« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の31件の記事

2010年3月31日 (水)

春に気付かず

Img_6688帰宅して 玄関に “菜の花” があるのに気がつきました。

「いいね。」 と私。

ワイフ 「何言ってるの,1週間前からよ。」

| | コメント (2)

2010年3月30日 (火)

春らしい包みの「かるかん饅頭」

Img_6663春らしい包みです。

Img_6665

中身は 好物の「かるかん饅頭」です。

鹿児島銘菓ですが,福岡にもあります。
福岡市 「菓舗 うぐ島」さんの 「九州銘菓 かるかん」です。

「かるかん」の原料は 山芋 と かるかん粉(上新粉)です。

Img_6666

この季節特製で 桜の花付きです。

| | コメント (0)

2010年3月29日 (月)

先週につづき 脚ならし。

今週も 自転車で 昼過ぎから 近くをゆっくり走りました。脚ならしです。

Img_6668

今回は 呉市 旧市内を出て広方面に向かうことにしました。
1994年まで呉市に住んでいる頃は 「呉越え」の長い坂を登りましたが,2002年に休山を貫く 「休山トンネル」(国道 185号,休山新道の一部)が完成して 楽に 阿賀町に出ることができます。

Img_6670

阿賀側の入り口です。

「休山トンネル」は長さ 1.7km,片側に 歩行者/自転車用の道路が設置されています。当初,排ガスと騒音が問題になり,2年後に 分離壁が設置されました。

Img_6675

広町の交差点を右折し 長浜方面に向かいました。
緩やかな坂を登ると 瀬戸内海が見えてきました。

Img_6679

海岸沿いの道を走ると そのうち初めて見る吊橋が現れました。
川尻町から「下蒲刈島」に架かる 「安芸灘大橋」(支間長:750m)です。
リハビリを終えて 来月,この橋を通って「下蒲刈島」に渡り,更に「上蒲刈島」を 一周する計画です。(自宅からの 推定距離:60km。)

仁方(にがた)に出て 左折し,帰路に就きました。

Img_6682

途中,広市民センター向かい側にある「長崎チャンメン」で 遅い昼食。
「チャンメン」と「ちゃんぽん」の違いが分かりません。
「中華丼」とのセットを注文しましたが,還暦過ぎの身には 贅沢過ぎました。

Img_6686

走行距離:27.49km でした。
ぼつぼつ 距離を延ばしていきましょう。

| | コメント (0)

2010年3月28日 (日)

久しぶりに 「こだま」に乗ったらー

九州に行く用事があって 土曜日 朝7時半過ぎに 呉駅の切符売り場で新幹線の指定席を買おうとすると 呉線に接続して九州に向かう「のぞみ」は広島で満席,次の「ひかり」は 50分待ちで 空きは6席とのことで,それならと 大した距離ではないので 「こだま」の自由席に乗ることにしました。

Img_6656「こだま」に乗ることはほとんどなく(新幹線にも あまり乗りませんが),「こだま」と言えば “0系”車体のイメージが強かったのですが,入ってきた車両は 8両編成の “500系” でした。

これは 「のぞみ」に使われている車体と思っていました。
いつから「こだま」に使われ始めたのでしょう。

Img_6650_3

車内は空いていました。
断面のカーブがきつい特徴ある車体です。

 

Img_6649

Img_6655

全席禁煙で 3号車に「喫煙室」がありました。
N700系「のぞみ」の喫煙室は 片側に 4人用がありますが,500系は 窓がない3人用喫煙室が両側にありました。

各駅停車にはもったいない電車です。

| | コメント (0)

2010年3月27日 (土)

DRETEC の タイマー

Img_6596川口市にある(株)ドリテック さんの タイマーです。

最長 セット時間:100分39秒(要するに 99分99秒)。

無駄な 装飾がないデザインが結構ですね。

| | コメント (0)

2010年3月26日 (金)

支間長:367mの 若戸大橋は 東洋一の吊橋だった。

Img_6658 北九州市の洞海湾を跨いで 戸畑区と若松区を繋ぐ「若戸大橋」は日本の長大橋の魁となった吊橋です。

東京オリンピックの二年前,昭和37年(1962年)に完成し,支間長:367mは東洋一でした。完成時には戸畑区と若松区を会場とする「若戸大博覧会」(若戸大橋完成記念-産業・観光と宇宙大博覧会)が開催され,当時 中学2年生で 北九州に住んでいた私は 遠足で行き,エレベータで橋台を上がり 歩道を歩きました。

見上げる主塔は 構造物として初めて見る巨大さで距離感覚を狂わせるものでした。

(注:北九州五市 - 門司市,小倉市,戸畑市,八幡市,若松市-が昭和38年に合併して北九州市となる。若戸大橋完成は 合併前で 正確には 戸畑市と若松市を結んだ。
蛇足:北九州五市が合併するときに調整すべき課題のひとつに 市庁舎をどこに置くか-がありました。私の記憶では 五市のうちで 面積が狭い割に大企業が多く,最も財政的に裕福だった戸畑市は合併の条件として 市庁舎を 小倉市,戸畑市,八幡市の三市が隣接する丘陵地帯とすることを条件とし,それが合意されることで合併に調印しました。ところが 合併決定後の九州工業大学教授による地質調査結果,「予定地の地下に廃坑があって ビルを建てるのは不可能」 との報告が出て,極めて単純な代替案として小倉に市庁舎が移されました。当時,中学生ながら この不手際に 釈然としないもの,あえて言えば 欺瞞性を感じました。)

(若戸大橋の話にもどる) 東洋一の支間長と言っても当時世界一の「ゴールデンゲート橋」(1937年完成)は 1,280m1883年に完成した ニューヨークの「ブルックリン橋」でさえ 486mあり,367mの支間長は 世界的にはささやかなもので 日本の橋梁設計・建造技術は この時,まさに黎明期でした。 

若戸大橋から 30余年後の1998年に完成した 明石海峡大橋は 支間長 1,991mで世界一であり,今や 日本の橋梁技術は世界最高レベルとなっています。

「若戸大橋」を 思い出したのは 広島県呉市の上蒲刈島にサイクリングに行こうとルートを調べていて「安芸灘大橋」を知ったからです。

かつて呉市に住んでいて この島にサイクリングに行くときはフェリーに乗っていましたが いつの間にか 本州と下蒲刈島間に「安芸灘大橋」が出来ていて(2000年),下蒲刈と上蒲刈を結ぶ 「蒲刈大橋」が以前からあるので 自転車でそのまま行けるようになっていました。

この「安芸灘大橋」を調べると 何と 支間長 750m,かつて 東洋一だった「若戸大橋」の 2倍の長さがある立派な橋のようです。

「若戸大橋」は その後 若松区に住宅地が広がり,最近は企業が進出して1987年に 渋滞対策のため 歩道を廃止,拡幅して 2車線から4車線になっているようです。

さらに 慢性化した渋滞対策のため 新若戸道路(トンネル)の建設が進められているとのことです。 

それに 比べ 「安芸灘大橋」 は・・・・。

| | コメント (0)

2010年3月25日 (木)

小鰯,魚箱一杯 \280也。

Img_6639_3 小鰯です。

氷と一緒なので 重さは不明です。
何匹か,数えてないので不明です。200~300匹?

コノシロが混ざっていました。

Img_6642_2調理下準備中。

手前は 「団子」に,奥は 「てんぷら」になる予定(らしい)。

クロマグロがなくても 日本には安くて 栄養がある鰯があります。

しばらくは鰯を食べましょう。

| | コメント (0)

2010年3月24日 (水)

そろそろ脚ならし。

去年の秋,広島県呉市に15年ぶりに転勤で戻り,季節も 穏かになりつつあるので  そろそろ 「江田島/能美島」 や 「上/下蒲刈島」 を自転車で走ることを考えています。
が,還暦を過ぎて1年余り 体力に自信がなくなったので  脚ならしに 三連休の最終日,少し走ってみました。

Img_6607

Img_6612

先ずは 二河峡公園に行きました。
大した坂道ではなく,距離もありませんが,後続のワイフが先にギブアップするのを期待しながら やっとの思いで公園に着きました。
予想に反して 彼女は 全く問題なかったとのことでした。この数年で体力が逆転しています。
身体も 20年前のクロスバイク も メインテナンスが必要です。

Img_6618

二河川に沿って 海に出ました。

前日までの強風はおさまり,穏かな海でした。

Img_6624

「かもめ橋」を渡って コーヒーを飲みに クレイトンベイ・ホテルに寄りました。
「ベル・キャプテン」がいる,呉市内 唯一のホテルです。

東京勤務時代,呉への出張時に泊まる第一候補でした。
もう 泊まることはないでしょう。

Img_6625_2

大和ミュージアムの前を通り,蔵本通りを北上して帰宅。

島を一周するには もう少し 訓練が必要のようです。

| | コメント (0)

2010年3月23日 (火)

呉市,花めぐり。

3連休の最終日,呉市内をポタリングで 花を見て回りました。

Img_6609

二河峡公園の 染井吉野,蕾が一杯です。
あと1週間で満開でしょう。

Img_6610

Img_6615

二河川沿い 中央中学校の 陽光桜(?)。

Img_6629

蔵本通り公園の「乙女椿」です。
通り沿いに 多く植えられているのに初めて気がつきました。

Img_6627

遅咲きの椿です。
春らしい薄い桃色です。

Img_6630_2

「辛夷(コブシ)」と「乙女椿」です。

Img_6635

境川沿いで 満開の「陽光桜」です。
名札が下がっており 最近 植えられたようで まだ細い幹です。

「陽光桜」は 「寒緋桜」と「吉野天城」の交配品種とのことです。

| | コメント (0)

2010年3月22日 (月)

20年前のヒップ・バッグ

Img_6599約20年前に購入したヒップ・バッグです。
購入した時の紺色が色褪せています。

その頃,健康のため 自転車に乗り始め,当初はbackpack を使っていましたが,背中に汗をかくのが嫌で ちょうど新聞か雑誌に載った このヒップバッグを通信販売で購入しました。
かなり大型で 宣伝文には 「A4 ファイルが入り,米国南極観測隊も使用。」などと書かれていたのを覚えています。

Img_6602

BANSHEE ATHLETICS INC.” とありますが,現在 検索しても このメーカーは見つかりません。

しかし,現役です。

| | コメント (0)

2010年3月21日 (日)

花見準備完了。

Img_6579ベランダから見える広島県呉市の寺本公園に いつの間にか 「ぼんぼり(雪洞)」が下がっているのが見えました。

広島県では 20日,桜開花宣言が出たそうです。
気温が20℃を超えました。

Img_6583

公園に行って見ました。

準備は出来ているようです。

Img_6585

Img_6591

Img_6587_2

全般にまだ蕾ですが,いくつか開き始めているのを確認しました。

さて,あと1週間?

| | コメント (0)

2010年3月20日 (土)

日本伝統色折紙(四季の色)

Img_6538Img_6541

たまたま さる所で見つけて買いました。
題して「日本伝統色折紙(四季の色)」。
四季とは言え,月毎に12色×10枚の120枚,\100でした。

中身は-

  • 1月 深緋(こひき) (想紅とも言う。)
  • 2月 若草色 (恋待蕾とも言う。)
  • 3月 桜色 (夢宵桜とも言う。)
  • 4月 幹色 (花舞小枝とも言う。)
  • 5月 プラム (初恋薊-はつこいあざみ-とも言う。)
  • 6月 緑青(ろくしょう) (憧葛-あこがれかずら- とも言う。)
  • 7月 薄藤 (咲初小藤とも言う。)
  • 8月 薄蘇芳(うすすおう) (夢見昼顔とも言う。)
  • 9月 紺色 (恋路十六夜-こいじいざよい-とも言う。)
  • 10月 桔梗色 (想紫苑-おもわれしおん-とも言う。)
  • 11月 朱色 (恋染紅葉-こいそめもみじ-とも言う。)
  • 12月 ベビーブルー (勿忘菫-わすれなすみれ-とも言う。)

以上 12色です。趣ある色と名前です。
さて,これで何をしましょうか。

CAPIC(Correctional Association Prison Industry Cooporation)「矯正協会刑務作業協力事業」(京都)の製品です。

| | コメント (0)

2010年3月19日 (金)

シャーロック・ホームズの下宿

Shmovie映画「シャーロック・ホームズ」 を観ました。

内容も然ることながら,19世紀末のロンドンの様子が興味深く,楽しめました。
クライマックスの舞台となる工事中のタワーブリッジは 着工が1886年,完工が1894年で 映画の中では まだタワー間の橋桁が繋がっておらず 1890年代初めの時代設定と思われます。

10数年前の夏休みの1週間をロンドンで過ごした時,シャーロック・ホームズが住んでいた(設定の)Baker Streetにある下宿屋(博物館)を訪ねたことを思い出して 帰宅後,アルバムを出してみました。

ありました。

Room_sh_0002

シャーロック・ホームズのサイン入り名刺です。

住所は当然,Baker Street です。

Room_sh_0003

名刺の裏には Museum と書いてあり,地図もあります。
目立たない建物で 道往く人に 尋ねながら 探したことを思い出しました。

Room_sh_0001

これは 下宿屋のレシート?
Mrs.Hudson は映画の中でも出てきました。

1888年となっています。1881年から “221B Baker Street”の下宿屋に住んでいたことになっています。

Room_sh_0004

その時撮った シャーロック・ホームズの部屋の写真です。
重い雰囲気です。
階段と部屋の予想に反する狭さに驚きましたが,これがロンドンでは普通だったのでしょう。

| | コメント (0)

2010年3月18日 (木)

笑えない・・・話。

去年の秋,Uターン転勤で15年ぶりに広島県呉市に戻り,ワイフは 町の変貌を確認しながら散策しているようです。

先日,聞いた話です。
呉名物の細い坂道を歩いていると 見事な 木瓜(ボケ)の花が咲いている家がありました。
眺めていると その家の主らしい50歳代の男性がいたので
「りっぱな木瓜の花ですね。」と言うと,
「奥のボケの方がもっとスゴイです。」と主。

「そうですかー。」

「ええ,お袋ですが。」

「!」

| | コメント (1)

2010年3月17日 (水)

カワハギの刺身

Img_6498ここ広島県呉市では 「太刀魚の刺身」も然ることながら,「カワハギの刺身」も ポピュラーです。

中通り近辺に 無数に(?)ある「焼き鳥店」で しばしば食することができます。
ここ呉では 何故か 『ハゲ』と言います。

ヒラメ と区別が難しい歯ごたえがあり,美味です。

| | コメント (0)

2010年3月16日 (火)

かくれ Black Watch ファン

Black Watch Tartan は cool と思いますが,日本では 例えば 女子高生の制服など 女性の衣料に多く使われいて 還暦過ぎの私としては(若い頃からですが) 恥ずかしいので なるべく人目に触れないように着ています。

Img_6501

Img_6421

Img_6544 例えば コートのライナーと パジャマと フリースの裏です。

パジャマは 無印良品の ガーゼ生地,黒のガーゼの裏地付きの二重仕立てで 安眠が約束されます(?)。

因みに “The Black Watch” と 英語で検索すれば “Royal Highland Regiment” (要するに 歩兵連隊)が出てきます。ここらへんの歴史は相当複雑なので 触れません。

いずれにせよ Military Tartan なので,日本で女性衣料主体に好んで使われるのが不思議で,男が着て 何も恥ずべきことはありません。
だとしても スコットランドの伝統あるTartan なので 私は 敬意を払い,恐る恐る,隠れるように身に着けます。

| | コメント (1)

2010年3月15日 (月)

そろそろ春

土曜日の散歩中に見た春を感じる花々です。

Img_6517

呉市 境川沿いで見た 「コブシ」です。

Img_6518

Img_6520

Img_6527

呉市 中央公園の「ユキヤナギ」です。

Img_6528

Img_6533

Img_6534

同じく 中央公園の「スミレ」です。

Img_6537

あまり人気のない土曜日 午後の中央公園です。

| | コメント (0)

2010年3月14日 (日)

呉市 散歩,中通りなど

3月13日 土曜日,朝方の激しい雨が 嘘の様に 正午頃には晴れ上がったので 昼過ぎに散歩に出かけました。

Img_6502

呉市 中通り商店街にはレッド・カーペットが敷かれていました。
アーケードのリニューワル工事完成記念で 通り 400mをヴァージン・ロードに見立てた結婚式が始まろうとしていました。新郎・新婦は公募で選んだとのことです。

Img_6509

新郎・新婦と その後に付き添った司会の女性が中継しながら 通りすぎて行きました。

Img_6512通りの両側には 諸々の団体などが店や 展示をやっていました。

地元 マツダが何台か 懐かしい車を並べていました。
「コスモ・スポーツ」です。
1967年,ロータリー・エンジンの初搭載車として発売された「夢の車」です。
VANの石津謙介社長が所有していたことは有名です。 

Img_6515

当時,日産の初代シルビア(月産 数十台のハンドメイドの2シーター・スポーツ車)と並んで 有名でありながら,住んでいた福岡では ほとんど目にすることがなかった車でした。

「コスモ・スポーツ」も「シルビア」も,それぞれ一度しか見たことがありませんでした。
今回が 二度目です。

Img_6524

中通りから境川に出て 食事処「周(あまね)」で昼食を摂りました。

天麩羅定食,ご飯は 「いくら丼」です。

| | コメント (0)

2010年3月13日 (土)

Money can't buy love.

先日,BShi で 放映された「インサイド・マン」(“Inside Man”,2006年)を観ていて “Money can't buy love.” という台詞があり,ふと考えました。

「金で愛は買えない。」が 高校生の頃の英訳テストに出たら  “You can't buy love with money.” と答え,教師もそれを正解として “Money can't buy love.” という表現を その時,覚えることはなかっただろうと思います。

「“buy” の主語に “money” はないだろう。買うのは人であって “money” は手段なんだから,主語は “You” とすべきだろう。」 というのは理屈っぽい考えですね。

言葉は それほど理屈っぽくはないようです。

Money talks.” 「金が物を言う。」 なんてのもありますね。

| | コメント (0)

2010年3月12日 (金)

逃げるか,攻めるか?

3月5日の新聞に 「恐竜絶滅-結論:小惑星原因」という見出しで 白亜紀末の恐竜絶滅の原因は小惑星の衝突だったと 世界12ヶ国 41人(地質学,古生物学,地球物理学など)の研究チームが 半年かけて結論づけた,報じていました。
直径 10~15kmの小惑星が 秒速20kmで現在のユカタン半島付近に衝突,大気中に放出された大量の硫酸塩やすすが太陽光を遮り 生物(植物)活動が停止し 生物の約6割が死滅した,というものです。

この事件が 6,430万年前だと言っても 宇宙からすれば 大した時間ではない(?)でしょうから,過去にあったことは 今後もあり得ると考えるのが自然です。

地球への小惑星の衝突 もしくは 接近をテーマにした映画で 私が観たことがあるのは2本です。
最近では 1998年公開のアメリカ映画 「アルマゲドン」で,石油採掘のプロが小惑星に乗り移り 核爆弾で破壊します。

もう1本は 1962年(昭和37年),中学生の時 観た東宝映画 「妖星ゴラス」です。
これでは 南極大陸にロケット装置を建設(設置という規模ではない)し,地球をロケットにして 公転軌道を40万km-地球の直径の約30倍-変えて やり過ごします。この距離で 地球の質量の4,000~6,000倍という設定の星の影響(熱,引力など)を回避できるのかという疑問がありますが,本旨ではないので無視しましょう。
おそらく 公転面に垂直方向に移動させて 公転面の角度を変えたのでしょうが,どうやって元の軌道にもどしたのか,もどさないで そのままにしたのかの記憶はありません。もどす為に北極海にロケット装置を建設するのは難しそうですね。

アメリカ映画では 敵を破壊し,日本映画では 敵から逃げる,という方法を選択します。
これを国民性の違いだ,と言うつもりはありません。
なにせ 「妖星ゴラス」は 質量が 地球の6,000倍あって 破壊するのは不可能との判断があったのです。
敵をよく知って 攻めるか,逃げるかの最善策を採った,ということですね。

| | コメント (0)

2010年3月11日 (木)

Sandra Bullock’s Acceptance Speech

3月7日に開催された 第82回 アカデミー賞授賞式では 作品賞の行方への興味も然ることながら,Best Actressに選ばれた Sandra Bullock さんに何故か 胸を打たれるものがありました。
前日の Golden Raspberry賞で Worst Actressに選ばれ,出席者全員に配る為に 対象作品 “All About Steve” のDVDを入れたワゴンを引っ張って登場し,洒落たSpeechをしていました。出席したことだけでも 彼女の性格の良さが伺えます。

そして あくる日の Best Actress 受賞後の誠意(特に ノミネートされた4人への心遣い)とユーモアのある “Acceptance Speech” です。米国のNewsサイトを見ると,このSpeechは なかなか高評価のようです。
残念ながら 力不足で ニュアンスなど読み取ることはできませんが 何とか感じ取りたいと Full textを 取り込んでみました。

"Did I really earn this or did I just wear you all down? I would like to thank the Academy for allowing me in the last month to have the most incredible ride with rooms full of artists that I see tonight and that I’ve worked with before and I hope to work with in the future, who inspire me and blaze trails for us. Four of them that I’ve fallen deeply in love with I share this night with and I share this award with.

Gabby [Sidibe], I love you so much. You are exquisite. You are beyond words to me. Carey [Mulligan], your grace and your elegance and your beauty and your talent makes me sick. Helen [Mirren], I feel like we are family through family and I don’t have the words to express just what I think of you. And Meryl [Streep], you know what I think of you and you are such a good kisser.

I have so many people to thank for my good fortune in this lifetime and this is a once-in-a-lifetime experience, I know. To the family that allowed me to play them, the Tuohy family, I know they’re in here and you’ll probably hear her in a minute. Maybe not.

Thank you for giving me the opportunity to… the family that made this film that gave me the opportunity to do something different. John Lee Hancock, Gil Netter, Alcon, Warner Bros., the actors, everyone who’s shown me kindness when it wasn’t fashionable, I thank you. To everyone who was mean to me when it wasn’t… George Clooney threw me in a pool years ago. I’m still holding a grudge. But there’s so many people to thank.

Not enough time, so I would like to thank what this film is about for me which are the moms that take care of the babies and the children no matter where they come from. Those moms and parents never get thanked. I, in particular, failed to thank one. So… if I can take this moment to thank Helga B. for not letting me ride in cars with boys until I was 18 because she was right. I would’ve done what she said I was gonna do.

For making me practice every day when I got home. Piano, ballet, whatever it is I wanted to be. She said to be an artist, you had to practice every day, and for reminding her daughters that there’s no race, no religion, no class system, no color, nothing, no sexual orientation that makes us better than anyone else. We are all deserving of love.

So, to that trailblazer, who allowed me to have that. And this. And this. I thank you so much for this opportunity that I share with these extraordinary women and my lover Meryl Streep. Thank you."

スピーチの中で 「ジョージ・クルーニーに プールに落されて・・・」というくだりがあって,何があったのだろうかと いくつかのサイトを見ると-,ありました。

2000年に ジョエル・シュマッカー監督(“Joel Schumacher” ,「評決のとき」 (“A Time to Kill” ,1996)で Sandra Bullock は弁護士の娘役で出演)の誕生パーティーで ジョージ・クルーニー, トム・クルーズと3人で並んでプールに飛び込もうとおふざけをしたとき,「1,2,3」で 飛び込んだのは Sandra Bullock だけだった,という話でした。背中を押されたのかも知れません。

ジョージ・クルーニーとトム・クルーズは,このようなことをしてもSandra Bullockはシリアスにならないと分かってやったのでしょう。映画の1シーンのように想像できる場面ですね。彼女の飾り気のない性格が分かるエピソードです。

| | コメント (0)

2010年3月10日 (水)

寒い一日

3月9日,ここ瀬戸内海に面した呉市も寒い一日でした。
帰宅後,ベランダから灰峰を眺めると 薄っすらと白い部分があり,雲がかぶっていました。

Img_6486Img_6488

Img_6493

| | コメント (0)

2010年3月 9日 (火)

福岡土産は「辛子明太子」

Img_6436稚加榮』さんの 「太もの明太子」です。

先日,ワイフの友人が福岡県から訪れたときの土産です。

明太子と言えば 現在では 全国的に「辛子明太子」を指すようですが,二十歳過ぎ(1972年)まで 福岡県で生活していた私は 福岡県で 「辛子明太子」を食べた記憶はありません。
決して 高価だから 口に入らなかったわけではなく 1970年代前半まで 福岡県でも 一般的ではなかったと思われます。「明太子」といえば “塩漬け”のもので 火を通して食べていました。

「辛子明太子」が 市販され始めたのは 1960年代(『稚加榮』も創業が1961年)と思われ ,当時の生産量は多くなかったようです。1975年に それまで岡山止まりだった山陽新幹線が 博多まで延長され(「『ひかり』は西へ」というキャッチコピーがありました。),これを機に全国的に拡がり,生産量が増えて福岡県内でも同時期に広まったと考えられます。

| | コメント (0)

2010年3月 8日 (月)

散歩の途中で見た花たち

土曜日に散歩したとき 目に付いた花です。
もう桜が咲いていました。

Img_6437

木瓜(ぼけ)です。

Img_6464桜です。種類は分かりません。 染井吉野にしては 早すぎますね。

Img_6468

Img_6472

何の花か分かりません。

Img_6473

時計草(パッションフラワー)と思われます。

Img_6475

こぶし?木蓮?

| | コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

呉市 散歩,五重塔を目指して

以前から 呉市 休山の麓から中腹にかけての斜面に見える五重塔が気になっていました。

前夜からの雨が上がった土曜日の昼過ぎに自宅を出て 五重塔を目指して南西の方向に歩き始めました。
「宮原経由 鍋桟橋行きバス」が通る道に入り,曲がりくねった,歩道がない道を左の山腹を見ながら宮原1丁目から鍋桟橋方面に向かいました。
宮原7丁目のバス停辺りから 五重塔が見えてきましたが 適当な登り道がありません。

Img_6446宮原8丁目バス停付近に道がありました。
かなりの坂道です。

Img_6449何とかたどり着きました。

「萬願時」です。

Img_6451Img_6452

Img_6459Img_6454

2時間余りの散歩でした。

| | コメント (0)

2010年3月 6日 (土)

横浜 日帰り

横浜での午後の会議の為,いつもより30分早く 自宅を出て 6時30分 呉駅発(本通3丁目で 6時33分に乗車)のバスで広島空港に向かいました。
途中,霧が深く 空港は大丈夫かと心配になりましたが 空港に近づくと霧はありませんでした。

Img_6429

滑走路の向こう側から水蒸気(雲?)が モクモクと立ち上がっていました。

JALは定刻で離陸し 羽田に定刻で着陸しました。
10時25分着で 10時36分 京浜急行・横須賀行きの特急に乗れ順調な往路でした。

Img_6432

復路は 飛行機だと 気忙しいので 新横浜発 18時29分,博多行きの 「のぞみ53号」 に乗りました。
お決まりの 喫煙室付き7号車の通路側席です。
車内は ほぼ満席で,車内放送で 自由席は混雑のため 車内販売が 入れない,と謝っていました。
この時期,金曜夜の新幹線下りは 「受験」,「卒業旅行」,「単身赴任者の帰省」,「出張帰り」などが重なって混み合うのでしょう。

Img_6434_2

珍しく買った土産は「崎陽軒の『牛肉角煮』」。
たまたま 新横浜駅で買った 崎陽軒の「焼売炒飯弁当」の横にあったので 買ってみました。

帰宅23時,暖かい一日でした。

帰宅時は 雨が降り始めていましたが,相変わらず タクシーの運転手は マンションのゲートで止まり,玄関横まで入っていく気がありませんでした。客が濡れることなど自分の仕事には関係ない,と思っているようです。「客商売をやる気があるの?」 と言う代わりに 「玄関横まで入って戴けますか?」と鄭重にお願いしました。このような運転手ばかりで 礼儀正しい客を続けるのも大変です。

| | コメント (1)

2010年3月 5日 (金)

抹茶水ようかん

Img_5420_2

京都・西谷堂さんの 「抹茶水ようかん」です。

箱に 『濃いめ』,『超どすえ』,『京風二層式』 など 色々 書いていました。

そろそろ 「水ようかん」 の季節です,ってことはないですね。
戴きます。

| | コメント (0)

2010年3月 4日 (木)

逆輸入のSEIKO腕時計

世の中には 数十万円,数百万円の腕時計が存在するようですが,精確に動き 恥ずかしくないデザインなら充分で,腕時計へのこだわりはありません。

初めて腕時計を持ったのは 高校入学時の1964年で,当然 手巻きの機械式でした。
当時の腕時計は 現在に比べると高価で,特に高級な製品ではありませんでしたが 約1万5千円でした。大学に入ったときの1ヶ月の仕送りが 2万円だったので 現在の価値だと 最低でも 5万円になるでしょう。
となると 大切に扱わざるを得ず,20年間使い たまたま 仕事で 高所から縄梯子で降りることがあり,恐怖心から腕が萎縮して手首が梯子に触れ,ベルトが切れて時計が落下し行方不明になりました。

その頃は 既にクオーツ時計全盛で,ムーヴメントが安価に生産されいて,家電量販店の店頭には 袋詰めのぶら下がりで 2千円もしないアナログ/デジタルのハイブリッドでアラーム付きの時計などが売られており そのようなモノを買ったり,クレジット・カードのポイントで手に入れたTIMEXなどで間に合わせていました。

Img_6412そして現在 使っているのは 数年前に たまたま 東急ハンズで目に付いて買った CHRONOGRAPH(ストップウォッチ付き時計) “SEIKO SND217P” です。 1万円ほどでした。
文字盤が白く,おとなしいので ON,OFF兼用です。華奢でなく,ゴツクなく,中庸のデザインで気に入っています。このクラスの時計で私には充分です。

海外モデルの逆輸入製品のようです。

| | コメント (0)

2010年3月 3日 (水)

地味な バイキング

Img_6304木彫りのバイキング人形です。ラフな彫りと艶のない彩色が素朴です。

25年ほど前,出張中に立ち寄ったオスロで何気なく買ったものです。

オスロ市庁舎前の港で 漁船から買って 夕食代わりに食べた 紙袋一杯の,海水で茹でた海老の塩辛さを思い出しました。

| | コメント (0)

2010年3月 2日 (火)

遠州掛川の葛湯

Img_6165

Img_6168

静岡県掛川市「松月堂」さんの「葛湯」,「葛茶」,「葛汁粉」のセットです。

葛粉の生産には「良質の水」と「冬の寒さ」が必要条件です。
今や 純正品は希少です。

「葛粉」と同様に 「片栗粉」,「蕨粉」も 今や希少で, 「ジャガイモ」,「さつまいも」,「とうもろこし」,「タピオカ」などの澱粉が これらの代用として使われていることが多いようです。

| | コメント (0)

2010年3月 1日 (月)

JAL の Mr.& Ms. Teddy

Img_640410年ほど前,JALの3ヶ月間くらいのキャンペーン期間中に アメリカ 又はヨーロッパを2~3往復すると貰えたNoveltyの中からから選んだ JALのTeddy Bearです。(-だったと思いますが,正確な記憶はありません。)

Img_6398

Img_6397

Mr.Teddy と Ms.Teddy です。
いい顔つきです。

Img_6408

この前後の年のキャンペーンでは 「任天堂かSONYのTVゲーム機」と「LIBERTY のTea Cup セット」を貰いました。最近もこのようなキャンペーンをやっているのでしょうか。
関係ありませんが,先週 広島-羽田を クラスJで往復したとき,新聞のサービスがなくなっているのに気付きました。調べると 1月4日に終了したとのことです。

高い運賃を払っているのだから(出張なので 自腹ではありませんが) サービスされて当たり前だと思わせる時代が長く続きましたが,もはや そのような時代は終わったのでしょう。
単なる(?)公共交通機関ですからね,乗務員も高給すぎる必要はないでしょう。

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »