« コンテナ船,海賊から逃げる。 | トップページ | 下蒲刈島まで 脚ならし »

2010年4月10日 (土)

「段返り」って?

学生時代から 40年以上,スーツとスポーツコートは ほぼ100%,“sack type” のものを着ています。楽で,流行に左右されず,更に体型の変化に影響されにくいからです。
そして何より,これに合わせるべきシャツ,靴,タイ,ベルトなどのタイプが明確なので  選ぶ煩わしさがなく バランスがとり易いからです。

上着は 3つボタンで,ラペルが第一ボタンと第二ボタンの間でロールし,第二ボタンを留める(中ひとつ掛け)ー 日本では 「3つボタン段返り」と言われるタイプです。
sack type” は ウェストに絞り(ダーツ)がない寸胴で ゆったりしたシルエットを意味し,厳密には 3つボタンとは無関係ですが,“sack type” と言えば ほぼ 「3つボタン段返り」と同義で,加えて 肩パットの薄いナチュラル・ショルダー まで含まれます。
日本では このタイプは何故か 「Ⅰ型」と呼ばれるようで  Brooks Brothers の “No.1 Sack Suit” が語源と何かで読んだことがあります。
これが いつ頃から存在したものかと アメリカのサイトを検索しましたが “No.1 Sack Suit” はヒットせず,Brooks Brothers の歴史を示すサイトを見ても 記述はありませんでした。

ところで 「段返り」が どこから来た言葉か不明で,更に 語感が好きではありません。

英語では どのように表現しているのかと調べてみると 一語で対応する言葉がないようです。

Brooks Brothers ( “sack type” が少なくなりました。)のサイトでは 単に “Three-Button Sack Suit” と表示しているだけです。

正確に言うなら “non-darted 3-button,lapel rolled over top button,natural shoulder,center vent sack suit
と 極めて説明的表現になるようです。

|

« コンテナ船,海賊から逃げる。 | トップページ | 下蒲刈島まで 脚ならし »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コンテナ船,海賊から逃げる。 | トップページ | 下蒲刈島まで 脚ならし »