« 夕食前にコーヒーを | トップページ | バナナの王様? »

2010年4月22日 (木)

“Stop the Sag” で 英語の勉強

Stop the Sag’ キャンペーンを ニューヨーク州の上院議員(senator) Eric Adams氏が展開中と報じられました。

日本では 「腰パン」と訳されていますが,現地の映像を見ると これは誤訳で正しくは 「ズリ下げパン」と訳すべきすさまじさです。
この風俗と歴史に対して言うことは何もありませんが(敢えて 言及しませんが),アメリカのサイトには パンツの穿き方に対する表現が 色々あって面白く読みました。

まず ‘sag’です。
辞書では 「たるみ,垂れ,沈下」 などが出てきます。「凹型曲線」というのもあります。対義語は ‘hog’(「凸型曲線」) でしょうね。
bust a sag’で 「ズリ下げて穿く。」という表現がありました。
名詞では ‘saggy pants’や ‘sagging pants’と言っています。

動詞を使う表現では,勿論 ‘wear saggy pants’となりますが,‘lower pants’と言っても 「パンツを下げる。」になります。しかし,「まともに穿いているパンツを下げる」という動作を言うのか 「下げて穿いている(状態)」を言うのか分かりません。
あるサイトに ‘stop lowering their pants’があったので ‘sag’と同義としていいでしょう。

で,結論ですが(別に 結論を出すことはないですが),「腰パン」より 「サギーパンツ」の方がいいですね。(カッコイイ表現で 推奨するつもりは毛頭ありません。)
そうでなければ  やはり「ズリ下げパン」ですね。

|

« 夕食前にコーヒーを | トップページ | バナナの王様? »

言葉」カテゴリの記事

コメント

州でそれを叫ぶとは、日本ではない感じですね。
ただものさしが難しそうです。あまり好きなファッションではありませんが、たまにはカッコいい場合もあるのですよ、あの【ずりさげ】が。

saggyですか。元々はパンツの膝部分のたるみなんかに使われるようですね。

投稿: yoko | 2010年4月22日 (木) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕食前にコーヒーを | トップページ | バナナの王様? »