« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の30件の記事

2010年9月30日 (木)

今年も 渋皮煮

Img_8157義妹が作った 栗の渋皮煮です。

食べ物で 秋を感じます。

| | コメント (0)

2010年9月29日 (水)

O2-Sensor

長期間 閉ざされていた,鋼壁で囲まれたスペースに入るときは 酸素が鋼の腐食で消費されて薄くなっている可能性があるので,酸素濃度計で 酸素の状態を確認しながら入る必要があります。穀類の貯蔵スペースも 穀類の呼吸で酸素が薄くなっている可能性があります。
空気中の酸素濃度は 21%で,18%以下で酸素欠乏症となる可能性があって危険です。通常,このような危険な場所の作業基準では 危険レベルを酸素濃度 19%に設定しているようです。
酸欠による事故は 有毒ガスによる事故と違って 臭気もなく,何の前触れも起こり 気付いた時は 既に身体が動かなくなっており 死亡事故につながることがあります。

-という話とは関係ありませんが,1個ずつ包装した菓子の中に 乾燥剤と共に こんなものが入っているのを初めて見ました。

Img_8139_2

Img_8140_2開封したときの ピンク色が,30分で紫色に変わりました。

この目的は?

密封が確保されていたことを示す為でしょうが,消費者は 「酸素に触れてないときが ピンク色」であることを知りません。色が変わるかどうかを確認して菓子を口にするということでしょうか?
又,袋に入っているときには この Sensor は見えないので 購入時のチェックも出来ないし,販売者も確認できないはずです。
謎です。

| | コメント (0)

2010年9月28日 (火)

20歳ではなく 18歳?

Img_8146呉市中通と境川の間の飲み屋街のある店の入り口で見た Caution Plate です。

「20歳以上」ではなく,「18歳以上」入店可とする店とは何の店なのでしょうね。

| | コメント (0)

2010年9月27日 (月)

秋の雲?

Img_8147

9月25日 土曜日,既に薄暗くなり始めた 18時20分頃,広島県呉市 JR呉駅前広場から望む西方の空に,不思議な形の雲が浮かんでいました。

私には,膝を折って 腰を曲げた若い女性(?)が両手を後ろに伸ばして跳んでいる姿に見えました。

この形を保っていたのは 気付いてから 15秒ほどで,強い風があって すぐに頭が離れていきました。

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

土曜の昼は タン塩を

Img_8145金曜の夜,家人に 「何か食べたいものある?」と問われ 「牛タン」と答えました。

翌 土曜の昼食は 「タン塩」でした。
とろろ飯と共に。

焼肉のタレが苦手(甘い味付けをした肉を遠慮したい)で 焼肉店に行くことは皆無なので,タン塩を自宅で食べます。

| | コメント (0)

2010年9月25日 (土)

このモヤモヤを・・・如何せん。

石垣海上保安部の巡視船が,尖閣諸島沖で 公務執行妨害(領海侵犯,違法操業は?)の疑いで逮捕していた中国漁船の船長を,那覇地検は処分保留のまま釈放する方針であることを 9月24日発表しました。

「わが国国民への影響,今後の日中関係を考慮すると,これ以上身柄を拘束して捜査を継続することは相当ではない。」と外務省判断のような理由での釈放は,石原慎太郎氏が 「やくざの嫌がらせに屈したようなもの」と述べたように,中国の徹底して理不尽な,国を挙げての圧力に屈した感があります。まさか,領土まで この程度の圧力で放棄するのではないかと不安になります。検察とは無関係なことでしょうが ・・・。

中国に対して毅然と正義を貫いてくれるだろうと,南シナ海での中国の理不尽にして横暴な行動に泣かされているASEAN各国が,日本に対して抱いていたであろう期待を裏切りました。他国に尊敬される国になる以前に,自国を卑しめる判断だったと悔いが残ります。

東シナ海,南シナ海を 問答無用で自国のものにしようとしている,まともに付き合えるとは思えないのに 付き合わざるを得ない国です。付き合わないと 経済・産業が立ち行かない,というのが残念です。

| | コメント (0)

2010年9月24日 (金)

廉価なシェーバーの使い方

Img_8029現在,使用中の 携帯用(旅行用)シェーバーは 「BRAUN」と「無印良品」の製品で,せいぜい\2,000~\3,000 程度?

このクラス(値段)のシェーバーの替刃は売られてないものが多いようで,刃がダメになると駆動部に問題がなくても 本体を買い換えざるを得ません。もったいないことです。
部品の製造コストが 本体の製造コストを超えることはありえないので,刃だけを売ると 製造コストに流通コストを加えて 本体の値段と同程度になる,ということですね。

刃-特に外刃を長持ちさせるには 掃除は勿論ですが,使用時に無駄な力を入れないことが重要です。
原則,シェーバーの重さ以上の力で肌に押し当てないで,軽く滑らせることです。力を入れれば よく剃れる,ということはないようで,メッシュの外刃を傷めるだけです。
力を入れないために シェーバーの端を指先で,落さない程度に軽く摘んで使用する
-と意識しながら 大切にしましょう。

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木)

そろそろ秋

Img_8113_2渋柿ではないようですが,味はどうでしょうか。

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

あたり前田の・・・

Img_8099会社の売店で 煙草を カートンで買うと,サービス期間中で 「バスケットの中にあるものから どれか選んでください。」とのことで 何気なく取ったのが クラッカーでした。

前田製菓さんの 「黒ごま ソフトクラッカー」でした。

Img_8098

パッケージに「あたり前田のクラッカー」と印刷されていました。

私が 中学生から大学入学前まで TBS系で日曜午後6時から 6年間 放送されていた 「てなもんや三度笠」で あんかけの時次郎を演じる 藤田まこと氏が 毎回,番組の初めに ミニコントをして 「俺がこんなに強いのも,あたり前田のクラッカー!」 とやって 本編が始まりました。

既に 番組が終わって 40年以上経ちましたが,この台詞は生き残っていて 時折り 我々世代が 思わず口走って 顰蹙を買う(?),と言うこともあるようです。
私も,思わず 言いそうになって,我慢して 飲み込むようにしていますが,時々 遺憾ながら出てしまいます。

| | コメント (0)

2010年9月21日 (火)

わからないシャツ

この数年,理解できないボタンダウン・シャツを着ている人を見かけるようになり,徐々に増えてきました。

白いシャツで,ボタン付けや ボタンホールの縁かがりに 赤や黒の糸を使っているシャツです。

かつて このような趣味のボタンダウン・シャツを見ることはありませんでした。
察するに-

  • 5年前に始まったクールビズ・キャンペーン以降,ノータイやノージャケットが拡まり,レギュラー・カラーのシャツだと襟元が淋しいので 自らの意思か 薦められてか ボタンダウン・シャツを着る人が増えた。
  • それまで ボタンダウン・シャツを作ってなかったメーカーが ボタンダウン・シャツを作るようになった。
  • ボタンダウン・シャツの 抑えるべき基本ディーテイル・デザインはさて置き,何か デザインしなければいけないと考えるメーカーあって,色糸を使うようになった。
  • それを クールと思う人,もしくは 着るものに無頓着な人が選んだ。

目先が変われば 何でもいいと思っているのかどうか分かりませんが,私には理解できない,滑稽な傾向です。

| | コメント (0)

2010年9月20日 (月)

今年の夏の迷い虫

Img_7567_2

外が暑すぎたせいか 今夏,クーラーをかけた部屋にどこからか侵入して涼んでいる虫がいました。

洒落た柄の天道虫。

Img_7861名前を知らない とんぼ。
糸とんぼ?

| | コメント (0)

2010年9月19日 (日)

昔,「伝書鳩」 がいた。

小学校低学年だった昭和30年(1955年)頃,陸上競技を観に行ったとき,競技場の本部席の近くから 数羽の鳩が飛び立っていくのを見ました。

新聞社の伝書鳩でした。これが 仕事をしている伝書鳩を見た唯一の機会でした。

電話は 回線数は限られていたでしょうが,当然存在していたので,恐らく 伝書鳩が運んでいたのは 写真のフィルムが主で,これを脚か背中に付け 当時の新聞社の屋上に必ずあった鳩舎を目指して飛んで行ったのでしょう。

昭和35年(1960年)くらいまで 新聞社は伝書鳩を使っていたようです。
現在のデジタルカメラとインターネットによる写真の電送が実用化したのは 1990年代でしょうから,その間の空白の30年間は 写真を何の手段で運んだのでしょう。

ファクシミリ(FAX)が使われ始めたのは 恐らく 昭和50年(1975年)頃で 写真を送るにしてはドットが粗すぎる気がします。それ以前のテレビの刑事物ドラマで 犯人の顔写真を おそらく専用回線で送る電送写真がありましたが,これも新聞掲載に堪える質があったとは思えません。
それよりも フィルムのままでは FAXできそうにありません。

伝書鳩からインターネットの間の空白の30年,フィルムを運んでいたのは  プレスライダーと呼ばれたバイクだったようです。
鳩舎の前で 苛々して鳩の到着を待つより 確実なので採用されたのでしょう。

会社における外国との通信手段は 私が入社した 昭和40年代は TELEXでした。電報ですね。空港の到着時間やら ホテルの予約依頼などの連絡は 問題ありませんでしたが,技術的なトラブル説明では 絵がないので 解読に苦労しました。解読したつもりで 現地に行って 現物を見て 推定したトラブルと違っていたことなどありました。
昭和50年代に入って FAX が使われ始め 図面が送られるようになって 相当 便利になりました。(蛇足ですが,FAXの母音を 日本人が “æ” ではなく “ʌ” と発音しがちなので ビジネスの席にふさわしくない言葉に聞こえて ネイティブは 気になったようです。)
さらに この10数年で デジタルカメラと インターネットが一般化して リアルタイムで 世界のどこからでも,海の上からでも  写真を送ることができるようなって 世界が変わりました。

| | コメント (0)

2010年9月18日 (土)

百日紅は サルスベリ,千日紅は?

Img_8102千日紅は そのまま 「センニチコウ」です。

ヒユ科,春播き一年草。
7月~9月に咲きます。

千日は どこから来たのでしょう。
三ヶ月の長期間咲くことから付いた名前でしょうが,百日紅がかなり正確なのに対して 大げさです。

| | コメント (1)

2010年9月17日 (金)

煙草を吸う場所

Img_5077ベランダに椅子を置き,煙草を吸うつもりでいます。

灰皿は 煙草屋でもらった “Golden Bat” の蓋付きブリキです。

真冬になれば ベランダの出口に ダッフル・コートを 掛けておいて 羽織ればなんとかなる,と思っています。

しかし,この夏は何とも・・・。

| | コメント (0)

2010年9月16日 (木)

「花壇の水あげ当番」?

あげる」は, 一般形 「やる」 の謙譲語であって 決して 丁寧語ではない,と思っています。

最近は その認識がない人が急激に増えつつあって,かつて このブログで書いたように, ピアニスト 辻井氏の父親の 「息子に××してやりたい。」 とテレビのインタビューで語っている画面のテロップに 「××してあげたい。」 と流れて,驚くと共に テレビ局(担当者)の見識の無さ,辻井氏の父親への無礼さを不愉快に感じたことがありました。
息子に対して謙譲語を使わない常識ある父親を,いかにも ぞんざいな言葉を使っているように報道するのは どのような神経と 国語の知識を持っているのか 不思議に思っていました。

世の中,どうなっているんだろうかと 調べてみると 2007年に 「文化審議会答申」で 『敬語の指針』というのがありました。

この指針の 「第1章 敬語についての考え方,第2 留意すべき事項,2 世代や性による敬語意識の多様性」の項に この言葉に関する記述があります。

その一部を引用すると-
・・・例えば 『植木に水をやる』を適切な言葉として選ぶ人は,『あげる』に謙譲語的な旧来の意味を認め,『植木』は その種の言葉を用いるべき対象物ではないと考えている可能性がある。一方,『あげる』を使う人は,この語の謙譲語的な意味が既に薄れていると考え,同時に 『やる』という語に 卑俗さ,ぞんざいさを感じて避けている可能性がある。
現代は,この二つの考え方が 言わば 拮抗している時代であろう。
『植木に水をあげる』という場合の『あげる』は,旧来の規範からすれば 誤用とされるものであるが,この語の謙譲語から美化語に向かう意味的な変化は 既に進行し,定着しつつあると言ってよい。

私の考えが,『旧来の規範』で 『旧来の意味』に基づいていても,その意識のない人には 私の言葉は 「卑俗」にして「ぞんざい」 と感じられているとのことでした。『旧来』に悪い意味はありませんが 「旧来の陋習」などと使われ イメージはよくないですね。
どのような人々がこの審議会の委員だったのか調べていませんが,文部科学大臣が任命している人々が書いたのでしょうから確かでしょう,記述に不満はありますが。

敬語を使う感覚は 敬語を意識してから50余年 ほとんど変化してないので,これからも 「あげる」を謙譲語とし,普通は 「やる」 を使うでしょう。
「乱暴な言葉を使う じいさんだ。」と 思われながら 生きていくことになりそうです。

ところで, 上述の傾向が事実なら 小学校の「花壇の水やり当番」 は 「花壇の水あげ当番」 になるのだろうかと 試しに検索してみると,既に 旧来の規範から離れて 「花壇の水あげ当番」 としている学校がありました。

根がついている花を どのように 「水あげ」 してやるのでしょうか?

更に,「水やり当番」としているサイトでも 動詞として 「水をやる。」と記述しているのは ほとんどなく,「水をあげる。」 でした。花もえらくなりました。

| | コメント (0)

2010年9月15日 (水)

秋まで あと少し。

Img_8085100日間咲き続けた 百日紅の花が 残り少なくなりました。

昨夜は クーラー無しで 窓を開けて寝て,明け方 寒くなって 窓を閉めました。

あと少しの辛抱です。

| | コメント (0)

2010年9月14日 (火)

アヴォカド 成長中。

Img_8070

水栽培の アヴォカドが 3~4週間で これだけ伸びました。

葉も大きくなりました。さて,どこまで伸びるでしょう。

Img_7948_2

| | コメント (0)

2010年9月13日 (月)

暑さと緯度について

「今年の夏が一番暑い。」 と 何年かおきに言ってきましたが,
「今年の夏が一番暑かった。」と気象庁が発表しました。

クーラーを入れっぱなしで毎晩寝た夏は 過去にありませんでした。
今年は クーラーなしでは寝られない暑さでした。
日本が 「温帯から 亜熱帯化した」とまで言われています。

この暑さは熱帯並だと思い,この夏,気温を調べていると 東京が 35℃の日に シンガポールは 30℃ でした。直感的には 「それはないだろう。」 と思えます。
しかし,真夏に東南アジアから帰国すると 日本の方が暑いと感じるのも事実です。

夏が暑いのは 太陽光の入射角が小さく(=太陽高度が大きい),光の密度が大きいためですが,夏に北回帰線の真上に太陽がくるとき,太陽光の入射角は 東京とほぼ赤道上のシンガポールで どうなるのだろうかと考えました。

地軸の傾き:23.4°,東京:北緯 35.6°,シンガポール:北緯 1°なので-
夏至の日の東京で太陽の入射角は-
     35.6°-23.4°=12.2°
このとき  シンガポールでは
     23.4°-1°=22.4°

となって 東京の方が太陽光線の入射角はシンガポールより小さいので,シンガポールより暑いのは不思議ではない,ということですかね。
計算あっているでしょうか?

| | コメント (0)

2010年9月12日 (日)

9月の暑さの中,映画を観て 広島市散策。

「バイオハザードⅣ アフターライフ」(“Resident Evil:Afterlife”)を観るため,土曜日 朝から広島方面に出かけました。

映画館は 安芸郡府中町の 「イオンモール広島府中ソレイユ」内にある‘WALD 11’(バルト 11)です。わざわざ ドイツ語の名前を付けている理由がよくわかりません。ドイツ語では「森」ですが,一般的には分かりにくい言葉を使ったのは?
このシネコンの一番大きい(400席超) シアター10 で上映しているので選びました。

Img_8075

3D映画は 「『夫婦50割』 二人で\2,000」の割引は適用されず,シニア(60歳以上)割引 通常 \1,000 のところを  \1,500 で 入場しました。
因みに,一般: \1,800 → \2,000,学生 :\1,500 → \2,000,子供:\1,000 → \1,500 のようで ,3D映画によるアップ分は 一般が \200 の他は 全て \500 でした。

Img_8077

座席はゆとりの広さで,中でも L と Mの列は 肘掛も広く,狭いながらもテーブルがあります。

通常 +\500 が必要とのことでしたが,何故か 今回は不要。

肝心の映画は,映像などの技術はそれなりでしたが,ストーリーが 2002年の1本目に比べると単調に感じました。
初めて観る 3D画像は 彩度と明度の低さが気になって全面的には楽しめませんでした。私の眼鏡が故障していた訳ではないでしょうね。
特に 明度の低さは 同時に両眼で観てないことが理由?

公開直後の土曜日の昼前の回で,座席は 1/8~1/7 しか埋まっておらず,他人事(お節介ながら-『ヒトゴト』と読む。)ながら心配になりました。

観終わって,無料のシャトルバスで 広島駅に出て,そこから 八丁堀まで歩きました。

Img_8083途中,太田川水系のひとつ 京橋川のそばにあるオープンカフェで 遅い昼食を摂りました。
気温は 軽く 30℃を越えていましたが,風があって 日陰なら屋外でも 暑さを気にせず食事ができました。

一時の 熱帯並みの蒸し暑さは去ったようです。

| | コメント (1)

2010年9月11日 (土)

食前の 手作り 「みたらし団子」

Img_8071地方勤務の嘱託の身で, この季節, 帰宅は日没前です。
首都圏勤務だった去年までの 「ゆりかもめ-JR-バス」と乗り継いでの帰路 片道 1時間半が,同じ方向に帰る人の車に便乗して 10分ほどになりました。

夕食まで 時間があり,ゆっくり過ごせます。

帰宅後,まず お茶を飲みます。
減量中でありながら,茶菓子が必須です。

本日は 家人 手作りの「みたらし団子」でした。
(何日か前にテレビで 作り方を紹介していたらしい。)
見かけはさておき,味は上々でした。

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

台風の発生数。

台風9号が 9月8日,福井県敦賀市に上陸し 南東方向に進んで中部地方を横断し,静岡県で熱帯低気圧になりました。
この報道で,北陸に台風が上陸したのは 記録がある1951年から初めてのことだと知りました。

今年の台風は 発生数の少なさも コースも例年と違うようです。
1951年から データがあるとのことなので 発生数について 気象庁のホームページを覗いてみました。

  • 今年の8月までの発生数は 8
  • 平年(1971年~2000年)の8月までの発生数の平均は 14.1,年間で 26.7(記録がある 59年間の年間発生数の平均は 26.4)。
    今年は やはり少ないですね。
  • 1951年以来,最も発生数が少なかったのは1998年で 年間で16,8月までの発生数は 4
    今年より少ない年がありました。
  • 反対に 最も発生数は多かったのは 1967年で 年間で 39,8月までの発生数は 22 でした。
  • 年間発生数が 20以下だったのは 1951年からの59年間で,1969年(19)と 1998年(16)の2年だけです。
    さて 今年の年間発生数は?

「前代未聞の発生数の少なさ」 とまではいきませんが,今年は 相当 少ない台風の発生数だと分かりました。

| | コメント (0)

2010年9月 9日 (木)

伊賀焼の炊飯釜

Img_8063

三重県伊賀市・長谷製陶(株)さんの 伊賀焼の炊飯釜 「ecoかまど」です。
ガスの直火で炊きます。

キャチコピーは 「火加減いらずで,まるでかまどで炊いたような『本物の味』のご飯が炊き上がります。

Img_8059

  • 特長は 陶製外釜が熱を逃がさず蓄熱するので-

「炊き上げ時間短縮」,「長時間保温」,「ガス代節約」
とのことです。

Img_8062

四つのパーツから成っていて
上から 「外釜」,「内釜」,「中蓋」,「上蓋」です。

さて 子供の頃(昭和30年代前半まで),食べていた 羽釜で炊いたご飯の味が 甦るでしょうか。

| | コメント (0)

2010年9月 8日 (水)

紅瑞宝

Img_8048紅瑞宝(べにずいほう)という名の葡萄です。

九州の,家人の友人から 2kg 送られてきました。
北九州の ぶどう園で作られたものです。

甘く ジューシーな葡萄です。

かなり,繊細な葡萄のようで長持ちは難しそうです。

| | コメント (0)

2010年9月 7日 (火)

夏の終わりは・・・

Img_7903

ベランダに置きっぱなしのビーチサンダルが 何故 揃ったまま裏返しになっているのか,家人には心当たりがないそうです。

「ビーチサンダルが 暑さに嫌気がさして ひっくり返ったのよ。」 と家人は主張して譲りません。

まさか!

否,そうかも知れない。

| | コメント (1)

2010年9月 6日 (月)

「暑さ」に関する言葉の定義

9月1日,気象庁が 今年の夏の暑さに関して 次のように発表したと報道されました。

「今年の夏の日本の平均気温について ~今夏の日本の気温は統計開始以来,第一位の高温~,1898年以降 113年間で第一位,今夏(6~8月)の平年差:+1.64℃」

「やはり そうか。」 と思う発表ですが,この発表や一般の暑さに関する報道で 肝心な言葉の定義が分からないので,この機会に 気象庁のホームページで調べてみました。

  • 平均気温とは?
        何気なく聞いていますが,「平均気温」は どれだけのデータを平均したものだろう,との疑問がありました。正解は 1時間毎の気温の平均だそうです。つまり,1日の平均気温と言えば 1時から24時までの1時間毎の気温の平均値です。1週間の平均気温,1ヶ月の平均気温であっても 元データは 1時間刻みの気温です。
  • 日本の平均気温」 はどの地点の?
        どこか 日本を代表する観測所の記録から算出するのも どんなものだろうかと思っていました。
    正解は 次の17地点の(平均気温の)平均だそうです。これらの地点を選ぶ理由は「長期間の気温観測データがあり,かつ,都市化の影響が少ない。」のふたつとのこと。
        「網走」,「根室」,「寿都(すっつ)」,「山形」,「石巻」,「伏木(高岡市)」,「長野」,「水戸」,「飯田」,「銚子」,「境」,「浜田」,「彦根」,「宮崎」,「多度津」,「名瀬」,「石垣島」 の17地点です。
  • 平年値に比べて・・・」の「平年値」とは いつから いつまでの平均値?
        10年間? 20年間? 50年間? 
    正解は 30年間の平均値です。それも 前年以前の30年間ではなく,10年毎に更新される統計値です。今年(2010年),平年値と言われているのは 1971年から2000年までの30年間の統計値で 2000年統計(値)と言われます。来年(2011年)からの10年間,平年値として使われるのは 更新される1981年から2010年の30年間の平均値だと思います。

勉強になりました。

この5,6年 充分に春と秋を感じる時間がない年が続いています。
今年も 10月まで暑さが残り,11月にやっと秋が来たと思うのも束の間,冬が来そうな予感がします。

| | コメント (0)

2010年9月 5日 (日)

9月になっても 「かき氷」

Img_80369月になっても 暑さが続きます。

外出から帰って クーラーを入れ,部屋の熱気が去るのを待つ間に 身体を中から冷やします。

7月に購入した 「電気氷かき器」で かき氷を作ります。

この夏の必需品でした。

| | コメント (0)

2010年9月 4日 (土)

それでも 秋刀魚を食べる。

海水温度の上昇の影響とかで 秋刀魚の不漁,高値が報道されています。

Img_8050

暑さは衰えず,秋の気配はまだありませんが,この季節,やはり「秋刀魚」です。

刺身用に選んでくれた魚屋のオヤジさんは「高いよ。」と言いながら,捌くために一尾掴んで 奥に行きそうになったので, 「2尾下さい。」 と言うと 「えっ!」と言ったそうです。

高いと言っても 1尾 \300 なので 驚くほどのことはないでしょう。

実は 昨夜,出張先の日本料理店で 秋刀魚の刺身を食べたので 2夜 連続となりました。

| | コメント (0)

2010年9月 3日 (金)

避けてきたこと 又は 避けたかったこと。

成人以後 40数年,些細な理由や好悪の趣味から避けてきた,又は 避けたかった多くのことがあります。
マナー違反に関することは当然ですが,とるに足らない,どうでもいいことに関することで, ・・・。

  • 会社に着いて サンダルに履き替えること。
       「靴下にサンダルは 合わない。」
       という理屈以前に,サンダル履きで仕事するのが嫌い。
       新入社員で配属された職場のほとんどの先輩が
       サンダルを履いていましたが,これは見倣いませんでした。
  • ポーチ/セカンドバッグの類を持つこと。
       相撲取りでは ないので,・・・という理由ではありませんが
       趣味の問題で。
  • 小銭入れを持つこと。
       レジで 「あっ,20円あります。」 などと言いながら
       小銭入れを覘く様が 好きではありませんでしたが,
       20年前から 持っています。
  • タイピン/タイバーなどをすること。
       必要性を感じないので 持っていません。
       率直に言えば スマートではないと思っています。
       タイが邪魔と思うときは 外すか,シャツの中に入れます。
  • シャツに糊をつけること。
       シャツは裃ではありません。
       クリーニング店に出すことはありませんが,
       出張時,ホテルのLaundry Oder Sheet に
       ‘NO STARCH’の チェック欄がないときは困ります。
  • 食べ物をかき混ぜて食べること。
       明確な理由なし。純粋に趣味の問題。
       混ぜる動作自体をしたくありません。
       納豆でさえ混ぜません。
  • 電車で靴を脱いで 前の座席に足を乗せること。
       これはマナーの問題?普通ですね。
  • 花見(夜桜見物の酒宴)
       ネクタイをした大人が,公共の場所で
       夜,地面に敷いたシートに胡坐をかいて 酒を飲んで騒ぐ-
       という会社の行事に ずっと馴染めませんでした。
       その思いを顔に出さず(ひょっとすると出ていたかも)
       浮世の義理で 何とか参加していましたが,
       この10年は 全くの迷いなく パスしています。

挙げると 限がありません。
世の中の標準と少し異なる 多くの拘りを持って 人の目を気にせず(しないように努めて)生きてきました。

| | コメント (1)

2010年9月 2日 (木)

木製の洗濯ばさみ

Img_8045木製の 何にでも使えそうな 洗濯ばさみです。

販売元は 静岡市の“POSH LIVING CO.,Ltd”。
製造は 中国。

Img_8041

一袋 50個入りで 税抜き \350,1個 \7。

| | コメント (0)

2010年9月 1日 (水)

ダイエット夕食継続中ですが・・・

Img_8039ダイエット夕食を始めて 2年近くなります。

1年で 10kg以上の減量に成功しましたが,最近,油断のためか ややもどりつつあり,引き締めが必要です。

さて,本日の夕食。

主食(?)は 「たまご粥」,寒天入りで 51kcal。ご飯は一膳 300kcal くらいでしょうから,これは有効です。
シーズン真っ盛りの 「ギザミ(ベラ)の背ゴシ,ワカメ添え」。
「牛マメ(腎臓)と胡瓜の和え物,山椒風味」。
「大根の牛スジスープ煮」。

なかなか 渋いですね。

60歳を過ぎると 基礎代謝エネルギー/日は 1,400kcalくらいでしょうから,摂取は1日 1500kcal に抑えたいのですが・・・。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »