« MATCHA TASTE CHOCOSAND | トップページ | 爽やかに アガパンサス »

2010年7月 2日 (金)

老化について

生き物が歳に応じて衰えていくのは摂理です。

しかし,還暦を過ぎて 急に老化を感じることはありません。
老化は,平均的 かつ 全体的にではなく 部分的にきます。

早くから 衰えを感じることがありました。

もっとも早く感じたのは 高校1年生の時!それは 走力(短距離)でした。
中学生まで 短距離を走るときに 身体は 頭の指示通り動いていました。
確かに全力で走っているという自覚があり,意識と脚の動きが一致していました。

高校生になって 体育で 100m走のタイムを計るとき,愕然としました。
頭の指示通り 脚が動かなかったのです。「これは全力ではない。」 とフィードバックが頭に送られ,脚を動かそうとしても脚は動かず もどかしさを感じました。

それ以後,各年代で 全盛期との相対で 各部の衰えを感じつつ生きてきました。

面白いのは 体力測定で 30秒間の「上体起こし」(要するに 腹筋運動。両手を頭の後ろで組み,倒したときは手を床に付け,起こしたときは 肘を 直角に折った膝に付けるのがルール。)をやると 昔と変わらず,ほぼ1秒間に1回のペースで 30秒間続けることが出来るので腹回りに贅肉が付いても腹筋は衰えてないようです。

この10年で 特に気が付くのは ランダムの位置の眉毛が勝手に伸びること。ほとんど 口髭と同じ速さ,むしろ少し早いくらいで伸びます。口髭と眉毛を最低 週1回,できれば 週2回 整えることが必要です。

眉毛の長さは 本来 ホルモンが一定の長さにコントロールしていると思われるので,ホルモンの分泌が少なくなっているのでしょうね。明らかな老化と認めざるを得ません。

但し,ひとつ 言えるのは 精神を若く保つことは 身体の衰えに逆らって出来そうな気がすることです。

|

« MATCHA TASTE CHOCOSAND | トップページ | 爽やかに アガパンサス »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MATCHA TASTE CHOCOSAND | トップページ | 爽やかに アガパンサス »