« 歩道の 宣伝用「のぼり」は どうなる? | トップページ | 呉市 吉浦八幡神社例大祭の前日 »

2010年10月 2日 (土)

38年間で 3つ目の Ray-Ban

就職した年(1972年)に 初めてサングラスを買いました。
Ray-Banの “Outdoorsman” のゴールドで,約\16,000でした。
子供の頃から(?) サングラスは Ray-Ban と決めていました。

40歳代になって 2つ目のサングラスを買いました。
Ray-Banの “Outdoorsman” のブラックで,約\16,000でした。

そして 62歳になる今年,3つ目のサングラスを買いました。
これまでと同じ RB3030で,これも約\16,000でした。

約40年間,趣味・嗜好の変化はなく,他のタイプを選ぶ気になりません。
Ray-Ban は 新しいデザインのサングラスを作りながら,この “Outdoorsman” を,わずかな Design Modificationのみで 造り続けています。有難いことです。

ほぼ20年間隔で買った 同Modelの Ray-Banを並べてみました。
ケースもグラスも 大きさと形が 微妙に変化しています。

Img_8179

Img_8183

Ray-Ban の 代表商品(?)Teardrop型レンズのサングラスは “Aviator”が有名ですが, “Outdoorsman”は これに 「額の汗止め」(“brow bar” )が付いており,更に RB3030 Modelは “cable temple” で 蔓を耳の後まで回して掛けるようになっていて 跳んでもはねても ズレないのが特徴です。

若い頃,アメリカ映画の影響で コットン・スーツに黒ニット・タイ,そして Ray-Ban のサングラスを 夏の通勤スタイルにしようと思っていましたが,諸般の事情で 実現することなく 還暦を過ぎました。

|

« 歩道の 宣伝用「のぼり」は どうなる? | トップページ | 呉市 吉浦八幡神社例大祭の前日 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歩道の 宣伝用「のぼり」は どうなる? | トップページ | 呉市 吉浦八幡神社例大祭の前日 »