« 廉価なシェーバーの使い方 | トップページ | 土曜の昼は タン塩を »

2010年9月25日 (土)

このモヤモヤを・・・如何せん。

石垣海上保安部の巡視船が,尖閣諸島沖で 公務執行妨害(領海侵犯,違法操業は?)の疑いで逮捕していた中国漁船の船長を,那覇地検は処分保留のまま釈放する方針であることを 9月24日発表しました。

「わが国国民への影響,今後の日中関係を考慮すると,これ以上身柄を拘束して捜査を継続することは相当ではない。」と外務省判断のような理由での釈放は,石原慎太郎氏が 「やくざの嫌がらせに屈したようなもの」と述べたように,中国の徹底して理不尽な,国を挙げての圧力に屈した感があります。まさか,領土まで この程度の圧力で放棄するのではないかと不安になります。検察とは無関係なことでしょうが ・・・。

中国に対して毅然と正義を貫いてくれるだろうと,南シナ海での中国の理不尽にして横暴な行動に泣かされているASEAN各国が,日本に対して抱いていたであろう期待を裏切りました。他国に尊敬される国になる以前に,自国を卑しめる判断だったと悔いが残ります。

東シナ海,南シナ海を 問答無用で自国のものにしようとしている,まともに付き合えるとは思えないのに 付き合わざるを得ない国です。付き合わないと 経済・産業が立ち行かない,というのが残念です。

|

« 廉価なシェーバーの使い方 | トップページ | 土曜の昼は タン塩を »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 廉価なシェーバーの使い方 | トップページ | 土曜の昼は タン塩を »