« 大雨の後,梅雨明け。 | トップページ | かすかな 「カバヤ文庫」の記憶。 »

2010年7月19日 (月)

板坂元氏の「紳士の小道具」

就職して以来 40年近く,ファッション関係の雑誌や本,少なくとも 本職が著した その手の本を読むことは ほとんどありません。

Img_7620

板坂元氏(1922~2004)の「紳士の小道具」(1993年初版発行)です。

発行当時,興味があったのですが 買いそびれ,今回 カードを作ったついでに図書館で借りてみました。

板坂元氏は 1957年から3年間 ケンブリッジ大学で,1960年から24年間 ハーバード大学で 日本語と日本文学の講義をした文学者です。

タイトルは「小道具」ですが 靴を含む衣類と 鞄,傘,時計,ハンカチ等に関して,それらの製造や評論を生業としない立場で,正しい「『ナリフリ』のかまい方」を述べています。

1960年~1970年頃の日本での流行の影響を受けない地で生活を送り,1985年に帰朝して ボタンダウン・シャツとチノパンを愛用していた方です。

|

« 大雨の後,梅雨明け。 | トップページ | かすかな 「カバヤ文庫」の記憶。 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大雨の後,梅雨明け。 | トップページ | かすかな 「カバヤ文庫」の記憶。 »