうど本社に備蓄している 災害時用非常食「乾パン」の賞味期限が近づき,入れ替えをしていたので ホテルでの夜食用に一缶持って チェックインしました。氷砂糖も入っています。

質素な出張です。

| | コメント (0)

2010年2月24日 (水)

照明器具 付け替え完了。

去年8月末に 15年ぶりに,転勤で 自宅に戻ると,何世帯かに貸しているうちに,照明器具が そのままにしてはおけないデザインの照明器具に替わっていました。

付け替えるため,主だった照明器具メーカーからカタログを取り寄せ 検討しましたが,思っていたより値段が高いこともあって なかなか決まらないまま半年近くが経過しました。

そしてこの度,コスト・パフォーマンスを考えながら 6灯の付け替えを決行しました。 全て 電球色に統一しました。

Img_6353_2

ダイニング・テーブル上の ペンダントライトです。スティール製の笠に ボール電球です。(写真は露出を絞っています。)
無理のないデザインです。「三菱電機」の製品です。

シーリング・ライトは「コイズミ」です。

Supportaペンダントライトを 天井の電源(ローゼット)位置とは違う場所にぶら下げる場合,天井にフック・ボルトを打ち込む方法が直接的ですが,テーブルを移動させることを考え 位置調節可能な方法として,ペンダントライト用のサポーター(“Bar Hanger” or “Beam Hanger”) を介することにしました。
調べた範囲では 「パナソニック」,「コイズミ」,「ルイス・ポールセン」(ペンダントライト “PH4/3” や “PH5” が有名ですが,デザインも値段も 私の許容範囲外で遠慮。),「オーデリック」 などが作っていて いずれも ローゼットに取り付け,腕が360°回転して 半径 400mm~600mmの円内の任意位置にぶら下げることができます。
写真は今回,取り付けた「コイズミ」の製品で 許容質量は 2kgです。

購入した ペンダントライトは シェードがスティールのため 質量が 2.2kg あって 許容質量を越えていたので 腕の長さ 400mm一杯の位置に下げないように注意する必要があります。どの部分の強度がクリティカルか分かりませんが,基部の発生モーメントを抑えれば大丈夫でしょう。

時代に逆行しますが,家庭の照明は 白熱灯がいいですね。明るいほうが好きですが,明るければいいというものでもないでしょう。

| | コメント (0)

2010年2月23日 (火)

クリスマスローズ 3種(その2)

Img_6317 Img_6319 Img_6320

次々に クリスマスローズが 花を付けています。

| | コメント (0)

2010年2月22日 (月)

呉市散歩,海軍墓地など

Img_6335晴れた日曜日なので 歩きました。
自宅から 少し歩いて 花見の名所 「寺本公園」に着きました。
灰ヶ峰の麓の傾斜地に民家が建ち並んでいます。

Img_6336

Img_6337

更に少し歩くと 「海軍墓地」(長迫公園)があります。公園管理棟に入ってみました。
墓地に祀られている 艦艇の写真・絵が掲示されています。

Img_6342傾斜地にある海軍墓地の一番高い場所に展望所があります。
呉湾を隔てて 江田島がかすかに望まれます。

その後,呉越え峠の途中まで行って引き返し,「千福」の裏を通って市の中心地に出て 帰宅しました。

2時間30分の散歩でした。
                            

| | コメント (0)

2010年2月21日 (日)

Confiture de kiwi-lait

Img_6312Img_6314

大分県湯布院の「(株)シェ・タニ」さんの “Confiture de kiwi-lait”(キウイとミルクのジャム)です。

製品には 「ジャム」と書いてありますが,“confiture” は 「糖菓」又は「果実の砂糖漬け」と辞書にあります。

うまければ,どっちでもよいでしょう。

| | コメント (0)

2010年2月20日 (土)

Mr.Bethune, why didn't you ・・・・?

Mr. Pete Bethune,  why didn't you crash your jet ski on a bow of the Japanese whaler as you had done Kamikaze with your Ady Gil?
You won't be able to present a demand for $30,000 to the captain of the Japanese vessel to replace the jet ski.

Sorry, you can do anything alive no longer if you crash the jet ski.

In Japan,we have a word “ATARIYA” which means a criminal who deliberatedly gets knocked down by a car for the purpose of extortion.
And “ATARIYA” may sometimes lose his life by his failure.

Mr. Pete Bethune, have good years as a prisoner in Japan on charges of ‘ATARIYA’ and ‘break-in’!

-なんてことを 言ってみたいこの頃です。
拙い英語で通じる?

|

デロンギのオーブン買い替え

10年以上使っていたと思われる ワイフ愛用の「デロンギ」のオーブンが壊れました。ダイアルのプラスティック・シャフトの破損です。
修理に 8,000円かかるというので ワイフは 買い替えを決断し,ネットで購入したそうです。

Img_6294

前と同じコンパクト・タイプですが,若干のデザイン変更があるようです。

DeLonghi,Convection Oven EO 1900J”。
“convection”(対流式) のため 右側面に ファンが付いています。

「白」と「黒」のボディーに  ダイアルの「赤」が効いています。

| | コメント (0)

2010年2月19日 (金)

この時季,太刀魚の刺身は 外せない。

Img_6288一盛 250円の 「太刀魚の刺身」です。この冬,何度目でしょうか。

厚みのある新鮮な太刀魚は 刺身で食するのが最高です。
この時季,ここ広島県呉市近辺では 太刀魚漁の最盛期です。

と,言っても 15年前まで 20年以上住んでいたときには 何故か 食べていた記憶がありません。

Tachiuo

左の写真(呉海上保安部による)は 1月下旬,呉市蒲刈の海上を漂流中を,第六管区海上保安本部のヘリコプターが発見した,数千匹(?)のほぼ死んだ太刀魚がギッシリ入った網(長さ:7m,幅:4m,深さ:3m)です。

発見された翌日に 持ち主(落とし主)が名乗り出ました。曳航中のまき網のロープが 途中で破断したとのことでした。
重すぎたのですね。惜しいことをしました。

| | コメント (0)

2010年2月18日 (木)

どこまで乗っても100円のバス

広島県呉市にUターン転勤で15年振りに戻って 6ヶ月経とうとしています。通勤用に 市営バスの定期券を持っています。

先日,呉駅前のバスターミナルで 待ち時間をつぶすために あちこちに貼っているビラを眺めていて 「環境(エコ)定期券制度」というのを見つけました。

Img_6286

適用日(土,日,祝休日)に 定期券を持って乗れば,本人と同伴者(同居家族)は 券面表示区間外であっても 1乗車(どこまで行っても) 100円』 と書いてあります。

除外区間として 空港線や広島市までの郊外線を示していますが,ほぼ全線適用のようです。
知りませんでした。

長い路線を調べてみると,例えば 「倉橋島線」(昔,山田洋次監督が この島を舞台に 倍賞千恵子さん主演の映画「故郷(ふるさと)」を撮りましたね。)で 「呉駅前」 から終点の 「鹿老渡」まで 乗車時間  1時間20分~1時間30分,運賃 1,030円で 夫婦二人で往復すると 4,120円。これを 400円で乗れるということですね。

「これはいい。」 と思いましたが,「何しに行くの?」とワイフに言われました。

| | コメント (0)

2010年2月17日 (水)

リサイクル?

Img_6277“Abercrombie & Fitch” のポロシャツに付いていた Hard Tag  を利用して バス・ルームのドア・ノブにぶら下げる札を 作ってみました。

Img_6276

| | コメント (2)

2010年2月16日 (火)

桃の花が咲いていた。

Img_62791週間前 蕾だった,近くの公園の桃の花が咲いていました。
小さいながらも 鮮やかな色です。

Img_6282Img_6280

| | コメント (0)

2010年2月15日 (月)

“Abercrombie & Fitch” の Classic Polo

「アバクロ」の “THE CLASSIC POLO”(製品タグの表示。Web Site では “Vintage Polo”) を買いました。
20歳代前半層がターゲットらしい 「ヴィンテージ風カジュアルブランド  『アバクロ』」(“Abercrombie & Fitch”)の 製品を60歳過ぎの男が着てみようという厚顔無恥にして大胆な試みです。

Img_6255

紙袋も大胆です。

Img_6257

選んだ色も大胆です。
Pink” or “Bright Red”?

胸のマークは “Moose”(ヘラジカ)なんですね。

DEER BROOK”という名前のようです。
「鹿の湿地?小川?」

Img_6258

襟裏に 何故か “MUSCLE” です。
Webの製品説明には “100% cotton pique, Supersoft, velvet neck taping and reinforced side gussets, moose embroidery, Vintage Abercrombie Wash, Muscle Fit” と書いています。
Muscle Fit” なんですね,意味が分かりませんが。

分かりませんが 袖が短く,上腕が強調されるので,この歳で効果があるかどうか分かりませんが,明日から “push-up” を始めて 上腕三頭筋と大胸筋を夏までには何とかしなければ・・・。

着丈が長く,細身で やはり 若者向けのデザインです。
素材は 上記のように “cotton pique”,「ピケ」は英和辞典上は 「畝織り」で 今まで そう思っていましたが,これは「鹿の子編み」(表目と裏目をタテ・ヨコ交互に組み合わせる編み方)です。「鹿の子編み」が 「ピケ」ということを初めて知りました。

| | コメント (0)

2010年2月14日 (日)

汐留と 雨の銀座

建国記念日の木曜日,昼前に東京に着き,午後 仕事をして汐留のホテルにチェックイン。

Img_6253_2去年9月の転勤以来,東京出張時に泊まるのは 場所の便もあり(「羽田-会社-ホテル」の電車による移動に 雨の日でも傘不要), 「ヴィラ・フォンテーヌ汐留」にしています。今回で4回目。

謂わば 「洗練されたビジネスホテル」です。
が,ダブルもツインもあります。

今回はダブル・ルームのシングル・ユース。

Img_6244汐留で夕食を摂った後,銀座方面に向かいました。
建国記念日 午後7時,汐留の地下通路に人影がありません。

贅沢な空間です。

Img_6248

外は冷たい雨でした。

Img_6250

銀座6丁目の “Abercrombie & Fitch” に着きました。

日本初上陸,12月のオープン日には数百人が列を作ったと報道された店の前は もはや静かです。

試しに入ってみました。
11フロアが売り場,12階建てビルの7階までエレベータで上がり吹き抜けの階段で降りていきました。

大音量の音楽」 と 「香水」 と 「スポットライトのみの照明」に迎えられますが,年寄りには強すぎる刺激です。(「刺激と感じるので 五感のうちの三感は健全」 ということにしておきましょう。)

大音量の音楽」で 店員からの商品説明を聞くのに苦労します。
レジのお嬢さんに 軽いジョークを言いましたが,大声ではジョークを言わないので 聞き取れなかったようで 聞き返されました。ジョークを2回は言えません。

香水」は 商品に移り,買って帰ったポロシャツを部屋においていたら 部屋中に香りが広がり,ワイフからクレームが出ました。早速,洗濯が必要です。Washed を 更に wash です。1回では 取れそうにありません。香水嫌いには 迷惑です。

スポットライトのみの照明」では 商品の色に確信が持てません。窓などないので 「ちょっと自然光の下で-」と言うわけにはいきません。また 商品陳列部分でない場所は暗いので 何回か躓きそうになりました。

以上 「還暦過ぎオノボリサン」 の “Abercrombie & Fitch” 探訪報告でした。

| | コメント (0)

2010年2月13日 (土)

アップルパイ(再登場)

Img_6172

Img_6169

北九州市八幡西区黒崎商店街「洋菓子のカワグチ」さんの『アップルパイ』です。

ハーフサイズで 26cmあります。

| | コメント (0)

2010年2月12日 (金)

JR九州の車両

Img_6163

久しぶりに JR九州の電車に小倉から乗りました。
直方経由博多行きの2両編成です。

JR九州の車両デザインはJR東日本やJR西日本の車両と違い 斬新です。

内部も 「合板の背もたれ」など 思い切った材質とデザインが新鮮です。

| | コメント (0)

2010年2月11日 (木)

「節分」の次は「桃の節句」

Img_6226

帰宅すると 雛人形が出迎えてくれました。

歳をとると 時間が経つのは早いものです。

| | コメント (0)

2010年2月10日 (水)

「男の料理」 全3巻

Img_62221979年から1981年にかけて小学館から出版された 「男の料理」 3冊です。

ちょうど 年齢制限で独身寮から追い出され アパートで生活を始めた頃から 結婚までの独り生活の期間に購入したものです。
これを参考に 料理をやろうと思ったのかどうかは覚えていませんが,内容はよく覚えており 料理はしなかったにしても 読み物として楽しんでいたことは確かです。

Img_6217

1冊目 第1刷は 1979年11月1日 発行,\1,900。「ローストビーフ」から「関西風魚すき」まで 50の料理が紹介されており,懇切丁寧な料理方法が写真入りで説明されています。

料理マニュアルの他に 「グルメの食味 31話」,「味の随想」,「男の料理 見所」,「男の料理 カンどころ」,「調理の決め手 素材114訓」などの小文とともに 「男の料理のための調理道具」,「これだけは揃えておきたい調味料」,「男の料理基礎用語事典」に「材料別索引」が付いて ほぼ完璧な 男の為の 『料理本』です。

Img_6219

1年後,1980年10月に 「続 男の料理 『私もつくる』」が発行されました。
各界の著名人 40人が得意料理を紹介しています。(「週刊ポスト」の連載から転載。)

スタートは 文化人類学者・梅棹忠夫氏の「タルタルステーキ」と「ガスパッチョ」,締めは 物理学者・故 茅誠司氏の「水炊き」です。社会学者・故 清水幾太郎氏の「ペッパーステーキ」と「レタスサラダ」は 作った記憶があります。(簡単なので。)
ワイフは 後に 映画監督・羽仁進氏の「サモサ」を見て 幾度となく作りました。

Img_6220更に1年後,1981年12月に 「続々 男の料理 『コツのコツ』」が発行されました。
全国有名店の調理人が調理法方を披露しています。

『鳥茂』の「混合焼」,「つくね焼」,「子袋刺身」で始まり,『ホワイトホースセラー』の「豚バラ甘酢煮」と「ポテトサラダ」で締めています。

完全リタイアを数年後にひかえ,30年ぶりに 見直してみましょうか。

| | コメント (0)

2010年2月 9日 (火)

梅の花

Img_6193

近所の公園の梅の木が花をつけていました。

Img_6177

Img_6188

Img_6204

Img_6201

 

薄紅色の梅です。桜と違って  華やかさは控えめですが,この季節に合います。

Img_6198_2Img_6194_2 

桃も蕾をつけていました。

| | コメント (0)

2010年2月 8日 (月)

「仕事は 楽しいですか?」

『「仕事は 楽しいですか?」 と尋ねる人に
「同じ質問を,坑道から上がってきたばかりの 汗と炭塵で真っ黒な顔をした炭鉱夫にできますか?」 と問い返したい。』
と 昔(就職前,約40年前),読んだ本に書いてあって それが ずっと記憶に残っています。

「 『楽しい/楽しくない』 というレベル・尺度で仕事を評価するものではない。」 ということでしょうか。

炭鉱の落盤や粉塵爆発の危険の中で働いている人は現在はいないかも知れませんが,仕事の本質は 変わらないでしょう。

「仕事は楽しいに越したことはない。」 という考えに異論はありませんが,「仕事は楽しくあるべきだ。」とは思いません。

会社人生の終わりに 「仕事は楽しかったか?」 という自問は なし,としましょう。

あと数年でリタイアです。

| | コメント (3)

2010年2月 7日 (日)

初たけのこ

Img_6157_2

何と言う種類の筍か分かりませんが,小さな筍です。

本年,初のたけのこを ワイフが 広島バスセンターの切符売り場前のスペースに出ている店で買ってきました。

広島県東城町産だそうです。雪の下から掘ったのでしょうか。

皮ごと焼き,「猿にラッキョウだなあ。」と呟きながら皮を剥いていくと 一口で食べられる大きさになりました。
が,それなりの風味がありました。

| | コメント (0)

2010年2月 6日 (土)

“Hooters” の意味は?

Hooter” の まともな意味は 「ふくろう」です。

Hooters アメリカ と カナダに ,「ふくろう」マークの “Hooters”と言う名前の 「カジュアル」なレストラン・チェーンがあります。このレストランは,ウェイトレスの「タンクトップ」 と 「ホットパンツ」の,かなり 「カジュアル」なユニフォームで有名(?)です。したがって 日本に進出するのは無理(?)と思われる店です。
イチロー選手がルーキーだった年,恒例の私服隠しにあって 替わりに用意されていたのが このユニフォームでした。彼が このユニフォームを着て飛行機に乗って帰るところがテレビで流されていました。

昔,アメリカのある都市に出張したとき,リエゾンとして駐在していた同僚の御ひいきの店が “Hooters” でしたが,一人では入りにくいので 出張者が来るたびに この店に連れて行っていました。私もこの店で 「ザリガニ」,「クラム」,「チキン」などを食べました。
店では ピックアップされたウェイトレスをモデルにした写真のカレンダーを売っていて 私が買いそうな顔をしているのか,ウェイトレスが売りに来ることがあります。「君は何月のモデル?」くらいの冗談は言いますが 買ったことはありません。

何度目かに この都市に 若い同僚と訪れた時,うわさのこの店に行ってみたいと言い出しましたが,リエゾンは既に帰国していたので,店の場所が分かりません。「それじゃあ,聞いてきます。」と 彼は ホテルのフロントにいた若い女性スタッフに  “How can I get to ‘Hooters’?” と尋ねました。
すると クスクスと彼女が笑うのです。
理由が分かりませんでしたが,とにかく 「シーフード」なんかが食べられるレストランだ,とか何とか言って 教えてもらえました。

後から,彼女が笑った理由が気になって調べてみました。

hooters” は “breasts” のスラングでした。つまり 日本語では 「おっぱい」でした。

How can I get to your ‘hooters’?” と 間違って言わなくてよかったと 二人で笑いました。

まともな言葉と思っていても スラングで如何なる意味が隠されているかも知れません。だとしても,ほとんど 中学,高校で習った英語だけで会話している者には対処しようがありません。

昨夜,NHK BShi で 「ワイルド・ワイルド・ウェスト」を観ていたら,ウィル・スミスが “boobs” と言いました。字幕は「おっぱい」でした。勉強になりました。

(追記)
2010年10月に 「日本1号店が 赤坂見附にオープン」 と報じられました。
本社勤務の Hooters ファンの連中(米国出張で店に行ったことがある)が Hooters クラブを作る,とメイルがありました。

| | コメント (1)

2010年2月 5日 (金)

お茶をかけない 「茶漬」?

Img_6125「茶漬」と商品名にありますが,スープ入りで お茶はかけません。

下関市の「(株)ほんぽ」さんの製品です。

あまり売れ行きがよくなかったのか,賞味期限 1ヶ月前に \50/食で 購入。

| | コメント (0)

2010年2月 4日 (木)

駅前広場が暗いのでは?

15年ぶりに 関東から 広島県呉市に  Uターン転勤で戻ってきて まず感じたことは 町が暗いことでした。雰囲気が暗いのではなく,物理的に暗いのです。

JR呉駅前が まず暗い。15年前までは こんなに暗くはなかった,と思って見渡すと,駅前広場の中央に立ち 四方を照らしていた高さ30mほどの照明塔が 点灯していません。

Img_6065
折角の設備を,しかも観光に力を入れている市の玄関口正面の照明を修理せず,壊れたまま放っておくのは如何なものかと思い,市役所のホームページから 市長宛にメールが送信できるようになっていたので その旨,メールしました。

1週間後に 「発信人名:Mayor」 で返信がありました。
曰く:
「・・・・・呉駅再整備の際のシンボルとして設置されたものですが,老朽化により倒壊の恐れもあるため,今年度中に撤去する予定です。
 なお,呉駅前については,広場として必要な明るさは確保されていると考えていますが,市の玄関口である旨を考慮し,今後,調査検討していきたいと思います。・・・・」

駅前広場としての必要な明るさに関しては 法令も条例も規程もないでしょうから,判定は難しそうです。

首都圏の幹線駅前の明るさに15年間慣れてきた感覚で 呉駅前の明るさを論じるのは無理があるのかも知れませんね。

| | コメント (0)

2010年2月 3日 (水)

クリスマスローズの季節

Img_6119_2

今年も クリスマスローズが咲き始めました。

Img_6121

派手さはありませんが,趣があります。

Img_6123

これから半年近く 咲き続けます。

| | コメント (0)

2010年2月 2日 (火)

健康五穀パン

Img_6152呉市の 「(株)クレスト」製 “健康五穀パン” です。

小麦粉に 「五穀」が入っているようですが,「五穀」の内容説明がありません。

イースト菌ではなく 酵母菌を使用しています。

味は悪くありませんが,若干,砂糖を入れすぎの感があります。「甘ければ おいしい。」という感覚は分かりません。甘いだけなら 味付けは素人でもできます。

| | コメント (0)

2010年2月 1日 (月)

生涯,二つ目の 眼鏡

若い頃は,昼間 星が見えるほど(ウソ) 眼が良かったので眼鏡をしたことはありませんでした。
10数年前に 初めて眼鏡を買いました。老眼鏡です。
新聞のチラシ 「新規開店, “フレームとレンズで1万円”」 で買いました。
還暦を過ぎて 少し合わなくなったようなので 買い換えることにして 眼鏡店が目に付くたびにフレームを探していました。
しかし,気に入ったものがなく,更に不思議なことに,他に客がおらず 暇そうにしているにも拘わらず 希望の形を説明しても カタログを持ってきて一緒に探そうという商売気がある店がありませんでした。

希望のフレームは

  • 材質:メタル(目立たない色)
  • 形状:オーバル(片側のフレームで 垂直,水平各中心線に対してそれぞれ対称,長径・短径比 約2.0)
  • テンプル位置,ほぼ水平中心線付近。

の三つでした。
先週 立ち寄った初めての店には やはり展示しているものには 条件に合致するものがありませんでした。
そこで 条件を口頭で伝えると 形をイメージできなかったのか メモ用紙を出してきて 「描いて下さい。」とのこと。
描いて説明すると カタログを出してきました。
その中から いくつか選ぶと 「仕入れておきます。入ったら連絡します。」
となって 取り寄せてくれた4つのフレームから選んで 二つ目の老眼鏡を購入しました。

Img_6142_2チタンの渋い色で シンプルなデザインです。デザインを感じさせないデザインがよろしいです。

Img_6151ノーズパッドがないので,更にシンプルです。

ブリッジが水平中心線付近にあって これのみで支えます。昭和初期までの眼鏡には ノーズパッドはなかった(?)と思うので クラシックな雰囲気ですが,実用上問題なさそうです。ピッタリ掛けると 睫毛が レンズに触れる感覚がありますが,老眼鏡は 少しずらし気味に掛けるので大した問題ではありません。

ところで 老眼鏡を英語では何というか,調べてみました。

  • spectales for presbyopia (老眼用。医学用語ですかね,ラテン語のようで堅苦しくて通常会話には出てこないし,native speaker でも 皆,知っているかどうか疑問ですね。)
  • presbyopia spectacles (上と同じ。“spectacles” も堅いですね。通常は “glasses”でしょうね。)
  • convex glasses (凸面。レンズの形状ですね。)
  • far-sighted glasses (これは遠視用ですね。)
  • reading glasses (もっとも一般的と思われます。)

    今回,購入した店は 最近,超合理的経営でうわさの(?)「メガネ21」呉駅前店でした。(12月18日,テレビ東京 「たけしのニッポンのミカタ!スペシャル」で紹介された店。広島では ほぼ1ヶ月遅れで放映。)
    経営手法は さておき,サービス,対応,値段は合格でした。

      | | コメント (0)

      « 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »