« ブリットの靴は- | トップページ | 秋の終わりの銀杏 »

2010年11月27日 (土)

避難用ハッチはオーダーメイド?

15年振りに もどったマンションのベランダに 下の階に下りる梯子を備えた避難用ハッチがあります。

このハッチの鋼製カバーが腐食して穴が開いていることに気が付きました。
カバーに貼られたビニールの説明書の接着が悪くなり,カバーとの間に雨水が浸み込んで 錆びたようです。

1年に1回か2回,点検専門業者による防火/避難関係設備の点検をやっているはずですが,形だけの点検で まともに見てなかったようです。

管理会社に連絡して 取り替えるよう依頼すると,「サイズを測りに行きます。」とのことでした。
こんなのは 規格品で,集会室においてある図面を見れば分かるのでは? と思いましたが,そうではないようで,ベランダに合わせて 個別製作しているとの話でした。

採寸後,しばらくして 交換工事が実施され 新しくなりました。

Img_8386旧ハッチは 塗装したスティールでしたが,新ハッチは SUS製になりました。腐食には強いでしょう。

カバーに製造者名が 書いてないようなので,「何か 問題があったときは?」 と尋ねると-
「裏に書いています。」とのことでした。

旧ハッチは 上面カバーを開け,下側カバーを開け,梯子のストッパーを外し,梯子を自力で降ろす,という面倒な仕掛けでしたが,今度のは 上面カバーを開け,ストッパーを外した後,赤いボタンを押すと一気に梯子が降りるようで 改良されていました。

|

« ブリットの靴は- | トップページ | 秋の終わりの銀杏 »

mono」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブリットの靴は- | トップページ | 秋の終わりの銀杏 »