« 夏の昼寝用具 | トップページ | 東京湾ディナークルーズ »

2010年7月24日 (土)

バティックでカーテン

住まいにカーテンを使わず,全て ブラインドとする方針でしたが,1ヶ所 ブラインドだと うまくいかない箇所があり,かつ,寝室に使っている部屋の東にその箇所があって,夏を迎えて日の出が早くなり 安眠を妨害するので 止むを得ず,カーテンを採用することになりました。

Img_7656

60cmほどの幅の明り取りで 上半分はルーバーのため,その開閉用のハンドルがブラインド設置の妨げになります。

Img_7655

何故か,生地は 「ジャワ更紗」(Batik)です。

昔,シンガポール出張の土産に買って帰ったものです。

ワンピースにならず,カーテンになりました。

関係ありませんが,「ジャワ更紗」というと 北原白秋作詞,山田耕筰作曲の『すかんぽの咲く頃』という歌を思い出します。

  土手のすかんぽ ジャワ更紗
  昼は蛍が寝んねする
  僕ら 小学一年生(オリジナルでは 「小学尋常科」)
  今朝も通って また戻る
  すかんぽ すかんぽ 川のふち
  夏が来た来たドレミファソ

小学校で習ったのかどうか,分かりません。
「ジャワ更紗」が何のことか分からないで歌っていました。

|

« 夏の昼寝用具 | トップページ | 東京湾ディナークルーズ »

mono」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏の昼寝用具 | トップページ | 東京湾ディナークルーズ »