« 心配なことは- | トップページ | 避難用ハッチはオーダーメイド? »

2010年11月26日 (金)

ブリットの靴は-

スティーヴ・マックィーン(Steve McQueen,1930~1980)の生誕 80年・没後 30年を記念して NHK BSで 彼の出た映画を放映していました。

Mcqueen特に 興味深かったのは 特集の最初にあった 「スティーヴ・マックィーンの全て」(“The Essence of Cool”,TV 2005 )で,彼を知る人々へのインタヴューを通じて 彼の短い,しかし充実した俳優生活を知ることができました。

友人・女優の肩書きで登場した スザンヌ・プレシェット(Suzanne Pleshette,1937~2008)は 出た映画の本数はわずかでしたが, 高校・大学の頃,ブルネットの髪と灰色の眼が魅力的なナジミの女優で,懐かしく観ました。
2年前に70歳で亡くなっていることを初めて知りました。

スティーヴ・マックィーンの映画では 彼がめずらしくスーツを着て登場する 「ブリット」(“Bullitt”,1968)と「華麗なる賭け」(“The Thomas Crowns Affair”,1968)が,ちょうど私が20歳頃の もっとも真面目に映画を観ていた頃の印象深い作品です。

そして 又,「ブリット」を観ました。

Img_8562

「青色のとくりセーター」に 「エルボーパッチ付き茶色の ヘリンボーン・スポーツコート」,そして 「茶色スェードのブーツ」です。

40年前,私が目指す(?)スタイルが決まりました。

Img_8570_2

Mud1スェード・ブーツは Tricker's の ‘Mudguard Chukka Boot’で,「華麗なる賭け」 でグライダーから降りるときにも履いており この時期,彼の愛用の靴だったようです。

|

« 心配なことは- | トップページ | 避難用ハッチはオーダーメイド? »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 心配なことは- | トップページ | 避難用ハッチはオーダーメイド? »