« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の30件の記事

2010年11月30日 (火)

授業料が 3倍に

イギリス政府が 大学授業料を 約40万円から 約120万円に,約3倍の値上げの案を出して 学生達が抗議行動を起こしているようです。

3倍と言えば,日本の国立大学も 40年前の1970年頃,授業料を 3倍にしたことがありました。

問題は 単に倍率よりも 絶対額で,1968年に入学した私の授業料は 年 12,000円,月 1,000円でした。幼稚園の月謝よりも安いと言われていました。
この金額は 大学の運営費用というより 学生の在学の意思を確認する意味だったのかも知れません。
その授業料が 値上げされる話が在学中に持ち上がり,若干の反対運動がありましたが,卒業した昭和47年(1972年),新たに入学する学生から 年 36,000円に上げられました。
(この値上げ率は 昭和24年の 600円から1,800円への値上げと並んで 国立大学史上,最大と思われます。)

物価は 現在の約1/4~1/5程度と思われるので,当時の 12,000円は 現在の 5~6万円でしょう。
毎月の仕送りの半分で 1年分の授業料を払うことができました。
(最近の国立大年間授業料は 親の平均月収額と競っているようです。)

授業料は 半年毎,6,000円を納付していましたが,この金額だと つい払い忘れたり,遊びで使い込む学生がいて,構内の掲示板に 未納者の氏名が張り出され(当時は 「個人情報」の保護などという概念は薄く,こんな安い授業料を払わない者が悪いー?),保証人に督促状が郵送されました。
そのうち 掲示板の名前の横には  「パチンコやめて 早く払え!」などの親切なアドバイスが級友から書き込まれていました。
3年になると あまりに未納者が多く,督促状を出す郵送料がもったいないと,学生本人に「親に渡すように」 と督促状が配られた記憶があります。

それ以後,「受益者負担」 更に 「私立大学との格差是正」などを理由で徐々に上げられ,現在は38年前の,絶対額で 50倍,物価を考慮しても 10倍程度になりました。

家庭の経済的理由などで 今ほど大学進学率が高くなかった時代に,国力を引き上げるため人材育成を図る目的で続けてきた,国が強力に高等教育を補助・支援する政策の方針転換が始まったのが40年前だったということでしょうか。
その点から言えば,最近の日本の国力成長の微係数(少なくとも 2次微係数)がマイナスに思われるのは当然のことでしょう。

因みに 国立大学の授業料の値上げの推移を確認すると-

  • 2倍以上の値上げは 4回あって,昭和24年(1949年)に 前年の 600円から3倍の1,800円に(あくまで 1年の授業料です。),翌昭和25年(1950年)に2倍の 3,600円に,昭和47年(1972年)に 前年までの 12,000円が 3倍の36,000円に,昭和51年(1976年)に 36,000円が 2.7倍の96,000円に上げられています。
  • 初年度納付金(授業料+入学料+その他)を 私立大学の平均と比較すると 昭和45年(1970年)で 国立:16,000円に対して 私立:229,000円(14.3倍),昭和60年(1985年)で 国立:372,000円に対して 私立:913,000円(2.45倍),平成元年(1989年)で 国立:525,000円に対して 私立:1,035,000円(1.97倍)で この年に 2倍を切りました。現在は 1.5倍以下でしょう。

昭和は遠くなりました。

| | コメント (0)

2010年11月29日 (月)

dorset cereals を朝食に

Img_8634

Img_8605

ドーセット・シリアルの‘fruit,nuts & seeds muesli’。

muesli’(ミューズリ)とは 「穀物,ナッツ,ドライフルーツなどを混ぜた朝食用シリアル」と辞書にあります。それでは,‘cereal’と‘muesli’の関係,違いは何なのでしょう,分かりません。

-という講釈は さておき,一人での朝食を 簡単すませるときは 重宝です。

中身は-

  • oat flakes
  • toasted and malted wheat flakes
  • barley flakes
  • raisins
  • wheat flakes
  • flame raisins
  • dried apricots
  • sultanas(種無しレーズン,スルタナ)
  • sweetened banana pieces
  • pumpkin seeds
  • sunflower seeds
  • flaked almonds
  • roasted hazelnuts

と 種類豊富です。

| | コメント (0)

2010年11月28日 (日)

秋の終わりの銀杏

Img_8617呉市蔵本通りの銀杏が散り始めました。

Img_8620

Img_8622

Img_8618

車道の両側と,南側の歩道際 計3列の 140本の銀杏です。

| | コメント (0)

2010年11月27日 (土)

避難用ハッチはオーダーメイド?

15年振りに もどったマンションのベランダに 下の階に下りる梯子を備えた避難用ハッチがあります。

このハッチの鋼製カバーが腐食して穴が開いていることに気が付きました。
カバーに貼られたビニールの説明書の接着が悪くなり,カバーとの間に雨水が浸み込んで 錆びたようです。

1年に1回か2回,点検専門業者による防火/避難関係設備の点検をやっているはずですが,形だけの点検で まともに見てなかったようです。

管理会社に連絡して 取り替えるよう依頼すると,「サイズを測りに行きます。」とのことでした。
こんなのは 規格品で,集会室においてある図面を見れば分かるのでは? と思いましたが,そうではないようで,ベランダに合わせて 個別製作しているとの話でした。

採寸後,しばらくして 交換工事が実施され 新しくなりました。

Img_8386旧ハッチは 塗装したスティールでしたが,新ハッチは SUS製になりました。腐食には強いでしょう。

カバーに製造者名が 書いてないようなので,「何か 問題があったときは?」 と尋ねると-
「裏に書いています。」とのことでした。

旧ハッチは 上面カバーを開け,下側カバーを開け,梯子のストッパーを外し,梯子を自力で降ろす,という面倒な仕掛けでしたが,今度のは 上面カバーを開け,ストッパーを外した後,赤いボタンを押すと一気に梯子が降りるようで 改良されていました。

| | コメント (0)

2010年11月26日 (金)

ブリットの靴は-

スティーヴ・マックィーン(Steve McQueen,1930~1980)の生誕 80年・没後 30年を記念して NHK BSで 彼の出た映画を放映していました。

Mcqueen特に 興味深かったのは 特集の最初にあった 「スティーヴ・マックィーンの全て」(“The Essence of Cool”,TV 2005 )で,彼を知る人々へのインタヴューを通じて 彼の短い,しかし充実した俳優生活を知ることができました。

友人・女優の肩書きで登場した スザンヌ・プレシェット(Suzanne Pleshette,1937~2008)は 出た映画の本数はわずかでしたが, 高校・大学の頃,ブルネットの髪と灰色の眼が魅力的なナジミの女優で,懐かしく観ました。
2年前に70歳で亡くなっていることを初めて知りました。

スティーヴ・マックィーンの映画では 彼がめずらしくスーツを着て登場する 「ブリット」(“Bullitt”,1968)と「華麗なる賭け」(“The Thomas Crowns Affair”,1968)が,ちょうど私が20歳頃の もっとも真面目に映画を観ていた頃の印象深い作品です。

そして 又,「ブリット」を観ました。

Img_8562

「青色のとくりセーター」に 「エルボーパッチ付き茶色の ヘリンボーン・スポーツコート」,そして 「茶色スェードのブーツ」です。

40年前,私が目指す(?)スタイルが決まりました。

Img_8570_2

Mud1スェード・ブーツは Tricker's の ‘Mudguard Chukka Boot’で,「華麗なる賭け」 でグライダーから降りるときにも履いており この時期,彼の愛用の靴だったようです。

| | コメント (0)

2010年11月25日 (木)

心配なことは-

常識を越えることを実行する国,北朝鮮が 一般人が住む韓国の延坪島を砲撃しました。

そのこと自体,驚くべきことですが,それに加えて 日本政府の,対応における緊張の無さにも驚きました。
自衛隊の最高指揮権を持つ内閣総理大臣への報告が砲撃開始から 1時間近く経ってから,更に 「テレビを観て知った。」などとの発言に 唖然としました。(それが 真実でも 自らの立場を認識していれば 恥ずかしくて言えないのでは-。事実であっては困りますが。)

もし 日本のどこかにミサイルが撃ち込まれた時,もしくは 向かっていると分かった時,この国の政府に速やかにして適切な対応が執れるのか,心配です。
「慎重に状況を調査して・・・ 法に照らして・・・」 などと言ってはおられない時があります。

有り得ないことではないので シミュレーション 頼みますよ。
オフィス・ビルでも年一回は 避難訓練をやっていますよ。

Photo

ここは 先週 発売の 井上陽水のアルバム「魔力」を聴いて 心を落ち着かせましょうか。

| | コメント (0)

2010年11月24日 (水)

今どき 「台十能」?

Img_8597小さな金物屋では見つけにくい「台十能(だいじゅうのう)」を購入しました。
銅もどきの色をしていますが,値段から おそらくアルミ製です。

木炭の炬燵,火鉢を使っていた昔,50~60年ほど前までは どの家庭にもあったものですが,今は どのような使い方をするのかさえ 想像し難いモノになりました。

Img_8600

炭が入った「火起こし」を載せて 火鉢まで運びます。

Img_8601_2

前から使っている「火起こし」です。
炭を入れて ガスコンロで火を起こします。

正月に火鉢で 餅を焼くために 家人が準備を始めています。

| | コメント (0)

2010年11月23日 (火)

ふつうの Knit Cap

Img_8594何のしかけも模様もない 紺色の ニット・キャップです。

広島の BEAMS で購入しました。
“BEAMS+” ブランドのイギリス製です。
(広島には “BEAMS+”の専門店は無く,BEAMS店内の所々に “BEAMS+”の製品と そのセレクト製品が売られています。)

20年以上前に購入して 酷寒(-30℃)のロシア出張時には重宝したキャップが古くなったので 買い換えました。

還暦過ぎ男に,この「キャップ」に 「レイバンのティア・ドロップ型サングラス」と「口髭」では,サラリーマンに見えないようですが,気にしません。

| | コメント (0)

2010年11月22日 (月)

韓国の勢いは-

最近は 中国の経済発展の勢いに隠れ気味ですが,韓国の産業・経済は少なくとも現在までは手堅く発展しているようで,世界において 日本製品を抑えるシェアの工業製品が現れています。

先日 参加した卒業後38年の大学のクラス会に,韓国企業の研究所に勤務している同級生がいました。
彼(工学博士の学位保有)は もともと日本を代表する大企業で 研究開発に従事していましたが,55歳を過ぎて 関連会社の管理部門に配属されたのを機に韓国の企業に移りました。

日本の企業との比較による(その)韓国企業の特徴を 彼は次のように話していました。

  • ヴァイタリティーがある。
  • 製品開発に日本の5倍くらいのスピードがある。
  • 但し,日本の企業の5倍の人材,あるいは日本より優秀な人材を投入して 日本企業と同レベル以上の抜かりのない開発をしているわけではない。
  • 彼がいた日本企業の製品開発のやり方と比較すると,研究・開発の規模・精度・密度のレベルは半分以下と思える。
  • 製品完成後 問題が起こったら その時,修正・改善すればよい,と思っているようにさえ感じる。

日本の保守的と言われる企業で育った彼は その大胆さに感心すると同時に こわさを感じているようでした。

| | コメント (0)

2010年11月21日 (日)

広島 雑踏

Img_8589土曜日に広島市に出ました。

えびす講の最終日で賑わっていました。

Img_8591

胡子神社は 三越デパート裏にあります。

家人が 三越デパートに用があったついでに 鞄売り場に行き,「Hartmann Luggage を扱わなくなったが 修理は受け付ける。」ことを確認しました。

この日の立ち寄り先: 「アンデルセン」 → 「BEAMS」 → 「天満屋(MARUZEN&ジュンク堂書店)」 → 「三越」 → 「中村屋(金物屋)」 → 「アンデルセン」 でした。

| | コメント (0)

2010年11月20日 (土)

薄層の涙?

日本語には 同音異語があります。

英語には 同綴り異音異語があります。
たとえば “tear ”。

『ティア』と発音して 「涙」です。
同じ綴りで 『テア』と発音して 「裂く(ける)」という動詞があります。

lamina tear ” という専門語があって 無理して日本語にすると 「(薄)層割れ」,板の面ではなく 厚さに割れが入る現象です。

これを 軽く 『ラミナ・ティア』と発音されるのを聞くと 何故か 「薄層の涙」となって 訳が分からず切なくなります。

他に 同綴り異音異語に どんな単語があるか,考えましたが なかなか出てきません。

lead”:『リード』で 「導く」,『レッド』で 「鉛」。
bass”:『ベイス』で 「低音」,『バス』で 「魚のバス」 あるいは 「棕櫚(しゅろ)」。日本語では 低音をバスと言いますが。
sew”:『ソウ』で 「縫う」,『シュー』もしくは『スー』で 「排水する」。

ここで力尽きました。

例の 「船橋乗り合いバス・逆切れ事件」で 「催涙ガス」 は英語では “tear gas” かな,などと思いながら 連想しました。

| | コメント (1)

2010年11月19日 (金)

注意するときは 注意して-

11月15日 夕方,船橋市の「金杉台団地行き」 新京成バス内で 携帯電話で話しているのを注意された女が カッとなり(?) 催涙スプレーを 乗客にかけて逃亡,警察は傷害事件の犯人として追っている。」 と報道されました。

容疑者は 翌16日の夕方,あっけなく 船橋駅北口バス乗り場で逮捕されました。

報道機関によって 伝えられた状況が少しづつ異なるので 去年 転勤するまで,この路線バスに乗っていた私なりに 何が起こったのか推測しました。

犯人は 注意された後,10分ほど騒いで(文句を言って)いて,スプレーの噴射で 緊急停車した「夏見」で逃げた,という共通の報道から 携帯電話の通話を注意されたのは 始発の船橋駅北口バス乗り場と思われます。
すなわち,発車するまで 車内で携帯電話で話していて 発車の際,運転手が止めるように注意したのでしょう。
その注意を受けて,携帯電話を切ったものの 不本意だったようで 「夏見」までの10分間 文句を言い続けて 乗り合わせた男性が 静かにするように注意したところ,携帯していた「催涙スプレー」を 噴射した,というところでしょうか。

驚くべきは 翌日,ほぼ同じ時刻に 同じバス乗り場にいて 前日,同じバスに乗っていた人(通勤バスなので いるのは当然でしょう)からの通報で逮捕されたところです。

34歳のこの容疑者は 自分の行動が 犯罪であるとの自覚がなく,感覚的には 子供の喧嘩で 相手の脚を蹴飛ばしたくらいの認識だったと思われます,
犯罪との認識があり,同じ路線バスを使わざるを得ないのなら 自首するしかなかったでしょうから。
その程度の常識があれば このような事件を起こすことはなかったでしょうね。
34歳の今まで 何事もなく(あったかもしれませんが)生活してこれたことが不思議です。

去年,広島県に転勤するまで 通勤に使っていた路線で,バスの中で 「ボタン確認音」をオフにしてない人の携帯メール・キーの電子音でさえ 気になる私は 時折り,注意していました。

注意するのは できるだけ避けたい,どうしてもするなら 穏かに やさしくするよう心掛けていましたが,そのうち止めるだろうと 初期のタイミングを逸して 我慢すること10分間となり,我慢できなくなって注意すると,よほど出来た人間でないと キツイ言い方になるものです。

どのような 精神構造の人間がいるか分からない世の中になりました。(-なったのかどうか,かつてはどうだったか,定かではありません。)
このような場所では カナル型イヤフォンで iPODの音楽を聴いて 雑音を遮断しておくしかないですね。

| | コメント (1)

2010年11月18日 (木)

赤煉瓦と紅い蔦

Img_8587

Img_8579

赤煉瓦の壁を這う蔦が紅葉していました。

短い秋を楽しみましょう。

Img_8578

Img_8577

建物は帝国海軍の遺産です。
広島県呉市にて。

| | コメント (0)

2010年11月17日 (水)

呉市 土木課さん,頑張って!

8月に 呉市のホームページから市長宛に 「歩道の 『のぼり旗』の撤去指導はどうなっていますか?」 という主旨のメールを入れました。

観光に力を入れているにしては 街の景観に市が無神経だと感じたからです。

メールして 1ヵ月後の回答督促直後,市長のアドレス名で 呉市土木課から 「地道にねばり強く 『不法占用物件撤去』 の指導を続けます。」 との回答がありました。

それから 1ヶ月,街の景観に何の変化もありません。
Uターン転勤で 呉市に戻ってからの 1年以上を考えても 変化はなく,歩道のあちこちに「のぼり旗」が何の遠慮もなく不法に立っていて見苦しい様を呈しています。

指導している現場を見たことがないので 確かなことは言えませんが,結果が見えないことからの 自然の推測として-

①実際は指導しておらず,黙認状態である。
②指導しているが なめられている。

の二つが考えられます。

しかし,公僕の立場で 市民に対して 「指導してないのに 『指導している。』」 と明言することなど 考えにくいことなので,必然的に 「指導しているが効果がない。」 ということになります。

一定期間実施した方法で 目標とする(仕事なので目標はありますね。)効果が出なければ その原因を究明し,やり方の改善を考え,新たな方法で実施するのは 民間企業でなくとも 大人であれば当然のことです。
結果がでない,形だけの指導は 時間と金の資源の無駄遣いです。
-という自覚はあるのでしょうか,呉市土木課さん?

| | コメント (0)

2010年11月16日 (火)

静かな日曜日

Img_8573

日曜日の昼下がり,呉市本通(国道185号)に入る少し手前の 今西通りです。
片側3車線の通りに,駐車している車だけで 走っている車が一台も見えません。

20インチ 折りたたみ高速(?)自転車 “Tyrell FX” 2台(私と家人分:フレームカラー “キャンディーブルー” と “イエロー”)の注文を済ませて 中通の映画館に向かう途中の静かな風景です。

Img_8575予定していた回の映画開始まで時間があったので 中通の「海軍さんの珈琲」((株)昴 珈琲店)で \150 の 珈琲を戴きました。

Img_8574観た映画は 「13人の刺客」。
導入部で,品性・人格を疑われる問題を起こした後 少しの謹慎で 又 恥ずかしげもなく 堂々と定年以後まで姿を見せ続けた(私は見るのを避けていました。本人よりも組織としてのNHKの問題。) 元NHKアナウンサーM氏を連想して 少し気分が悪くなりました。

| | コメント (0)

2010年11月15日 (月)

還暦過ぎの体力測定

会社で  再雇用者(61歳以上)を対象とする「筋トレ」教室が開催され 参加しました。(私としては 「筋トレ」と略さず,「筋力トレーニング」がいいですね。)

産業医(これは略称ではないようで,英語の “Occupational Health Physician”を,労働安全衛生法の条文では 「産業医」としています。)の講義の前に 現在の体力の衰えを認識する(させられる)ために 体力測定がありました。

計測種目は次の四つ

  • 閉眼片足立ち
  • 上体起こし(30秒間の回数)
  • 握力
  • 全身反応時間(ランダムの光の点灯を見てジャンプするまでの時間)

「全身反応時間」の計測は初めて,他も この10年間,サボって測定データがないので 自身の経年による衰えの程度は分からないので 世の中の平均と比べてみました。

2種目 劣っていて,2種目 優れていました。

劣っていたのは 「閉眼片足立ち」と「握力」で これは 60歳でも どうかと言う値。

優れていたのは 「上体起こし」で 25回,「全身反応時間」は 315ms。
この2種目は おそらく20歳代なみと思えます。

絶頂期の中学生時代は スタートからトップスピードまでの時間にのみ自信があって,50mを5秒台で走れたので(100mはダメでした。),これは その遺産でしょうか。

この教室で得た知識は-

  • 種々の体力測定種目で 衰えがもっとも顕著に現れるのは「閉眼片足立ち」。
  • 筋肉の衰えは 腰・脚が 上半身に比べて早い。
  • 筋力と寿命に相関関係がある(という研究結果がある)。
  • 筋肉の衰えは 赤筋(持久力担当)より 白筋(瞬発力担当)に顕著で 年1% と言われる。

これらに基づいて 下半身の筋肉の老化を抑える正しいトレーニング方法(スクワット,腿上げ)の実技を実施しました。

有益な2時間でした。(若い頃は 勤務時間中のこのような教室を時間の無駄と思っていましたが,歳をとると考えが変わってきました。)

| | コメント (0)

2010年11月14日 (日)

体育館での呉JA祭

Img_8542 土曜日に呉市体育館で開催されていた呉JA祭で 野菜が買いたいと家人に促され出かけました。  

Img_8539

Img_8537_2

これらは 品評会に出されたもので 午後からセリが行なわれるとのことでした。

Img_8546野菜だけでなく 落花生を買いました。これは何故か 中国産でした。

Img_8544

蔵本通の銀杏は色づき始めています。

| | コメント (1)

2010年11月13日 (土)

Cola Suede Desert Boot

1949年の誕生から 今年で61年目になる Clarks の Desert Boot を ほぼ40年間 履き続けています。
特に Cola Suede を欠かしたことはありません。

去年,東京から転勤して 工場勤務になり,スポーツ・コートで通勤することが多くなって 疲れないDesert Boot を 季節を問わず履く機会が増えたので 衰耗を抑えるため 1足 買い足しました。

Img_8507

新旧の Cola Suede です。
左は 10年前に買い,4,5年前に買い換えようとしたとき 偶々,Cola Suede が 製造中止(休止?)に なっており,止むを得ず,クレープ・ソールを張替え,シャンプーで洗って 専用のカラー・スプレイ で 色上げして 履き続けているものです。

今回 買った右のCola Suede と並べると 若干,色合いが異なり,表面が荒れています。

Img_8502

履き始める前に,防水・防汚のために protector のスプレイ掛けを施しました。
ついでに 既存の clarks 3足にもスプレイしておきました。

| | コメント (0)

2010年11月12日 (金)

『スタイリスト』の意味は?

現在の日本で 『スタイリスト』と言えば 「職業として モデルの服飾や写真撮影の準備・手配をする人」が まず思い浮かびます。
昔の意味は どこに行ったのだろうかと 調べてみました。

45年前の高校生の頃,日本語としての『スタイリスト』の意味は 「身なり・服装に凝る人」,英語 “stylist” の意味は 「文体に凝る人」で,日本語は オリジナルの意味を歪曲して使っていると 思っていました。
現在,この意味で 日本語の「スタイリスト」が使われること,使う人は ほとんどいないと思えます。

たまたま手元にあった古い英和辞典(岩崎民平編・「新簡約英和辞典」 昭和31年 第2版)の “stylist” を見ると-

   ①文体を練る人,文体家,名文家 
   ②(米)衣服・室内装飾などの意匠家

「意匠家」は 米語とあって,英語本来の意味としては 所謂,服飾デザイナーに関する意味はなかったように思えます。

古い国語辞典がないので 当時,日本語としての「スタイリスト」の意味をどのように定義していたのかは分かりません。

現代の国語辞典には

   ①身なり・服装に凝る人
   ②立ち振る舞いに気を配る人
   ③文体に気を配って書く人,文章家
   ④モデルの服飾や写真撮影の準備・手配をする人
   ⑤デザインの方向付けをしたり,デザインをアレンジして商品ラインを具体化したりする人

とあって,考えられる全ての意味が示されていますが,現代 もっと多く使われるであろう意味は 4番目に示されています。

現代の英語ではどうだろうと “Oxford Dictionary online” を見ました。

   ① A designer of fashionable styiles of clothing
   ② A person whose job is to arrange and coordinate food,clothes,etc. in a stylish and attractive way in photograph or films
   ③ A writer noted for taking pains over their writing style
   ④ A person who performs with style (in sport or music)

writing style は 3番目で,「意匠」が1番,2番になっています。

| | コメント (0)

2010年11月11日 (木)

“Tyrell FX” を注文しようか。

自転車を抱えて電車で移動して 適当な所で降りて走ったり,走り疲れたら 電車に乗る,所謂,「輪行」を 還暦過ぎの素人夫婦で楽しもうと考えました。

家人の希望は 「軽て 「カッコいい」二点

私の機種選択の条件

・徒歩圏にある自転車店で購入可能。(修理,メインテナンスを自分でやろう,などとは考えてないので 自転車店が近くにあることが必須。昔,乗っていた自転車の累積走行距離が 1万kmを超えて 後輪タイアの溝が浅くなったので 自分で交換しようとして リムに無理やり押し込んでチューブに孔を開けたことがあり,向いてない。

・分解/組み立てで 車輪を外したり,チェーンをどこかに引っ掛けたり,工具を使ったりの面倒なことはしたくない。

・出来るだけ 軽い。(「重さ」 も 「走り」も)

・きつい登りは 歩くつもりなので極端な低速ギアは不要,しかし,10段前後は ほしい。

・デザインが 洒落ている。

となって 「小径車輪の折り畳み自転車」にすることにしました。

次に 近くの自転車店に行って 取引のある(購入可能な)自転車ブランドを確認すると-

・KHS
・DAHON
・Tyrell

とのこと,ネットやカタログで検討した結果-

KHS は フレームが大きいのか ハンドルが ブルホーンのためか,適応身長が 160cm以上とあって 家人にはきつそう。

DAHON はメインフレーム(?)が 強度的理由(アーチ効果)からか カーブしているのが多く,好みではない。同じ理由で BROMTON も好みではありません。

Img_8534-となって 唯一 国産ブランド(四国) Tyrell が 今年売り出した Folding Byc. FX に決定しました(写真はカタログから),Folding 時に他ブランドに比べ 若干 大きいのが気になりましたが。

えらく簡単に決めたのは 家人の「気に入らなかったら 又,買えばいい。」 の 太っ腹の発言のせいです。

家人と 私の自転車の違い 「色」 と 「ハンドル」(家人は 標準のフラット,私は ブルホーン)とします

標準仕様で 1台 税込み \178,500 なので ライト,サイクルメータ,ポンプ,ボトルケージ,輪行袋,ワイア錠,バッグ など 諸々を加え,家人は 1万円以上のエキストラとなる “キャンディー・ブルー” カラーがいい,と言うので 2台で 約40万円の買い物になりそうです。

決心が揺るがなければ 週末,注文に行きましょう。

| | コメント (0)

2010年11月10日 (水)

Electrolux の steam gun を修理に出したら-

Img_4685a家人が毎日のように 衣類(特に 上着)の「皺とり」に使っていた Electrolux の “Enviro Steamer Z352A” が故障しました。

これは 既に1回故障して 同タイプの新品に交換してもらったものでした。

必需品なので 今回は 新品を購入しようと ネットを探しましたが,同タイプは既になく,新型の “Steam Cleaner” のみで,家人は 何故か これが気に入らないようでした。

それでは 修理を頼もうと エレクトロラックス・ジャパン(株)の サービスセンター に電話したところ,長野県の工場に送るようにとのことで,修理費が \5,000 以下なら,という条件で送りました。

Img_8531

しばらくして 代金引換の宅配便で 届いたのは 新型の “Steam Cleaner iCute ESG303” で,税込み定価の約半分の \4,000 ほど払ったそうです。
故障の原因を調べ,修理する手間より 新品を半額で提供する方が メーカーにとって安い,と言うことですね。

写真は 窓ガラス掃除用の アタッチメントを付けています。

| | コメント (0)

2010年11月 9日 (火)

床屋さがし

Uターン転勤で 15年ぶりに広島県呉市に戻って 1年余,気に入った床屋が見つかりません。

髪の量は乏しくなり,選択基準も明確ではないので どこでもいいようなものですが,何かピンときません。

今までに 行った床屋は6軒で 同じ床屋に1回~3回,値段は \1,500~\4,000 と幅があります。
初めて行った\2,500の床屋は 2つの椅子のそれぞれで 店主と猫が寝ていました。
店主が眼を覚ましたので Uターンも出来ず 覚悟して 生暖かい椅子に座りました。この店には 当然 1回限り。

\1,500 と \2,000の床屋の結果は ・・・ 1週間も経って少し伸びれば \4,000の床屋と大差なくなるでしょうが,スピード重視のため 雑な感じは否めませんでした。

結局,気に入らないポイントによる消去法で決めることになりそうです。

| | コメント (1)

2010年11月 8日 (月)

この冬は キャメルヘアのマフラー

長い間,スーツ用のマフラーしか持っておらず,カジュアルな服装に合わせるマフラーを 数年前から 探していました。

この冬は寒くなりそうなので 広島のBrooks Brothers にあった中から選びました。

Img_8527

キャメルヘアのニット マフラーです。
考えていたもの(Bloody Red?)より 相当地味になりました。
キャメルヘアの 柔らかさと保温性は カシミヤと それほど変わらないらしく,値段も大差ありません。

毛玉が出来がちなカシミヤアのマフラーと比べて キャメルヘアのニットは どうでしょうか。

因みに 通常,素材は カシミヤ,アルパカ など動物の名前のみで表しますが 「キャメル」の場合,らくだ色として使うことがあって混同するので 素材としての 「らくだ」の場合は 「キャメルヘア」と言うようです。但し,リスの尻尾を キャメルヘアと言う場合もあるらしいです。

| | コメント (0)

2010年11月 7日 (日)

土曜の呉市をブラリ

天気がいいので 街に出ました。

Img_8510

中通商店街は「恵比須講」で賑わっていました。

横断幕も賑やかですが,ほとんど「パチンコ店」なのが淋しいですね。

Img_8512

境川に向かう枝道にあるバーのドアの貼紙です。

20歳未満ではなく 「18歳未満お断り」が いつ見ても 不思議です。

18歳と19歳の未成年が アルコールを飲むのではなく 何をしに バーに入るのでしょう,呉警察さん。

Img_8514

喫茶店です。

コーヒーを飲ませてくれるのかどうか心配な名前です。

Img_8484

本通の街路樹 ハナミズキが 赤い実を付けていました。
青空とのコントラストがいいですね。

| | コメント (0)

2010年11月 6日 (土)

広島市で見たもの。

11月3日,広島市の繁華街を歩いて見たものです。

Img_8480_2

本通商店街の裏の道に立っている電柱の銘板です。

このような地名は存在しないようなので,「裏原」というのと同じで 通称なのでしょうか。

含みなく 素直で 大胆です。

Img_8482

賑やかで 何の店か すぐには分かりません。

全く聞いた覚えがない 「学生服- ポリショイ」が 何故かスゴイ。

Img_8483

対照的に 何の文字も色もない,商品の色しか見えない自動販売機です。

これを見ると 色とりどりの自動販売機が街の景観を汚していることが認識できます。

この自動販売機も これから 何かの宣伝ボードがはめ込まれるのかもしれませんがー。

| | コメント (0)

2010年11月 5日 (金)

広島市のホテル

11月2日,広島市での井上陽水コンサートの後,呉市の自宅まで帰るのは面倒だし,次の日は祝日なので 広島市で1泊することにしました。
広島市のホテルに泊まったことはゼロではないでしょうが,確かな記憶がありません。

コンサート会場の広島市文化交流会館から 徒歩20~30分以内にあって 予約サイト「一休」で予約可能なホテルが 3つありました。そのうち 「リーガロイヤルホテル広島」 と 「ANAクラウンプラザホテル広島」は 他の町で系列のホテルに泊まったことがあるので,若干 グレードは落ちるようですが 試しに 平和大通りの北側にある「オリエンタルホテル広島」を予約しておきました。
平和公園から 平和大通りの北側に沿って ビジネスホテルを含めると 「ANAクラウンプラザホテル広島」,「ホテル法華クラブ広島」,「三井ガーデンホテル広島」,「広島東急イン」,「ホテル28広島」,「オリエンタルホテル広島」,「東横イン広島」が並んでいます。

Img_8403

「オリエンタルホテル広島」は23階建ての立派な建物です。
22階と23階は レストラン・フロアーです。

Img_8408

部屋は 21階のスーペリア・ルーム 35㎡でした。バス・ルームを除くとほぼ正方形です。

何の飾りもない 良く言えば「さっぱりした」,悪く言えば 「ローコスト」のインテリアです。

Img_8409

Img_8410

ビューバスです。例えば 横浜ロイヤルパークホテルの角部屋のビューバスなどに比べると 何かが違います。
洗面台も 他では あまり見ないシンプルさです。

Img_8465

エレベーター・ホールの照明です。

コモン・スペースの照明は 内田繁氏デザインの卵型です。
このホテルが ワシントンホテルから リブランドした際,内田氏が リニューワルのデザインを担当したとのことです。

Img_8475

Img_8476

Img_8477Img_8478

結婚式場もあり,デザインを疎かにしていませんが,全般の雰囲気は 程度の良い ビジネスホテルでした。

| | コメント (0)

2010年11月 4日 (木)

井上陽水 2010/11/2 広島

Img_8424井上陽水
tour 2010 POWDER
於 広島市文化交流会館
2010年11月2日 19:00開演

コンサート終了後,掲示されたセットリストです。

Img_8422

同じ 1948年に福岡県で生まれ,1967年は 小倉の予備校生として過ごし(違う予備校だったが-),学生時代 福岡市の下宿(正確には間借り)で RKB毎日放送のラジオから 井上陽水氏の 「東京に行ってきます。」の声を聴いた私としては,41年目のコンサート 21曲を通しての疲れをみせない声で 「まだまだやれる。」 と感じさせてもらいました。

「人生は 分からないものだ。」と言う意味の話をしていました。
3回の歯科大入試の失敗がなければ 現在の井上陽水氏は おらず,それこそ 「歌のうまい 歯医者さん」が いることになったということです。

| | コメント (0)

2010年11月 3日 (水)

iPOD用スピーカー

Img_8368家人が 部屋間を持ち歩いて使っている iPOD用スピーカー(3W+3W)です。

Logitec の “LDS-Ri500”。
2,3年使っています。

Img_8371

AM & FMチューナー付きです。

Img_8370

前面中央に ラジオ チューニング用 微調整可能な バーニアダイアルが配置されています。

アンティークで 無骨なデザインが cool です。

| | コメント (0)

2010年11月 2日 (火)

Paraboot から葉書

Img_8356南青山 骨董通りの『パラブーツ青山店』から 11月4日~10日に開催される 「パターンオーダー会」 と 「ポリッシュフェア」の案内状が届きました。

パターンオーダーは \76,440~,完成  2011年5月上旬,データをフランスに送って現地で作るのでしょうかね。

広島に引越して1年経とうとしており,住所変更の連絡をしないと 案内が転送されるのは これが最後です。

| | コメント (0)

2010年11月 1日 (月)

秋だから モンブラン

Img_8345家人が 渋皮煮を作るために買った栗の粒が貧弱だったので 方針を変えて モンブランにしたとのことです。

初めて 作ったので マロンクリームに適度な軟らかさを出すのに苦労したそうです。

5,6年前から,秋を感じる間もなく冬が来るので 食べ物だけでも 秋の香りを じっくり味わいましょう。

| | コメント (1)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »