« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の31件の記事

2010年10月31日 (日)

観た映画はありますか?

Img_8377

呉市中通商店街の閉じられた店のスペースで 昭和の映画の看板画(縮小版)を売って(?)いました。
昭和30年代から40年代前半にかけて,私が小学生から大学生の頃の邦画です。
ほとんど全てが記憶にある映画ですが,観た映画は一本もないと思いながら眺めました。

が,一本だけ- 「紅孔雀」だけは おそらく観たのではないかと思われます。
更に考えると,学生時代に 大学近くの映画館での 土曜日東映やくざ映画オールナイト上映で 「仁義なき戦い」は観たかもしれません。

Img_8378_2Img_8382

Img_8379

Img_8383

Img_8380

 

| | コメント (0)

2010年10月30日 (土)

「鯛の浜焼き」が当たった。

近くのスーパーで買った卵のパックに入っていた「当たり」券を葉書に貼って 広島県福山市の卵屋さんに送って 1ヶ月,忘れた頃に 「鯛の浜焼き」が届きました。

Img_8357

このような 竹の皮で作った円形の笊(?)を半分に折った容れ物が それらしいです。

Img_8361

蒸し焼きにした 40cm,約1kg の瀬戸内海産天然鯛です。

福山市沼隈町 (有)魚千さんの製品です。

先ずは 「鯛めし」で いただきましょう。

| | コメント (0)

2010年10月29日 (金)

ピッツァ・ストーン

Img_8330

デロンギのオーブンに付いている「ピッツァ・ストーン」です。
「材質:レンガ」 と書いています。

Img_8332_2Img_8333

今年 2月に買い換えるまでの 旧型デロンギに付いていた「ピッツァ・ストーン」です。
溝に 意味があるならこっちの方が 性能はよさそうです。

Img_8335

Img_8338

「ピッツァ・ストーン」を使って焼いた家人の手になる手製ピッツァです。

改良の余地あり,と本人は申しております。
恐縮ながら 私も そう思います。

| | コメント (1)

2010年10月28日 (木)

「べら」の煮付け

Img_8308関東では ほとんど目にしない 「べら」(ギザミ)の煮付けです。

新鮮な場合,刺身が一番ですが,上品な白身は煮付けにしても上等です。

| | コメント (0)

2010年10月27日 (水)

デロンギの オイル・ラジエター・ヒーター

朝日新聞の土曜版に デロンギ会長の記事があって,オイルヒーターの発売開始が 1975年, 日本での発売開始は 1985年であることを知りました。
日本での発売開始から わずか25年しか経ってないことに驚きました。
驚きついでに 来るべき冬に備えて 我が家のオイルヒーターを出しました。

20年以上前の子供が小さい頃,子供部屋用に 安全性とデザインを重視して選びました。
日本で売り始めて 間もない頃だったことになります。

Img_8320

Img_8325

Img_8321

500W + 700W でMax. 1,200W です。

Model No.310912TE 8 Fin で,「デロンギ日本」のサイトを見ると 「補修用性能部品の保有期間が終了している為,修理ができません。」とありました。

電力消費量大,急速暖房不可の欠点がありますが,空気を汚さず 静かなので大切に使いましょう。

| | コメント (0)

2010年10月26日 (火)

モルト・ビネガー

Img_8317英国サーソン(Sarson's) の モルト・ビネガーです。
原料は大麦と乾燥麦芽エキスです。

英国では この酢を Fish & Chips にかけます。

米酢と違って ツンと鼻をつく強い刺激がなく,酢が苦手な私も何とかいけます。

さて 何にかけましょうか。

| | コメント (1)

2010年10月25日 (月)

呉市土木課の指導に期待。

Img_8313呉市蔵本通の市役所に向かう歩道に 何の遠慮もなく立つ 「のぼり旗」です。
バス停を占拠しているように見えます。
これを見て 何も感じない人もいるようですが,汚く 見苦しい風景で,私は気分が悪くなります。
違法行為は 普通 隠れて行なうものですが,これだけ 堂々と顔を曝した違法行為は 特殊ですね。

このような公道の不法占用物件を,呉市の土木課は 決して黙認しておらず,持ち主に対して撤去するよう指導を続けていると明言しています。

「×角」の看板も違法に歩道を占用しています。

なかなか手強く,かつ 強制撤去ができないので,市民としては,呉市土木課の皆様の地道で継続的かつ効果的な指導によって,持ち主が 公道の何たるかを知り,違法性を自覚し,自主的に撤去することを期待して待つしかありません。

写真,中央右の白い建物は呉市庁舎,徒歩3分圏内なので 土木課の厳しい指導は かなりの頻度で 行なわれているに違いありません,暖かく見守り 成果を期待しましょう。

銀杏も そろそろ色づき始めます。

| | コメント (2)

2010年10月24日 (日)

東京土産

Img_82981週間 東京に行っていた家人が友人からもらって帰った土産です。

新宿区神楽坂 「毘沙門せんべい福屋」さんの 『手焼き 勘三郎せんべい』 と 港区虎ノ門 「岡埜榮泉」さんの『栗むし羊羹』 です。

いずれも 渋いですね。

| | コメント (0)

2010年10月23日 (土)

キリンビールのグラス

Img_8301家人が 東京 国際フォーラムで月2回開催されるフリーマーケットに偶々 行き合わせて 買い求めた キリンビールのグラス(左)です。
私は ビールを飲まないので 家人専用です。

Img_8304

きれいなプリントで,さぞかし ビールが 美味しいことでしょう。

| | コメント (0)

2010年10月22日 (金)

羽田を発って 成田に戻った頃

10月21日 羽田空港に国際線ターミナルが開業し,32年ぶりに定期国際便の発着を開始すると報じられました。

 

成田空港が開業したのは 昭和53年(1978年) 5月20日で,それまで 日本の玄関は羽田空港でした。

 

成田空港は 当初,昭和53年3月30日開業が予定されていましたが,その4日前の3月26日,成田空港(建設)反対の過激派ゲリラが,完成していた管制塔を占拠して,書類を燃やし,窓ガラスを割り,管制機器を破壊したため開業が1ヶ月以上延期されました。

 

そのため 羽田空港で引き続き国際線の発着が行われました。

 

私が 初めて海外旅行(出張)に行ったのは ちょうどその時期で,昭和53年5月8日に 羽田発ロンドン行きの JALで発ちました。
2週間ほどポルトガルで仕事をした後,リスボンからオランダに行き,アムステルダム発の
KLM で 開業したばかりの成田空港に 5月26日に戻ってきました。

 

当時,ハイジャックが頻発しており,会社の通達で 南回りの便に乗ることを禁止されていましたが,現地で予約する時の貧弱な英語力の故か,南回りに乗ってしまい,アムステルダムを発って アテネ,ドバイ,バンコク,マニラを経由して 20時間以上かかり,その間 luncheon 1回,dinner 2回,breakfast 1回,cold plate 1回 が供されました。
単独行動だったので 南回りに乗ったことは会社には黙っていました。
当時の北回りも ソ連上空を飛べず アンカレッジを経由するため 現在の12,3時間と言うわけにはいかなかったと思います。

| | コメント (0)

2010年10月21日 (木)

相談する人がいますか?

32inchのパンツを何の無理もなく穿いていますが,会社の定期健康検査結果で 何故か メタボ予備軍で 引っ掛かり,保健士との面談の呼び出しがありました。

アンケート形式の問診があって,「食事」と「運動」のカテゴリーの後は 「ストレス」に関するカテゴリーでした。

第一問:「相談する人がいますか?」

真剣に考えると 設問が雑駁過ぎて 答えようがありません。
まず 第一問に 「相談したいことがありますか?」 と直截に聞いて欲しいものです。

誰かに 悩みを聞いて欲しいとか,解決すべき悩みを相談したいとか,意思を決定するのに誰かに相談して助言を求めたいとか,そのような必要性を感じることがない生活をしているので 「相談する人」が いようと,いまいと 還暦すぎの私には関係ないことのように思えます。

-と,本気で思っている私は ひょっとして 危ないのでしょうか?

| | コメント (1)

2010年10月20日 (水)

羨ましきは 無頓着

この数日,朝の通勤バスに座っていると,斜め前に 50歳代と思われる男性が立ちます。目の前なので 目が行きます。
紺色のブレザーと グレイのグレンチェックのパンツは 悪くありませんが,ブレザーのボタンが変です。

メタル・ボタンの変質を避けるため クリーニング店が付ける銀紙を付けたままです。
3日目に 第一ボタンの銀紙がとれていました。
第二ボタンは 銀紙に包まれたままでした。
単に 忘れているのではなく ひょっとすると何か深遠な意図があってのことかと勘違いしそうです。

40年ほど前の新入社員の頃,夕方 バスを降りて 独身寮に向かって歩いていると,前を 同期ながら,事業部が違うので話をしたことのない,更に 時折り 見かける生活態度の無神経さから 接触するのを敢えて避けたい男が歩いていました。

おそらく,入社して新調したと思われるスポーツ・コートを着ていました。
その センターベントの下端に ×印の 仕付け糸が付いたままでした。

追いかけて注意することはしませんでした。

無知なのか,無頓着なのか 謎ですが,いずれにしても 長生きしそうな人たちです。

| | コメント (0)

2010年10月19日 (火)

ポイント交換は食品に

クレジット・カードのポイントが 少し貯まったので食品に交換しました。
ついつい 要らない品物に交換してモノが増えるので 今回は食品にしました。

Img_8266

米沢牛 ロース・ステーキ 180g×2。

Img_8273

早速,食べました。
「今まで 食べたことがないほど うまい。」 とまでいかないまでも,そこそこ いい肉でした。
カロリーが気になります。

Img_8265

もう一つは 「新潟産 こしひかり」新米 5kg。

私は ダイエットのため,Weekdayの夕食の米を絶っているので,しばらくは 保つでしょう。

| | コメント (0)

2010年10月18日 (月)

ピーマンの花ではなく「花ピーマン」

Img_8275赤と緑が 鮮やかです。

何の花でしょうか?

「花ピーマン」というものらしいです。

Img_8280

このような複雑な形をしています。

Img_8281

Img_8284

Img_8282同じ茎に 緑と赤が付いています。
緑が赤くなるようなので やはりこれはピーマンでしょうか?

| | コメント (0)

2010年10月17日 (日)

久しぶりに 井上陽水

10月17日,厚木市文化会館を皮切りに 井上陽水氏の全国コンサート・ツアー 「井上陽水 Tour 2010 Powder」が始まります。

Img_8291去年,広島県に引越してきて 関東に比べれば 切符を入手し易いだろうと考えて 11月2日の広島公演に行こうと思い,先月 一般発売の時刻に ネットで買おうとしましたが,なかなか繋がらず やっと繋がった時には 1階席は既に売り切れで 止むを得ず2階席を購入しました。
デビュー以来 41年目にして,尚,人気があるようです。

1999年の 5年ぶりの全国ツアーの時は 東京勤務だったので 国際フォーラムでの公演に行こうとしましたが,発売と同時に売り切れで,家人に 有楽町付近の金券ショップを探してもらい,2枚 \35,000 と 2倍以上の値段で買ったことがありました。
その 数年後のコンサートは 東京での公演切符は入手できず,横浜公演に行ったこともありました。

今回は 正規の値段で 切符を入手できたので よしとしましょう。

| | コメント (3)

2010年10月16日 (土)

なぜか “アマンデン”

Img_8202秋なので,かどうか分かりませんが,家人が アーモンドのケーキ “アマンデン” を作りました。

秋なので 少し 食べてみましょう。

| | コメント (0)

2010年10月15日 (金)

「あけび」の皮を食する。

「あけび」の皮に 挽肉などを詰めて食べられる,と聞いたので 家人がトライしました。

挽肉の代わりを鶏肉とし,椎茸,しめじ,三つ葉を加えて味噌味で炒め,「あけび」に詰めて アルミフォイルで蒸し焼きにしたそうです。家人は焼き具合に不安を持っていました。

Img_8287

予め入手した情報では,「茄子のよう」,「少し苦味があって大人の味」とのことで,確かに そのような感じでした。

私も家人も 料理したものを見たこともなければ 食べたこともないので,これが本来の「あけび」を料理した味と歯ごたえなのかどうか分からず,疑問を抱きながらも完食しました。

食べることができることは確認しました。

| | コメント (0)

2010年10月14日 (木)

Chilean Miner Rescue

チリの鉱山に落盤で閉じ込められた作業員の救出が始まりました。

水曜日の昼頃からインターネットでは 救出活動のLive 映像を流しっぱなしのサイトがあり,気になって 仕事になりません。

又,CNN Internatinal には “Chilean Miner Rescue” というタイトルで

time since start of rescue   11:21:22
underground                   :21
rescued                         :12

と リアルタイムで 救出人数が示されていて 世界的な関心事であることがわかります。

今のところ,順調に救出活動は進んでいて 他人事(ヒトゴト)とは思えず,一人ずつカプセルから出てくる度に 「よしっ!」と 呟いています。

| | コメント (0)

2010年10月13日 (水)

あけび

Img_8221『あけび』です。
漢字では 「木通」 もしくは 「通草」 と書くようです。

山が見えるところで育ちましたが,山の中で育ったわけではないので,子供の頃 よく食べた,という記憶はありません。

偶々,帰宅時,デパートの果物売り場を覗いたら,白い紙に包まれて 高級フルーツのように売られていたので買ってみました。熊本県産で 栽培しているのでしょう。

税込み 1個 315円。

何に例えていいか分からない 独特の甘さがあります。

皮は 料理に使う予定です。

| | コメント (1)

2010年10月12日 (火)

久しぶりに長崎に(その2)

長崎県西海市大島町でのクラス会の翌日は ,ゴルフ組と長崎観光組に分かれて解散予定でした。
長崎観光は 長崎に住む者(皆,県外で単身赴任勤務中)のうち 2名の車で行くスケジュールでしたが,そのまま帰る者が多く,私と長崎に住む2人だけが1台の車で長崎に向かいました。
当日,大島町で トライアスロン大会が開催され  8時20分から昼過ぎまで交通規制が実施され 島を出られなくなるので 早い出発になりました。

Img_8239長崎市に入って まず 日本三大夜景の一つと言われる 「稲佐山(333m)」からの昼間の風景を眺めました。長崎の地形がよく分かります。長崎湾と有明海を同時に見ることができます。

Img_8242

稲佐山を下りて,2005年に完成した斜張橋「女神大橋」(支間長:480m)で 長崎湾を渡りました。

この橋の海面からの桁高さが 60mで 大型客船が長崎港に入ることが可能です。

東京湾の レインボーブリッジの桁高さは 52mで 通過不能の客船が出現しています。

Img_8251

定番の「グラバー邸」に寄って 帰路につきました。

Img_8255

長崎から博多までは 特急 「かもめ」です。

Img_8261「かもめ」の車内です。
床は ウッド・フローリングです。

JR九州の車両は COOLです。

Img_8268_2Img_8270長崎の土産は「九十九島せんぺい」。

子供の頃から 変わらない味です。

| | コメント (0)

2010年10月11日 (月)

久しぶりに長崎に(その1)

大学のクラス会が長崎県西海市大島町で開催されたので 長崎に向かいました。
卒業したのが1972年なので卒業後 38年目です。
留年で卒業が遅れた者もいるので,今回出席の権利を有するのは 1968年入学と1972卒業のどちらかの条件を満たす者です。
1968年入学時のクラスは36名でしたが,有資格者は37人, 今回の出席者は16名でした。年齢は 入学前に時間をかけた者もいて60歳~63歳の幅があります。

Img_8229_2土曜日の昼前,広島から新幹線で博多に向かい,博多駅で接続の時間に余裕があったので昼食の為,外に出ました。

Img_8230

新しい駅ビル(JR博多シティ)が建設中で,外装は ほぼ完成しているようです。
シネコンが入るそうです。

開業は来年 3月?

Img_8235

博多駅から 乗った佐世保行きの特急「みどり」です。

Img_8233

この列車には 特急「ハウステンボス」が連結されており,私が下車する早岐(さいき)で 分離されハウステンボスに向かいます。

Img_8237

会場と宿舎のホテルに到着しました。

秋のリゾート・ホテルです。

クラス会は 18時にスタートして お開きが24時,学生時代にもどって盛り上がりました。

60歳を過ぎても 時代のせいで 全員 現役で働いていますが,卒業後,すぐに就職した会社に留まっていたのは 大学に残って教授になった者を含めて 16名中3名でした。

| | コメント (0)

2010年10月10日 (日)

「横断歩道用点字ブロック」があった。

呉市本通(国道185号)4丁目付近の横断歩道に 点字ブロックが設けられていました。
いつからか 分かりません。初めて見ました。

Img_8197

Img_8196

「点字ブロック」の名は実体を表していませんね。

まず,「点字」ではありません。

正式には 「視覚障害者誘導用ブロック」と言うようですが,歩道用に関しては アスファルト舗装をくりぬいてブロックを埋め込んでいるとは思われず,貼り付けているようなので 「ブロック」ではなく 「プレート」 もしくは 「シート」ですね。

「視覚障害者誘導用凸印付きシート」 と言われると,実物を見なくても 大体の形が想像できます。

歩道用は 黄色にすると 車の走行に支障を生じると思われるので 歩道マークに揃えているようです。

| | コメント (0)

2010年10月 9日 (土)

「地上の楽園」は今?

「北朝鮮 総書記の3代目後継者決定」と 盛んに報道されています。
前世紀というより 19世紀以前のような国です。

ふと思い出しました。

50年前,多くの在日朝鮮人とその家族が 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に永住帰国しました。正確には 昭和34年(1959年)から始まり(1950年からが第一期?) 1984年までに 93,340人が北朝鮮に向ったとWikipediaに書いてあります。
「地上の楽園」,「完全就職,生活保障」などと  朝鮮総連が宣伝し,日本で 楽ではない生活をしていた朝鮮人は 新しい土地での生活に希望を持ち,故郷の国に向ったそうです。
このときの北朝鮮と日本政府のねらい・思惑などは よくわかりません。

後から書かれた本を読むとー
北朝鮮政府と 朝鮮総連の宣伝の成果で(?),北朝鮮の人々は 日本を貧しい国と思い,在日朝鮮人は 北朝鮮を それこそ「地上の楽園」と思っていたようでした。
初めての 移住者(帰還者)を乗せた船が 北朝鮮の港に着いた時,出迎えた北朝鮮の人々と 日本からの帰還者は 互いに 互いの身なりを見て驚きました。
北朝鮮の人々は 帰還者の服装の立派さに,帰還者は 北朝鮮の人々の服装の粗末さに驚き,互いに抱いていた思いが見事に消滅した瞬間でした。

昭和30年代前半,(現在の)北九州市で小学3年生か4年生だった私の同級生の男子が,突然,いなくなったことがありました。
担任教師が そのことについて どのように説明したのかの記憶はありませんが,北朝鮮に行った,もしくはその準備に入ったことは理解できました。その説明があったときには 本人は既にいませんでした。
本人は 同級生に何も言わず去って行きました。
小学3,4年生で 自分の意思ではなく,親に付いて行くしかなかった彼は挨拶など しようもなかったのでしょう。

姓は日本人のそれでしたが,名前は 「ショウショク」 君で,字は覚えていませんが 変わった名前だとは思っていました。
勉強も運動も生活態度も 目立たない男子でした。私には 彼が日本人ではない,との意識はなく一緒に遊んでいました。

どのような運命が 彼を待っていて,どのような生活を送ったのでしょうか。
半世紀が 過ぎました。

| | コメント (0)

2010年10月 8日 (金)

これが「ミコノヒモ」

Img_8213ここ広島では 「ミコノヒモ」(巫女の紐)と呼ばれる 白身の魚です。正式名は 「アカタチ」。

あまり量が獲れず,かつ安いので 魚屋には 出ることはめったにありません。
去年の秋,ここ呉市にUターン転勤で戻ってきて 2度目です。
偶々 魚屋で見つけて 家人が買ってきました。

9尾で 200円。
塩焼きと 汁に入れて食します。
煮てもよいでしょう。

| | コメント (0)

2010年10月 7日 (木)

Coleman のアルミ・パイプ椅子で・・・

Img_8219Coleman の “Captain Chair with Table” です。

ベランダに立って煙草を吸うのは 如何にも追い出されている感じがして みすぼらしい。

ベランダで 落ち着いて煙草を吸うため サイド・テーブル付きの折りたたみ椅子を入手しました。
テーブルに 吸殻入れを置きます。
コーヒーカップも置けます。

Img_8208

ささやかな抵抗で,若干の買い置きをしています。

| | コメント (0)

2010年10月 6日 (水)

シャツの襟元から覗く下着は?

クールビズ・キャンペーンで 夏はノージャケット,ノータイが一般的になりました。
10月になって クールビズ期間が終了しても 工場勤務なので,しばらくは ノータイのままスポーツ・コートを着て通勤しようと思っています。

ところで,ノータイのとき,第一ボタンを 外したシャツの襟元から下着が見えないように U or V ネックの下着を着るのがよい,と言われることが多いようです。
が,私は 下着は 丸首しか持っておらず,襟元からしっかり見えます。

40歳代までは 下着を着ていませんでした。 ドレス・シャツはもともと下着なので,直に着るものだ,という主張があったわけではなく,単に 独身時代に洗濯物の量を減らすために着なかったのが習慣になっていました。
但し,ドレス・シャツは ほとんどオックスフォードか ピンポイント・オックスフォードの綿100%で 肌が透けないものに限っていました。
40歳代半ばに,真夏でも あまり汗をかかなかった体質が変化したのか,日本の夏が暑くなったのか,ドレス・シャツが汗で濡れるようになって 下着を着始めました。

以来 U ネックや V ネックの下着は趣味に合わず,丸首シャツのみを着ています。

下着が見えるのは おかしい,と言うなら もともと 下着のドレス・シャツはどうする,と反論するつもりはありませんが,アメリカ映画に出る 軍人が 必ずと言っていいほど 簡易軍服のシャツの襟元に 白のTシャツを見せている姿に慣れてしまっていて,何の抵抗も感じません。
丸首シャツは 首周りに弛みがなく 首にフィットし,生地はある程度 厚さがある白としています。

ノータイがそもそも 略式のスタイルなので,下着のTシャツが 覗いても どうってことはないでしょう。

(追記)
2012年のロンドン・オリンピック前に NHK BSで 「ロンドン五輪を100倍楽しもう」 という番組がありました。
この番組に 屋内競技会場のデザインを担当して ゲスト出演した ファッション・デザイナーのポール・スミスさん(1946~ )は,スポーツ・コートにノータイのスタイルでしたが,シャツの襟元から 白の丸首シャツが 大きく見えていました。
テレビ出演なので,エリザベス女王からナイトの叙勲を受けた英国ファッション・デザイナーとしてのドレス・コードの意識は,カジュアル・スマートに間違いなかったでしょう。

団塊世代としては 「これに何の問題があるの?」と言うところです。

Sir Paul Smith さんのネットで見つけた写真です。

97347Smith_2511064b




| | コメント (2)

2010年10月 5日 (火)

秋らしく

Img_8136

玄関に「薄(ススキ)」と「波布草(はぶ草)」で 秋の雰囲気です。

はぶ草の葉に元気がありません。

10月になり,ここ広島でも 秋の気配を感じる頃になりました。

| | コメント (0)

2010年10月 4日 (月)

白醤油の 「白むらさき」

Img_8170広島県呉市三条の 本むらさき(株)さんの 白醤油 『白むらさき』です。

茶碗蒸しなど濃い色が付くのを避けたい料理に使います。

360cc で 790円,結構な値段です。

| | コメント (0)

2010年10月 3日 (日)

呉市 吉浦八幡神社例大祭の前日

呉市吉浦八幡神社の祭りで,吉浦に行ったことがないので どんなところか 2日(土)に行って行ってみました。

Img_8187

駅前からの商店街のアーケードのシャッターの前で露店が開店準備中でした。

この祭りは かつて 吉浦湾で ワタリガニに獲れたので 別名「かに祭り」と言われるようですが,その名前を表すものは何もありません。

Img_8189

アーケードを抜けて左折した所に丘があり,その上に 神社がありました。

祭りは明日の日曜が本番のようで,あまり 人気がありません。

Img_8194_2Img_8190石段を上りきると 視界が開けました。

江田島が見えます。

| | コメント (0)

2010年10月 2日 (土)

38年間で 3つ目の Ray-Ban

就職した年(1972年)に 初めてサングラスを買いました。
Ray-Banの “Outdoorsman” のゴールドで,約\16,000でした。
子供の頃から(?) サングラスは Ray-Ban と決めていました。

40歳代になって 2つ目のサングラスを買いました。
Ray-Banの “Outdoorsman” のブラックで,約\16,000でした。

そして 62歳になる今年,3つ目のサングラスを買いました。
これまでと同じ RB3030で,これも約\16,000でした。

約40年間,趣味・嗜好の変化はなく,他のタイプを選ぶ気になりません。
Ray-Ban は 新しいデザインのサングラスを作りながら,この “Outdoorsman” を,わずかな Design Modificationのみで 造り続けています。有難いことです。

ほぼ20年間隔で買った 同Modelの Ray-Banを並べてみました。
ケースもグラスも 大きさと形が 微妙に変化しています。

Img_8179

Img_8183

Ray-Ban の 代表商品(?)Teardrop型レンズのサングラスは “Aviator”が有名ですが, “Outdoorsman”は これに 「額の汗止め」(“brow bar” )が付いており,更に RB3030 Modelは “cable temple” で 蔓を耳の後まで回して掛けるようになっていて 跳んでもはねても ズレないのが特徴です。

若い頃,アメリカ映画の影響で コットン・スーツに黒ニット・タイ,そして Ray-Ban のサングラスを 夏の通勤スタイルにしようと思っていましたが,諸般の事情で 実現することなく 還暦を過ぎました。

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

歩道の 宣伝用「のぼり」は どうなる?

歩道に立っている宣伝用の「のぼり」が見苦しく,何とかならないものかと 8月に触れました。

管理しているのは市と思い,ほぼ同時期に 市のホームページにあった 『市長へのメール』で 市の道路管理・指導状況を尋ねました。

その後 1ヶ月経って回答がないので,送信ミスかと思い 確認のメールを入れたところ 2日後に次の回答がありました。 (督促しなければ 回答するつもりがなかった,などと悪く解釈はしません。多分,努力していて時間がかかったのでしょう。)

歩道上に置かれているのぼり旗などの不法占用物件につきましては,強制的に撤去をすることが難しいことから,以前から物件の持ち主に対し撤去をしてもらうよう指導をしているところですが,思うように成果があがらず,市としても苦慮しているところです。
 ご意見いただきました箇所の不法占用物件等で持ち主が確定できるものについては、撤去してもらうよう指導をしたところですが、今後も道路を広く美しく,安全に利用していただけるように,地道にねばり強く指導を続けていきたいと考えていますので,ご理解いただきますようお願いいたします。

私が 特筆した対象は 呉市の蔵本通りの歩道です。
さて,どうなるでしょうか,土木課は その指導力を十分発揮し,存在価値を示せるでしょうか?
2ヶ月後に見られるであろう色づいた銀杏並木鑑賞を,無粋な「のぼり」が邪魔することがないよう願うものです。

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »