« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の31件の記事

2010年5月31日 (月)

近所で映画と花を

Hurt_locker3月に日本一斉ロードショー公開され,その後,アカデミー賞の「作品賞」,「監督賞」など6部門を受賞した 「ハート・ロッカー」(“The Hurt Locker”,2008) を 自宅から歩いて5分の呉シネマで上映していたので 日曜の午後,遅ればせながら 観に行きました。
宣伝パンフレットは 「9部門ノミネート」です。

実戦経験者からは 「リアルさがない。」とのコメントがあるようですが,それなりに面白く観ました。

Img_7339観終わって,中通に出て 珍しい花を見ました。

「金宝樹」(キンポウジュ)というオーストラリア原産の花だそうです。

Img_7338Img_7331_2

こんな形をしているので 英語では “Bottlebrush”と言うそうです。そのままですね。

| | コメント (0)

2010年5月30日 (日)

土曜日の広島での昼食は

久しぶりに 買い物に広島市に出ました。

Img_7321

2時前に昼食に入った店は-

並木通りから脇道に入ったところにある “BLUE MOON CAFE”,呉市に引越し後 2回目です。

Img_7312

Img_7320

Img_7314

注文したのは-

「アメリカン・ハンバーグ・ランチ」とー

Img_7316

「テリヤキ・ライス・ランチ」,何れも スープの他に ソフト・ドリンクを選べて \880也。

どちらも 男子高校生でなければ 食べきれないと思われる量です。

Img_7318

更に ランチ・サービスの ミニ・パフェ \100 を注文しました。

やはり,量に降参しました。

| | コメント (0)

2010年5月29日 (土)

かつて 家庭にあったもの。

昭和30年代に子供時代を過ごし,小学4年生で 初めて電気冷蔵庫(それまでの アイス・ボックス型と区別するため「電気」を冠する)とテレビ(14インチ・白黒)のある暮らしを経験した私ですが,現在,当時は存在しなかった諸々のモノの囲まれて生活しています。

逆に 当時,ほとんどの家庭にあって,現在の家庭で見るのが珍しいモノもたくさんあります。

例えば 「(足踏み)ミシン」。
当時は 衣料品が 現在に比べ 相対的に高価だったのか,母親は 子供や自分の着るものを自ら作ったり 補修をやっていたようです。
現在の衣料品の安さからすると 現代の母親は とても自分で作る気にはならないでしょう。
ミシンの専門メーカーだった「ブラザー工業」は 昭和36年(1961年)には 「タイプライター」の製造を開始し,現在では プリンターが主力製品になっています。一時は FAXのアメリカでのシェア トップだったとのことです。
家庭用のミシンは 今,どのくらい売れているのでしょうか。

次に 「大工道具」。
当時は 「趣味が大工」(要するに「日曜大工」)などと言う優雅な生活ではなく,必要だったから  一通りの大工道具が 家庭にあったような気がします。
実家にも 「鋸(のこ)」,「鉋(かんな)」,「錐(きり)」,「鑿(のみ)」,大工道具ではありませんが「半田こて」 などあって,夏休みの工作に使ったり,中学校の技術家庭科で作っていた「折り畳み椅子」の「ほぞ」と「ほぞ孔」を 「鑿(のみ)」で細工する,なんてことをやっていました。
今は 「日曜大工」を趣味とする人が 電動工具を持っているくらいのものでしょう。

Img_7299

そして 私が今 持っているのは クレジット・カードのポイントで入手した この工具セットくらいで,これで手に負えないシゴトには 自ら手を出すことはありません。

| | コメント (0)

2010年5月28日 (金)

「お好み焼き」の記憶

Img_7036

広島と言えば 「広島風お好み焼き」です。
広島空港の土産物店で売っています。

広島県呉市に去年 引越してきて 2回,お好み焼き店に行きましたが,好んでは行きません。

私の「お好み焼き」に対する感覚は 「家庭で作るもの」であって 店で食べるものではありません。
メジャーにはなりましたが,市販の「オタフクソース」や市販の「マヨネーズ」で味をつける食べ物を 店で 供するのは 如何なものかと思っています。
せいぜい 5,6人が入れば一杯の小さな店で,おばちゃんが一人で子供相手にやるのが 「お好み焼き屋」 という感覚を捨て切れません。

九州で育った私は 子供の頃,広島風のお好み焼きを 主に給食のない土曜日の昼の帰宅後,食べました。豚肉の代わりに 平天(薩摩揚げ)を短冊に切って入れました。

「お好み焼き」に関して 小学生の頃,同級生に聞いた 悲惨な話があります。

彼は 母親が準備した「お好み焼き」の材料を使って,母親が外出した後,一人,もしくは弟妹と一緒に 「お好み焼き」を焼いて食べていました。
そのうち 具が残って メリケン粉(小麦粉)がなくなりました。
もっと食べたいと思った彼は メリケン粉を探しました。
そして 「流し」の下に 白い粉を発見し,それを水で溶いて焼き始めました。
しかし,何故か 固まりません。
我慢できず,「まあいいや。」 と彼は それを食べました。

どんな味で どんな食感だったのかを彼が話したかどうかの記憶はありません。

「白い粉」は,固まるはずがない「石灰」で,彼は病院に運ばれました。
50年前の話です。

| | コメント (0)

2010年5月27日 (木)

綿の上着にウールのパンツは?

入梅はまだですが,徐々に暑くなりました。
本格的な夏の前には ノータイに スポーツコートで通勤することが多くなります。
スーツにノータイの 「はぐれ刑事」スタイルは許容範囲外です。
トロピカル・ウールのブレザーも着ますが,コードレーン,ダークマドラス,ポプリンなど綿素材のスポーツコートがいいですね。

ところで,最近は 綿の上着に ウールのパンツを合わせることは間違いではないのか,と疑問も持つ方がいるようです。
私は チノパンを合わせることもありますが,サマーウールのパンツを 何の躊躇もなく穿きます。

私にとって 1960年代終わりからの4年間の学生時代に(のみ)毎月買っていた 「MEN'S CLUB(婦人画報社)」が 『何を,如何に着るべきか』 の教科書で,「アメリカ映画」が フィルターでした。

これらの中で 「ブルー 又は グレイの 『シアサッカー』や『コードレーン』のスポーツコートに チャコールグレイのサマーウールのパンツ,白のボタンダウン・シャツに黒のニットタイ,足元は 黒のヴァンプ」というスタイルを何度も見た記憶があります。

この夏は,これでいってみよう,とは思っていませんが,かつて 一度 やってみたかった格好です。

| | コメント (0)

2010年5月26日 (水)

夏のスリッパ

Img_7293スリッパを夏用にしました。

マライ(馬蘭)草と麻で できています。
無印良品製。

イ草の製品もありますが,より目の粗い マライ草にしました。

| | コメント (0)

2010年5月25日 (火)

自転車用の靴が再利用できない。

Img_6860去年,自転車のビンディングペダル(シマノSPD)を 外しましたが, 靴は まだ十分に使えるので 靴裏に取り付けたSPD用クリートを外そうと試みました。

片方のクリートを取り付けている 六角ビスの孔が潰れていて レンチが入りません。

SPDは ほぼ普通に歩けるので,歩きすぎて変形したようです。残念でした。

| | コメント (0)

2010年5月24日 (月)

五月の花は

Img_7288あやめ」と
いちはつ」と
しゃくやく」です。

あやめ」と「いちはつ」の
区別がつきません。

| | コメント (0)

2010年5月23日 (日)

1100円のブルーノート

ブルーノート 創立70周年記念企画で,‘blue note BEST & MORE 1100’ と称して jazz & fusion のCDが 1100円 で 去年から発売されていました。

第1回発売が 2009年6月10日で 50タイトル,以後 9月16日に2回目,12月9日に3回目として 50タイトルづつ発売され 150タイトルとなり,先月(4月21日)に 「アンコール」 として70タイトルが発売され 合計 220タイトルになりました。
本シリーズは 7月末日に出荷停止になるようです。
通常価格の 半分以下の価格でブルーノートの名盤が手に入ります。まだ お買い求めでない方は お早めに。

My_point_of_viewIdle_moments

Soul_samba

Caramba

Our_man_in_paris

Back_at_the_chicken_shack

Buhainas_delightThe_big_beatThe_cooker

「アンコール」で 先月 買った中から 9枚。
Lee Morgan の ‘Caramba!’は 本邦初登場のようです。   

| | コメント (0)

2010年5月22日 (土)

街で見かけた懐かしい車

Subaru富士重工の 『スバル360』です。
新車のようにきれいです。

もっとも遅く作られたタイプでも 1970年までなので 既に 40年経過しています。
曲面を多用した車体は 薄い鋼板に剛性を持たせられ 軽量化に効果的で,理に適っています。

小さな白のナンバー・プレートです。

Img_7141近頃は ほとんど見かけない豪華なアメリカ車です。

あの頃(1960年代)は 大型のアメリカ車を全て 「キャデラック」と 思っていました。

これは 何でしょう?

| | コメント (0)

2010年5月21日 (金)

呉-松山 往復

5月16,17日に松山 1泊旅行で 呉-松山を往復しました。

交通機関は 船です。
呉中央桟橋から 松山観光港を定期船が結んでいます。(石崎汽船と瀬戸内海汽船の協同運航)

船には2種類あって-

  • 高速船(スーパージェット) 運賃:片道 \5,100(6月30日までの「毎日ホリデー運賃」)
                                       所要時間:55分
  • フェリー(クルーズフェリー) 運賃:片道 \2,400(6月30日までの「毎日ホリデー運賃」)
                                       所要時間:1時間55分

高速船は 以前,私が呉に住んでいたころは 水中翼船でしたが,現在は ウォータージェット推進のカタマランで,約30ノットで走ります。
どちらも 感覚的には 高額で,割引運賃も 「焼け石に水」。瀬戸内海を跨ぐ橋があちこちに出来たため 廃業するフェリー会社がある中,存続しているだけ良し,と考えるべきなのでしょうか。

Img_7142

朝の 呉中央桟橋です。

急ぐ旅でも 出張でもないので 往復ともフェリーです。

Img_7144

Img_7148

出港して呉湾を進むと 江田島からの連絡船とすれ違い,やがて潜水艦基地の前を通過します。

Img_7152_2

やがて,平清盛が1日で拓いたという伝説がある「音戸の瀬戸」を通過します。

Img_7259帰りの松山観光港での 「スーパージェット」です。
ウォータージェット推進ですが,結局のところ ディーゼル機関で ダクト内のインペラーを回して水流を作っているので プロペラ推進と基本的には同じことですね。
水流を吐き出すノズルを動かして推進方向を変えるので 操船性は いいかも知れません。

これには 乗りません。
禁煙だからでは ありません。高いからです。

Img_7269

呉港に戻ってきました。

朱色の船体は IHIの造船所で建造中(進水後の艤装工事中)のVLCCです。長さ 300m以上でしょう。

正面の山は 灰峰 737m です。

| | コメント (0)

2010年5月20日 (木)

松山市 道後 散歩

Img_71755月16日に 「伊丹十三記念館」を訪ねた後,道後温泉の先のホテルに1泊,帰りに 折角なので 道後温泉地域を歩きました。

道後温泉には かつて呉在住時の20年以上前に何回か来ていますが,目的が 忘年会などの宴会だったので 昼間 観光目的で歩いた記憶はありません。

さて,何が あるでしょう。

Img_7185

先ずは 「道後温泉本館」です。明治27年(1894年)に建てられた 三層楼の共同浴場です。
「坊ちゃん」に出てくる 道後温泉のシンボルです。

建物を1周してみました。

Img_7183

左側面に このような入り口がありました。
「又新殿(御成門)」と書いてあります。
日本唯一の 皇室専用浴室だそうです。
と,ある以上 一般人は使用できないのでしょうね。

最後に お入りになった皇族はどなたで,いつのことでしょうか。

Img_7258

少し歩いて 「道後公園」に行きました。
「湯築城跡」にあります。
「湯築城」は 14世紀前半から16世紀後半までの250年間あった平山城です。

Img_7256_3

堀と土塁が残っており,武家屋敷や土塀の復元などと共に見ることができます。
20年ほど前の発掘調査で 武家屋敷跡や土塀跡,道,排水溝などの遺構や,陶磁器などの遺物が出土したそうです。

Img_7250公園中央部は 30mほどの高さの展望台になっています。

中央の山の頂上にあるのが 松山城です。

Img_7255公園の中に 「湯釜」と書かれた 花崗岩がありました。
温泉の湧出口に設置されるもので,奈良時代に作られたと言われ,明治27年に 道後温泉本館が出来たときに引退したそうです。

「湯釜」の構造やら目的が どうも正確に理解できませんが,英語の説明看板には ‘Stone Hot Spring Water Receptacle’と書いてありました。
‘receptacle’は 例えば 「電源コンセント」や「空中給油口」などに使われる単語なので 何となく分かるような気がしました。

| | コメント (0)

2010年5月19日 (水)

松山での泊まりは 道後温泉を避けて-

16日に「伊丹十三記念館」を訪ねた後,松山で1泊しました。
松山と言えば 「道後温泉」が連想されますが,温泉ホテルの 特に団体客による喧騒が苦手なので 「一休」で検索して 「道後温泉」を通り抜けて 北の山の中にある‘ANGKASA Hotel & Oriental Villa’の ‘Anniversary Plan’(ちょうど結婚記念日だったので)を予約しておきました。

3年余り前にできた 31室の小さなホテルです。

Img_7192

部屋は 「アンカサ・スイート」,約70㎡(首都圏のCity Hotelのほぼ2倍)。
1room で,「スイート」?

Img_7198

Img_7246

バス・ルームも シャワーブースが分かれていませんが,かなりの広さです。
準備されていた蘭(デンファレ)をジェット・バスに浮かせてみました。

Img_7196

最上階(4階)の部屋で 打ちっ放しのコンクリート壁に囲まれたデッキが ありました。

Img_7204

デッキに オープン・エアのジャグジー・バス・タブが置かれています。

Img_7232

夜になれば プロジェクターが コンクリート打ちっ放しの壁に映画を映すしかけになっています。
試しに映してみましたが 映画は部屋のTV受像機で観ました。

Img_7220

Anniversary Plan’ なので ケーキが運ばれてきました。

何十年ぶりかに ケーキを腹一杯食べました。

Img_7223_2

Anniversary Plan’ の もう一つのサービス(?)として 「ヴーヴ・クリコ」イエロー・ラベルのシャンパンが夕食時に供されました。

この宿泊に 大きな不満はありませんでしたが,気になったこと,注文などを挙げると-

  • 部屋に complimentary のミネラル・ウォーターくらいは置いて欲しいですね。
  • プリ・フィックスの夕食に デザートはあったが,コーヒーも紅茶も出ないのは何故?
    (料理は うまく出来ていました。)
  • チェック・インのとき ルーム・サービスの朝食のジュースの種類を尋ねられて 「グレープ・フルーツ・ジュース」をお願いしたが,「オレンジ・ジュース」が運ばれてきた。
    更に,ケーキを21時にお願いしていたが 30分超過したので電話すると 2,3分で届いた。
    指示・伝達システムに問題あり,と言うよりも ゲストの注文を確実に実行するシステムがないのかも知れませんね。
  • ルーム・サービスで運ばれてきた朝食のポットのコーヒーが 計量したように キッカリとカップ一杯分。せめて 一杯半くらいは ほしいところ。コーヒーの another cup サービスすらなくて “ラグジュアリーホテル” を名乗るのは?
  • 部屋に ソファと ローテーブルのみで ダイニング・テーブルがない。
    ルームサービスの夕食を ソファで食べるのは 相当 無理がある。(ケーキとお茶くらいは我慢できるが。) 私は 予約時には部屋で夕食としていたが,チェックイン後,レストランに変更した。
    この点について いくつかの宿泊予約サイトのクチコミで 触れている方もいるようだが,設置するつもりはないらしい。バスタブに設備費を回しすぎましたか。

まあ,些細なこと,としておきましょう。

| | コメント (1)

2010年5月18日 (火)

2回目の 「伊丹十三記念館」訪問

Img_7159 5月15日に開館3周年記念を迎えた松山の「伊丹十三記念館」に5月16日に訪問しました。
15日~17日の3日間,催される収蔵庫ツアーに去年に次いで参加しました。

Img_7165

今回訪問の楽しみは 「金榮堂」書店のブックカバー(復刻)でした。
「金榮堂」は 北九州市小倉北区に10数年前まであった書店で,40年ほど前,店主が伊丹十三氏に直々 デザインを依頼して作ったブックカバーが有名(?)でした。

実家が北九州市だった私は このブックカバー目的で 1970年頃の学生時代,この書店でたびたび本を買っていました。

今回,北九州市の「金榮堂書皮復刻委員会」(?)が作成した この幻のブックカバーが 提供され 本を購入するとプレゼントされるという企画がありました。

収蔵庫ツアーの後,学芸員と このブックカバーの話をしていて 同行していたワイフの高校同期の女性(女子高校なので当たり前です。)が「金榮堂」さんに嫁いだことを告げたところ,出勤していた宮本信子館長が カフェにいた我々のところに挨拶にみえました。
来月,還暦記念の同期会が小倉であるので 彼女に会えるかもしれない,とワイフが言うと 「よろしく お伝え下さい。」とのことでした。

Img_7276

「金榮堂」書店 復刻ブックカバーと 1969年に 「金榮堂」で買った(と思われる),伊丹十三氏の 第二エッセイ集 「女たちよ!」(1968年発行)を並べてみました。

 

| | コメント (2)

2010年5月17日 (月)

Img_7093トルコ産の ザクロ ジュースです。

初めて 飲みました。
知らないで飲んだら ザクロとは 分からない味です。

ザクロ 25個が 1リットルのジュースの材料とのことです。

一時,健康に良い,と言われたことがありました。
が,Wikipediaによると-
『果汁にエストロゲンが含まれるとして2000年頃ブームとなったが,国民生活センターの試験では検出されていない。また、血流改善効果,美容効果や抗ガン作用効能をうたった商品があるが有効性は科学的に確認されていない。』そうです。

| | コメント (0)

2010年5月16日 (日)

風が苦手,自転車走行時の抵抗は-

いつも強い風が吹いている関東からUターン転勤で 広島県呉市に戻って 坂の多さに目に瞑れば 自転車に乗り易くなりました。

自転車走行時の最大のエネルギーロスは空気抵抗によるものなので 還暦過ぎ・体力/筋力軟弱な私に 風は大敵です。
風の影響を考えてみました。

空気抵抗(流体抵抗)力は 次の式で表されます。

  F=1/2ρCD V^2×A

  ここで

  • F :抗力 (kg・m/s^2)
  • ρ:(流体)密度  (kg/m^3)
             空気の場合なら 1気圧,0℃で 1.293kg/m^3
  • CD :抵抗係数(Drag Coefficient) (無次元)
            平板なら 1.0,自動車の場合,0.3前後。スポーツカーは 0.25程度,
            プリウスは 0.26 で車体もエコです。
            通常,モデルを作って 風洞実験を繰り返して設計します。
            最近は CFD(‘Computational Fluid Dynamics’,数値流体力学)のソフトで計算できるようになっているようです。
  • V:流体速度 (m/s)
            物体と流体の相対速度,物体が動いても流体が動いても同じことです。
  • A:投影面積 (m^2)
            抵抗を受ける方向に垂直な面の面積。

定量的に抵抗力を算出するのは CD Aを求める必要があって 正確な値を求めるのは難しいので, ここでは 相対的な 風の影響を述べます。
ρCDA が一定なら 式から 抵抗力は 速度の2乗にのみ比例することがわかります。
(式を示すのは無駄でしたね。要するに 「空気抵抗は空気と自転車の相対速度の2乗に比例する。」 と言えば済むことでした。)
このことから 私の 通常の自転車巡航速度 20km/h における風(向かい風)の影響を計算します。
V^2 の値を計算すると-

  • 無風の場合:f0=20^2=400
  • 風速 5m/s=18km/h,V=20+18=38km/h:f5=38^2=1,444
    (風速 5m/s の向かい風の中を 時速 20km/h で走ると 無風の時に,私には不可能な,ツール・ド・フランスの登りコース平均速度(?) 38km/h の速度で走るときと等しい空気抵抗を受けます。)
  • 風速 10m/s=36km/h,V=20+36=56km/h:f10=56^2=3,136

無風の場合の抵抗力を 1.0 とすると

  • 風速 5m/s の場合:1444/400=3.61
  • 風速 10m/sの場合:3136/400=7.84

となって 20km/hで走る自転車乗りは 風速 10m/s の時,無風のときの 約8倍の空気抵抗を受けます。

又,20km/h は 5.6m/sなので 追い風 5.6m/s で空気抵抗なしで走れます。

| | コメント (0)

2010年5月15日 (土)

SIGG の水筒

Img_690515年以上 使っているSIGG のアルミ・ボトルです。
色が気に入っています。

どこにでも自動販売機があって 水分補給に困ることはありませんが,自転車に乗る時は たいてい水を入れて持って行きます。

ボトル・ホールダーに当たる肩の塗装が剥げています。
ぼつぼつ 買い替えでしょうか。

| | コメント (0)

2010年5月14日 (金)

赤煉瓦の塀

広島県呉市には 赤煉瓦で造られた旧帝国海軍施設が現在も残っています。
それに因んで 歩道に赤煉瓦を用いた舗装もされています。

Img_7030

それらとは別に,民家にも 戦前に造られたと思われる赤煉瓦の塀があちこちに見られます。

Img_7037

上端から3列目の煉瓦を斜めに配置しています。
流行の装飾だったのでしょうか。

Img_7111_2

コーナーR の塀は 洒落ています。

Img_7108

下部が石垣の塀が多いようです。

 

Img_7121全て 煉瓦の長辺を表にして交互に組むシンプルな造りでイギリス式やフランス式のように 小口を表にした煉瓦を組み込む方式(組み立て時の倒壊防止目的)ではありませんが,町の風景に落ち着きを与えます。

永く残してほしいものです。

| | コメント (0)

2010年5月13日 (木)

「ギザミ」の季節 来る。

Img_7125ここ呉市の魚屋に「ギザミ」(ベラ)が出始めました。
そろそろ 夏です(?)。
3匹で 360円也。

関東では 捨てられる魚だそうで 店頭で見ることはありませんでした。

今日は 塩焼きで食べます。
刺身でも焼いても いけます。

| | コメント (0)

2010年5月12日 (水)

行き着いた「バターナイフ」は-

一般にバターナイフは 持ち手の部分と 刃の部分が 何故か同一面になく境界部がナックルしており,食パンにバターを付けた後,バターナイフで 食べ易いように半分に切る習慣のある私にとっては 使いにくいデザインです。

Img_7103

柳宗理さんデザインの ステンレス カトラリー シリーズのバターナイフはストレートで 私の使い方に適しています。

定価 \630 也。

| | コメント (2)

2010年5月11日 (火)

伊丹十三記念館 開館3周年記念の日に

愛媛県松山市にある「伊丹十三記念館」が 5月15日に 開館3周年を迎えます。

これを記念して 普段は公開してない,直筆原稿などの仕事類と 衣類,食器,楽器などの愛用品が収められている収蔵庫を 一般に公開する「収蔵庫ツアー」が企画され,午前・午後の2回,各回  6名を3日間 計36名の参加希望者を5月7日締め切りで募集(応募多数の場合,抽選) していました。

去年も同じ企画があって,45年前の処女エッセイ「ヨーロッパ退屈日記」を高校時代に読んで以来 伊丹十三フリークだった私としては 逃すわけにはいかない,と千葉県から1泊2日で参加しました。

その後,瀬戸内海を挟んで 対岸の広島県に転居してきたので,これは行かねばなるまい,と思って 今年も応募しました。

希望した日の希望した回の,私と ワイフの名前がそれぞれプリントされた「参加証」が10日に届きました。
1泊2日で出かけましょう。

当日は去年と同様,宮本信子館長が出勤するようです。

| | コメント (0)

2010年5月10日 (月)

散歩で見た花々

晴れた土曜日,先日 痛めた膝に大事をとって 自転車乗りを避け,散歩しました。
道端や民家の玄関先に咲く花が目に付きました。

Img_7104

Img_7105

もう紫陽花が 咲いていました。

Img_7106

Img_7107

名前が 分からない花です。

Img_7113

ネモフィラ です。

正確には ‘Penny Black Nemophila menziesii’(ペニー ブラック・ネモフィラ メンジージ)。

Img_7117

Img_7119

ブーゲンビリア 2種。

Img_7122

ベコニアと思えます。

朱色が鮮やかです。

| | コメント (0)

2010年5月 9日 (日)

パン屋のセルフサービス販売はいつ,どこから?

tray と tong で客がパンを選んでレジに運ぶ セルフサービス販売のパン屋は 今では普通ですが,私が子供のころ(昭和30年代)にはありませんでした。

日本で この方式を初めて採用したのは 「いつで,どこで」 だったのか,テレビを見て知りました。

広島ホームテレビの土曜日・朝のローカル番組の 「昭和の地図シリーズ/広島市・本通編」で 『広島アンデルセン』((株)タカキ・ベーカリー)が紹介されていて,現相談役で 創業者の高木夫人が出演されていました。
1948年(昭和23年) 高木夫妻は従業員2名でパン屋を開業,1952年に 広島市本通に「パンホール」開店,1967年(昭和42年)に現「広島アンデルセン」をオープンさせました。

現「広島アンデルセン」は,1925年に 三井銀行・広島支店として竣工し,被爆しながら残っていた2階建て構造をベースに改装した旧館と,1978年に増改築した新館(8階)が違和感なく一体化した建物です。
この建物を購入したとき,高木社長には 「これをどうしよう。」という明確な考えがなかったそうで,全ての処置を夫人に任せました。
高木夫人は ヨーロッパに行き,イタリアなどで 重厚な古い建物内で モダンな食品を販売しているのを見て 銀行の建物を活かすことを決めました。

問題は 建物の柱が太く,数が多いため 販売用のショーケースがうまく置けず,売り場の配置ができないことでした。
従業員と一緒に考えた 窮余の策が 「セルフサービス」で,柱をそのままに 陳列台をその間に配置する,というものでした。

1967年(昭和42年),「広島アンデルセン」で 『パンのセルフサービス販売』が 始まりました。

1970年に開店した「青山アンデルセン」でも この方式が採用され 全国に広まった,ということのようです。
因みに 「ダークチェリー」の デニッシュ・ペストリーは 「青山アンデルセン」開店時用に開発されたそうです。
私の好物です。

| | コメント (0)

2010年5月 8日 (土)

鮮やかな色の花

花の季節です。
名前を知らなくても楽しめます。

Img_7082

Img_7084

Img_7087

| | コメント (0)

2010年5月 7日 (金)

ポール・ニューマンに再会

4月30日に NHK BShi で 『再会  ロバート・レッドフォード と ポール・ニューマン』 という番組が放映されました。

Img_7089

ICONOCLASTS’ という対談(トーク)番組で 原題では ‘Robert Redford on Paul Newman’,‘and’ではなく ‘on’になっています。何となく 感じは分かります。
iconoclast’は 馴染みのない言葉で 辞書には 「聖像破壊者」,「因習打破主義者」と載っています。かなり極端な表現ですが,要するに 出演者の,世間が知らない 「素を見せよう。」という番組なのでしょう。

因みに ‘icon’は ギリシャ語を語源とする 宗教用語で「イコン=偶像」と訳され,「ダヴィンチ・コード」風で おどろおどろしい雰囲気です。最近は 「アイコン」で馴染みのある言葉になりました。
clast’を調べると 地学用語で 「砕屑岩」と出てきます。

この番組は ‘Grey Goose Entertainment’ と ‘Sundance Channel’ の2005年の共同制作とのことでした。
Paul Newman は1925年生まれなので 80歳(没前3年),Robert Redford は1936年生まれなので 69歳時点に撮られた作品です。

Robert Redford が New Yorkから Paul Newman の私邸がある Westport (New York の北46mile,Long Island海峡に面するコネティカット州の町)に向かう車のなかで Paul Newman邸に 電話するところから番組が始まります。
ハリウッドに全く住んでなかった(?)ところからも 彼の生きかたが偲ばれます。
舞台俳優からスタートしたところに由来するかも知れませんが・・・。

二人は 「明日に向って撃て!」(‘Butch Cassidy and the Sundance Kid’,1969) と 「スティング」(‘The Sting’,1973) の2本で共演し,二人の親密な関係は 演技に反映されたと番組内で語られます。
この2本の映画を 私は20歳代前半に観て どちらも 「最高の映画!」と思いました。
今にして思えば 二人の関係が 映画での台詞の掛け合いに表れていたのでしょう。

この二つの映画のシーンをはさみながら 二人が 真剣に,時に joke を交えながら 俳優としてトップを極めた立場と 生き方について語り合います。

Paul Newman の私生活については 「サラダ・ドレッシング会社のオーナーにして レーサー」くらいしか 知りませんでしたが,「社会への富の還元」の活動が詳しく説明されました。
それも単に寄付をするのではなく 自らが顔を出し,身体を動かして 誠意とユーモアをもって社会に貢献している様が よく分かる内容でした。

Paul Newmanの 声だけの出演は 2006年 ‘Cars’,2008年 ‘The Meerkats’(遺作)が ありますが,映画は 2002年の ‘Road to Perdition’が最後のようなので,この2005年の映像は貴重です。

| | コメント (0)

2010年5月 6日 (木)

20年前のトランシーバーを

Img_695720年前に買った 特定小電力(免許不要)トランシーバーと ヘッドセットです。
数年使って この16年間,箱に入れたままでした。

‘KENWOOD DEMITOSS UBZ-L3’,さすがに もう製造されてないタイプです。

当時,小学生の娘と二人で自転車で走る時に 話をするために買い求めました。
ヘッドセットにVOX(Voice Operated Relay)機能があって PTT(Push To Talk)ボタンを押さなくても 音声を感知して送信モードになりますが,受信モードとの切り替わりのタイミングと会話のタイミングを合わせるのが難しかった記憶があります。

Img_6960その頃は 携帯電話がなかったので 家族で買い物に行って 別行動するときにも使いました。
たびたび 通信可能範囲外になりました。

Uターン転勤で関東から広島に15年ぶりに戻ってきて Around還暦夫婦で自転車に乗るときに 使ってみようと取り出しました。

使用可能なようです。

ヘルメットをかぶった時に ヘッドセットをどうするか,が問題です。

Img_6955

充電バッテリーパックとチャージャーを含め,20年前に 2台 一式 8万円以上しました。

高価なオモチャです。

| | コメント (1)

2010年5月 5日 (水)

上蒲刈島の風景

(前日からのつづき)
5月3日,呉市上蒲刈島を自転車で走りました。

Img_7043

自宅から 安芸灘大橋まで 約15km。
よく晴れています。

Img_7046

下蒲刈島を通り抜け,蒲刈大橋で上蒲刈島に渡ります。

車道を若い人達が シャキシャキ走っています。

Img_7048

蒲刈大橋を渡ったところに 「であいの館」があります。

建物の裏に出ると 瀬戸内海が一望できます。
この日は やや霞んでいました。

Img_7059

Img_7056

「県民の浜」に着きました。

本通りの「メロンパン」で買った「メロンパン」と「ビーフカツサンド」の昼食を摂りました。

Img_7063海岸沿いの道を走ると 2008年に完工した豊島に渡る「豊島大橋」(支間長:540m)が見えてきました。
この橋で ほぼ島の半周です。
今回は 橋の下を通過します。

Img_7066

この橋の完成で呉市川尻町から愛媛県岡村島までの7島を7つの橋で結ぶ「安芸灘諸島連絡架橋」(通称:とびしま海道)が繋がりました。

Img_7070

下蒲刈島を経由して帰路に着きました。

下蒲刈島で見た花です。

次は 江田島/能美島を走るつもりですが,いつになるでしょうか。

 

| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

何とか上蒲刈島一周ツーリング決行

連休中に 呉市上蒲刈島まで自転車で行き 一周しようと思っており,還暦過ぎの身なので 負担を少しでも軽減しようと ピンポイント天気予報で翌日の風速をチェックしていました。
連休が始まって以来,南西 もしくは 西の風 5~7m/s が続いて躊躇していましたが,連休も残り少なくなったので 5月3日,風速の予報は 5~6m/s でしたが 意を決して9時過ぎに出発しました。

Img_7081

上蒲刈島は 2005年に 安芸郡から呉市に編入された島です。

ルートは 自宅から本通り(国道185号)に出て ひたすら 185号を東に向かい,川尻町から 安芸灘大橋で下蒲刈島に渡り,最短距離で 蒲刈大橋まで走って これを渡って 上蒲刈島に入ります。
上蒲刈島では 海岸沿いの道を 反時計周りに走って一周して蒲刈大橋に戻り,往路を引き返す,という計画です。

Img_7058途中,映画「海猿」の撮影が行なわれたことで有名な(?)「県民の浜」で昼食休憩をとります。
写真は「県民の浜」,ハワイではありません。

「県民の浜」に至る少し手前に 「海猿」で 市営バスに乗った二人が通る「原トンネル」があります。

先週のNHK 総合TV 「鶴瓶の家族に乾杯」で ゲストの「塩マニア」 小池栄子さんが 塩を求めて訪れた舞台が 下/上蒲刈島でした。
来週 5/10 に後編が放映されるとのことです。
下蒲刈島は 「姫ひじき塩」,上蒲刈島は 「藻塩」 がブランド名です。

Img_7075

途中の風景は 明日のアップとします。

16時過ぎに帰宅,走行距離:66km。
風速は予報を下回り 最大 3m/s 程度。
久しぶりの 50km越えで 疲れました。
膝の関節に痛みがあります。訓練不足のようです。

| | コメント (0)

2010年5月 3日 (月)

料理用温度計

Img_6911(株)ドリテック さんの 調理用温度計です。

計測範囲は -10℃~300℃。
先端は安全キャップが付いています。

Img_7038

アメリカ製(メーカー不明),肉用の見易いアナログ温度計です。

Beef Rare,Smoked Ham:60℃,Poultry:82℃ など示されています。(華氏がメイン)

‘Poultry’は 鶏肉に限らず 七面鳥など 鳥全般ですね。

| | コメント (0)

2010年5月 2日 (日)

ヤマツツジを壺に活ける。

呉駅前 「そごう」の前で野菜などと一緒に花が売られていて,その中に『ヤマツツジ』 がありました。
疎らについた葉の緑色と 花の薄紅色のバランスがいいので買い求めました。

Img_7000_2

Img_7014_2

初めは 和室に置いてみましたが,あまり使ってない部屋なので 知らないうちに枯れてしまってはもったいないと,玄関に移しました。

Img_7023

| | コメント (0)

2010年5月 1日 (土)

連休二日目は映画に

上映中の映画で興味がある 「第9地区」 と 「タイタンの戦い」で 迷いましたが,中学生時代から 45年以上 好みの分野である「『ソード&サンダル』+『ギリシャ神話』」モノの 「タイタンの戦い」(‘Clash of the Titans’)を観ることにしました。

巨匠 Ray Harryhausen(「アルゴ探検隊の大冒険」(1963年)を何回 観たことでしょう。)の最後の作品になった同名映画(1981年)のリメイクです。

映画館は 安芸郡府中町にある ショッピング・モール 「イオンモール 広島府中ソレイユ」内にあるシネマ・コンプレックス「広島バルト11」としました。

Img_6995

1998年に閉鎖された旧キリンビール広島工場跡の 「キリンビアパーク広島」敷地内に「イオンモール 広島府中ソレイユ」はあります。
2004年のオープンです。

Img_6991

Img_6992

工場時代の煙突を残して シンボルタワーとしています。
4月23日に MOSDO 1号店がオープンしました。

映画は 1981年の「タイタンの戦い」に比べ ストーリーが現代的,かつ複雑になり 単純に ファンタジー & アクションを楽しむだけではなくなりました。
しかし,岬の先端に立つ 巨大なゼウス像のシーンから ギリシャ神話に引き込まれました。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »