« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の31件の記事

2010年12月31日 (金)

Tyell FX 重さ計測

先週末 納車の 折りたたみ自転車 “Tyrell FX” の気になる重さを量りました。

標準仕様車のカタログ値 (ペダルを除く):8.9kg,「10kg をショートしている」 が 体力の衰えた還暦過ぎの夫婦にとっては ひとつの重要な購入理由です。

さて 我々 夫婦の2台は何kgでしょうか。

Img_9014

Img_9016

左の 私用が 10.0kg,
右の家人用が 9.9kg で,カタログ値+約1kg でした。

よし としましょう。

標準仕様と異なるのは-

「+ペダル」,「ギア:1×9 → 2×10」,「ハンドル & (ブレーキ,シフト)レバー」,「+ライト」,「+ワイアレス・サイクルメータ」,「+ボトルケージ(私用)」,「+スタンド」,「+リフレクタ」。

| | コメント (0)

2010年12月30日 (木)

新作 「もみじ饅頭」?

Img_9000

何でもない 普通の「もみじ饅頭」のようですが-

Img_9001

裏を見ると ,『千福吟醸チョコもみじ』とあって 原材料に「チョコレートフラワーペースト(清酒)」とあります。
「清酒」入りです。

確かに 酒の香りがする「もみじ饅頭」でした。

Img_9005

呉市本通7丁目の 三宅本店にある「ギャラリー 三宅屋商店」で きゅうりの「千福漬」(要するに奈良漬)を買った時,おまけに戴きました。

来年1月に 発売開始とのことです。

| | コメント (1)

2010年12月29日 (水)

京都,錦市場で買った物

12月17日~19日の京都旅行で寄った錦市場で家人が買った食品の一部です。
私は 食べるだけなので 何の料理に使われるのか よく分かりません。

Img_8940

生麩,「胡桃」 と 「柚子」。

Img_8943

「千枚漬」 と 「ちょうじ麩」。

Img_8947

白味噌。

Img_8944

「白板昆布」 と 「求肥 or 龍皮(りゅうひ)昆布」 。

| | コメント (0)

2010年12月28日 (火)

ツィードのスポーツコートにエルボーパッチを付けて

Img_8951茶色ハリス・ツィード,ヘリンボーンのスポーツコートです。
写真左のグレイのスポーツコートと違うのは色のみ,素材もモデルも同じです。

南青山 「KENT SHOP青山」のパターンメイド。

ウェストに絞りがない Natural Shoulder,3つボタン の Sack Type です。

Img_8954ブリットに倣ったわけではありませんが,エルボー・パッチを付けました。

厚手なので この季節でも セーターとマフラーをプラスすれば コートなしの外出も何とかなるでしょう。
が,これに合わせる適当なウールのパンツがないので,チノパンで寒さを我慢しましょう。

着々とリタイア後のワードローブが揃っています(?)。

| | コメント (0)

2010年12月27日 (月)

宅配便の顧客満足は-

1976年に 「宅配便」をヤマト運輸が始めてから既に34年になり,その便利さ(速さ,安さ)に慣れて それ以前の「郵便小包」と「鉄道小荷物」しか手段がなかった不便な時代の記憶が薄れてしまっています。

配達の日と時刻(帯)まで指定できるようになって それが当たり前の時代になりました。
その機能を維持するため 運送会社は努力していることでしょう。

先日,京都で買った品物を 店から広島の自宅に送ってもらったとき,珍しく不手際がありました。

土曜日に買って 配達を 月曜日の 16-18時に指定しました。

月曜日に配達されず,火曜日の18時まで待っても配達されません。
委託した運送会社を知らないので 品物を買った店に電話しました。
店は 土曜日に運送会社に渡したとのこと,調べて 追って電話するとのことでした。

それから 1時間経っても 電話がありません。
又,店に電話すると 「運送会社から 直接電話して状況を説明することになっていた,
もう一度,運送会社に電話する。」 とのことでした。

10分後,S急便の地元集配センターから電話があり,
・荷物は 月曜の昼に着いている。
・ドライバーが 配達の日付を間違えていた。
・明日,配達する。

それに対して,昨日の配達指定を2日遅れの明日配達は困る,何時でもいいから 今日中に配達するように言いました。(19時30分)
それに対する 確たる回答はありませんでした。
(ネゴは 全て家人,私が電話すると厳しく言い過ぎるので。)
30分経って 今日中に配達するとの電話がありました。

ここで疑問。
①インターネットで追跡するシステムがあるのに,配達遅れにアラームを出すシステムがない?
ドライバーが誤ったら 客が連絡するまで分からないようなシステム?

②客からの連絡で遅れが発覚したとき,何故,配達時刻を指定した客(配送先)に遅れの状況説明と謝罪の電話をしない?(忙しくても 1時間あればできるでしょう。)

③誤りに気づいて(気づかされて),既に1日遅れているのに,その日ではなく明日の配達と言うのは何故?
ドライバーの都合が客の都合より優先?

宅配便業者間の競争があるのか,ないのか,現場には緊張感は ないようです。
顧客満足を目指す基本は 「約束を守ること。」です。

①ミス,②連絡なし,③速やかにリカバリーする意思なし。

3点の不満足がありました。

| | コメント (1)

2010年12月26日 (日)

“Tyrell FX” を 還暦過ぎ夫婦が-

Img_8984

11月14日に注文した Tyrell FX が届いたとの連絡が月曜日にあり,寒い土曜日に引き取りに行きました。

Tyrell FXは 今年4月(と思う。)に発売された 折りたたみ小径自転車で 香川県さぬき市の(有)アイヴ エモーションの ブランド “Tyrell” の最新車です。

Img_8995_2

脚力に見合った適切なギア比など 自転車の知識が乏しい還暦過ぎ夫婦が 無謀にも輪行でもしてみようかと デザインと軽さ の理由で適当に選んだ車種で,高速小径車との評判が高いこれが 我々に 相応しいかどうかの疑問がありましたが,とにかく乗ってみようとの決断で購入しました。

私は Yellow の車体に STIレバーを着けたブルホーン・ハンドル,家人は Candy Blue の車体に 標準のフラットバー・ハンドルとしました。
ギアは両車 同じで,フロントはダブルにしています。

パウダー・コーティング(粉体焼付け塗装)による車体の発色が鮮やかです。

Img_8996

Img_8997

Img_8998

それぞれ 車体に合わせた色の サイクル・メーターとライトを付けました。

Img_8999_2

呉市海軍墓地を経由して帰宅し,折りたたんで 部屋に持ち込みました。

この季節に 乗り回すのは厳しいので 焦らず ぼつぼつ慣らし乗りして 春を待ちましょう。

| | コメント (1)

2010年12月25日 (土)

昭和の気分で,ちゃぶ台など。

Img_8967京都のアンティーク・ショップ “blue PARROT Ⅱ” で買った 直径 75cmの卓袱台(ちゃぶ台)で 家人の 「四畳半昭和化計画」が ほぼ終了したようです。

Img_8979_2

卓袱台の中央の円孔は 七輪をここにおいて 鍋料理などをするためのもので,円孔の本体側縁は金属(銅?)でプロテクトされています。

Img_8971

同じアンティーク・ショップで買った薬缶です。
材質,その他の素性は不明です。
見慣れた「やかん」より 注ぎ口が小さく 面白いバランスです。

蓋の「摘み」の装飾,取っ手の握り部分に完璧に巻いてある 断熱用の籐(?),いい出来です。

Img_8975

Img_8972

Img_8981

京都では見つからなかった適当な大きさの「火消し壷」を 広島に戻って買ったようです。
「万古焼き」です。

Img_8983

炭も当然,準備されています。

38年前(昭和47年)の就職の際,配属先の独身寮に送る布団袋に 今の私より10歳以上若かった母親が入れてくれたまま 一度も着たことのない着物を 還暦を2年過ぎたこの身に,この正月は着てみようか,という気になりました。

| | コメント (1)

2010年12月24日 (金)

京都 三日目,南禅寺など。

京都の旅 3日目 最終日は 家人が 錦市場に寄りたい,と言うので 最後にとっておいて,取りあえず 荷物を京都駅に置き,バスで銀閣寺に向かいました。

Img_888341年前も,31年前も,18年前も 何故か 「銀閣寺」,「哲学の道」,「南禅寺」,「琵琶湖疏水 水路閣」は 歩いており,今回も欠かさないことにしました。

Img_8889

哲学の道とその周りは 41年前と比べると整備されています。

銀閣寺から 400mほどの疎水沿いの小径は立ち入り禁止になっていました。
立ち入り禁止は 苔と桜の保護・再生のため来年3月までを予定しているとのことでした。

Img_8907

南禅寺に着きました。

1628年に再建された三門の安定感ある美しさに いつも感動します。

今回は 初めて中に入りました。

Img_8905

向かって右側の山廊から階段を昇って楼上に向かいます。

その前に 入楼料(?)500円を払います。

Img_8894

階段の傾斜角度は まあまあですが,踏み板の間隔は現代の標準の 1.3~1.5倍くらいありそうです。

この階段を上がったところから 更に左90度方向に二つ目の階段があります。

Img_8895

着きました。

楼上は 1間強の幅の廻り縁があります。

扉のヒンジ部の構造が扉の重量が考慮された しっかりとした造りです。

Img_8897

Img_8900_2

Img_8910

三門から 少し歩いて 水路閣に着きました。
41年前の学生時代の夏休み,ここで30分ほど構造を見て回ったときに遭った人は 2,3人だったのが 今や多くの観光客がいました。

琵琶湖とこの辺りの水面の高低差は 4m程度とのことで 明治10年代に開始した土木工事としては 立派なものだと思う反面,琵琶湖疏水の何倍もの規模の水道工事を2000年前にやり遂げ,この水路閣の何倍もの規模の水道橋を現代まで残しているローマ帝国の土木技術には 呆れるしかありません。

Img_8916

Img_8917三門から西に少し歩くと 蹴上インクラインがあります。

琵琶湖疏水は 蹴上から一気に下るので 運航する舟を台車に載せて上下させるためのケーブルカーの軌道です。

長さ:582m,傾斜:1/15,高低差:40m弱。

台車と復元された三十石舟が展示されていました。

先日,NHK BSで 放映されたドキュメンタリー番組で ベルギーの インクラインが紹介されていました。
フランスの造船会社をリタイアした夫婦が 家を売って 住居兼用の船を造り,その船でパリからロッテルダムまで 河と運河を通って旅行するというもので,多くの閘門で 水位差のある河(運河)を渡ります。閘門式では水位差がありすぎて(水平距離がない)どうしようもないとき,インクラインが採用されるようで,ベルギーのそれは 長さ 20mの船が載る台車が上下する立派なものでした。

Img_8925そばの国際交流会館のレストランで昼食を摂り,錦市場に行き 少し買い物をして京都駅から帰路に就きました。

京都駅が新しくなって(?) 初めて 京都駅の中を見ました。
建築時は賛否両論あったようですね。
吹き抜けの巨大な屋根を造るのは大変だったでしょう。

| | コメント (0)

2010年12月23日 (木)

京都 二日目,散策。

2泊3日の京都旅行,2日目は 京都らしい町並みと 家人の探し物をもとめて洛中,洛東を散策しました。

Img_8839先ずは ホテル近くの 京都御所を歩いた後,家具店が多い 夷川通で 「卓袱台(ちゃぶ台)」を探しましたが,最近のデザインのものばかりで 家人の気に入るものなし。

Img_8789_2近くの「辻和金網」に入って品物を見て 「茶漉し」を購入。

次に 烏丸四条近くの「茶道具店」で 『消し炭』を入れる壷を探しましたが,適当な大きさのものがなく,「火箸」を購入。 Img_8844Img_8845

その後,東に向かい,川原町通を横断して木屋町通にぶつかり,高瀬川に沿って南に歩き,四条通に出て Uターンして先斗町を北に。

Img_8851三条大橋で鴨川を渡り,花見小路通を南に祇園に入りました。

Img_8859更に 四条通を東に歩き 八坂神社に出て,東大路通を南に向かいました。
途中の八坂通を上って 途中から 「二年坂」に入りました。

Img_8860歩き続けて疲れていたので 下る前に,坂の端にある「かさぎ屋」で 一休みして ぜんざいを食べました。

その後,ひたすら北に歩き,平安神宮の北西にあるアンティーク・ショップ “blue PARROT Ⅱ” にたどり着きました。
朝,出発前にホテルのコンシェルジュに アンティークの「卓袱台」がありそうな店を探してもらい,三つあることを電話で確認していた店です。

3 floorに 主に日本製の家具が陳列されていました。
早速,卓袱台を見比べ もっとも素朴な円卓を購入しました。
その後も 家人は店内を物色し,「薬缶(やかん)」を値切って購入しました。

Img_8872この日の締めは イルミネーションをやっているという「府立植物園」,流石にここまで歩くわけにはいかず 地下鉄を利用しました。
入園料 200円が 60歳以上は 無料でした。京都府民でもないのに感謝。

何km 歩いたでしょう,足腰が痛みました。
家人は 何ともない,とのことで完敗でした。

旅の基本は「歩き」だと思っている還暦過ぎ夫婦の12時間でした。

| | コメント (1)

2010年12月22日 (水)

京都の旅,初日は嵐山へ

京都への旅,初日 17日の夕方,嵐山に向かいました。
12月10日~19日に 「嵐山 花灯路(はなとうろ)」と称して 嵐山一帯のライトアップ・イヴェントがあるとのことでした。

Img_8790Img_8795

地下鉄・東西線から嵐電に乗り継ぎ 嵐山に到着しました。
17時 点灯,薄暮の渡月橋です。

闇が深くなるにつれて寒さが増してきたので 湯豆腐を食しに 長辻通りの売店で聞いた店に行きました。

Img_8811Img_8807

その後 ,再び 渡月橋前を通って 野宮神社から始まる竹林の小路へ。

Img_8805

Img_8814_2

Img_8819

大河内山荘まで歩いて引き返しました。

多くの人出でした。

| | コメント (0)

2010年12月21日 (火)

週末,京都 2泊3日。

家人が 京都に行きたい,と言うので週末に2泊3日で京都に行きました。
家人の目的は 湯豆腐を食べることと 卓袱台(ちゃぶ台),その他を買うこと。

私が京都に行くのは5回目,あまり行ったことがないので地理に詳しくありません。
帰りに京都駅まで乗ったタクシーの運転手さんに 「平安京は どの辺りにあったのでしょうか?」と尋ねると 「わかりません。」とのこと。「うまい店」とか 「お寺」の場所などには答えられるのでしょうね。
気になったので,京都駅の観光案内所で 「恥ずかしながら・・・」と尋ねてみました。
二条城の辺りと 地図上で示してもらいました。御所の場所とは関係ないのですね。
日本史は 大学受験科目ではなかったので ほどほどにしか勉強しておらず,時代の関係が理解できていません。

過去 訪れた4回を思い出すと-

1回目は 47年前,中学校の修学旅行で九州から修学旅行列車で。
2回目は 41年前,大学夏休みの企業実習を神戸で済ませた後,山陰線に乗って帰ろうと京都に出たとき。
3回目は 31年前,金曜日に出張で名古屋に行った後,日曜に大阪で仕事があって,金曜の夜 京都に泊まって土曜日に歩き回ったとき。
4回目は 18年前,勤続20年でもらった旅行クーポンで京都旅行,珍しく旅館泊。

地下鉄が いつ出来たか知りませんが,今回 初めて乗りました。

Img_8836

今回泊まったホテルは,御所西の「京都ブライトンホテル」。
選択の理由は特にありませんが,部屋の広さと ほどほどのレートから。

Img_8786

部屋は 特に洗練されたインテリアとは言えないまでも 気にならない色とデザインで,使い勝手のいいダイニング・テーブルになる机がありました。
調光可能な3連のペンダント・ライトが下がっています。

最近,改装したようで バスルームの扉が引き戸でした。
引き戸自体に問題ありませんが,遮音性に難がありました。
家人は 大型のバスタブを喜んでいました。

| | コメント (1)

2010年12月20日 (月)

京都の土産は「京野菜」

Img_8931週末に京都に行ってきました。

土産は 「京野菜」など。

「赤蕪(葉付き)」,「九条葱」,「壬生菜」,「百合根」。

新幹線で持って帰りました。

| | コメント (0)

2010年12月19日 (日)

まだまだ気になる言葉遣い

既に レストラン・チェーンなど限られた場所での方言ではなく,一般化して 一過性とは思われない,しかし,私にとって依然 耳障りな言い回しの言葉があります。

本来の適正なケースで遣われない 「・・・させていただく。」,「・・・になります。」,「・・・してあげる。」,「・・・的には・・・」などが気になる言葉遣いですが,ちゃんとした(?)大人が 遣いがちで 気になる言い回しに 「・・・したいと思います。」が あります。

例えば 何かの講習会で 「・・・について 説明したいと思います。」,「早速,始めたいと思います。」 という何でもないような言い方でも 「・・・思います。」が 連発されると気になります。

特に, 「・・・について 説明したい,というふうに思います。」と,大げさで 胡散臭い言い回しをされると,この人の話をまともに聞く価値があるのだろうか,時間の無駄ではないだろうかと 冒頭から疑いの気持ちを持つこともあります。

「・・・について説明いたします/説明します。」,「始めます。」と言えば 必要十分です。

別に 思うから説明するわけではなく,この言い方が 丁寧だと思い,無意識に遣っているのでしょう。
思う,思わないに関係なく 実行すること(が決まっていること)に 「思います。」は勘弁願いたい。

| | コメント (0)

2010年12月18日 (土)

冬は 緑黄色野菜

Img_8662

中国の代表的冬野菜 「ターサイ(搨菜)」です。

Img_8664

裏です。

| | コメント (0)

2010年12月17日 (金)

クリスマスの飾り

Img_8683

12月なので
棚の上と-

Img_8752

玄関ドアが 飾られました。

| | コメント (0)

2010年12月16日 (木)

東京土産は See's のチョコレート

Img_8737東京土産に See's CANDIES のチョコレートを 家人に頼まれました。

日本には 表参道店と 銀座店のふたつだけなので 東京土産と言ってもおかしくないようです。

閉店は 19:30,イルミネーションを観るために表参道に行った時に表参道店に寄りましたが,20時を過ぎて閉まっていました。

Img_8751

翌日,銀座6丁目(すずらん通り)の店で買いました。

クラシックなデザインの箱です。

Img_8743

「ブリッジ・ミックス (1/2 pound)」。

何故,ブリッジというのか,わかりません。
店の女性に名前の由来を尋ねましたが,わからない,とのことでした。

Img_8748

「チョコレート&バラエティ(1 pound)」。

私の懐具合では,出張の土産にしては少々,値が張りました。

| | コメント (1)

2010年12月15日 (水)

誕生日に-

Img_8779誕生日のデザートは コーヒー・ムースでした。

蝋燭の本数は 年齢÷10,小数点以下切捨て。

| | コメント (0)

2010年12月14日 (火)

「ヤマトギャラリー零」に行ってみた。

Img_8776呉市中通商店街に 今年夏 開館した「ヤマトギャラリー零」の前を いつも素通りしていましたが,日曜に散歩している時 気が向いて入ってみました。

この建物は 16年前に 呉から東京に転勤するまでは よく寄っていた店で,コンクリート打ちっ放しの建物自体のセンスが良く,呉市には珍しく(?)洒落た品物を置いていて,家人はセーターなどを買っていました。
去年,呉に戻って この店がなくなっていて残念な思いをしました。

入館料 300円を払って入りました。

松本零士氏の生い立ちや作品の紹介,氏のコレクションが陳列されていました。B17や メッサーシュミットのプロペラ・ブレイドが置かれているのには驚きました。

団塊世代の私としては 氏の代表的作品は 就職後に発表されたものなので 強い印象はありません。
唯一,「男おいどん」が 1971年に連載され始めた時,大学4年生で 福岡市の学生向け食堂で夜食を食べるとき 食堂に置かれた「少年マガジン」で見ていました。

「男おいどん」で記憶にある主人公の台詞で 『あー,グラグラした。』というのがあります。
これを聞いた 彼を交番に連れてきた警官が 「おっ,地震か?」と言います。

北九州市で育った私には この方言が理解でき,一人で ニヤリとしました。

「グラグラした。」というのは 「気分を害した。」程度の意味で,この漫画を見て,松本零士氏は北九州近辺の出身だと分かりました。
その後,何故か 門司の出身だと思い込んでいましたが,今回の訪館で 小倉で育ったことを知りました。

| | コメント (1)

2010年12月13日 (月)

呉市営-広島空港連絡バスに乗ったら

12月10日(金) 東京出張帰りに,16時20分 広島空港発呉駅行きの 呉市営・空港連絡バスに乗りました。
乗客は 私を含めて 2人,1人は広交差点で下車し 終点まで乗ったのは私1人。
この状況での路線経営がつらいのは理解できますが,・・・。

2012年に広島電鉄に経営移譲する予定の呉市交通局は 移譲前に空港連絡バスを廃止すると聞きました。

このバスが廃止されると 呉からは JRで広島駅に出て,そこからバスに乗ることになり,時間的には それほど変わりませんが,乗換えが面倒で 気が進みません。

今までは 「往き」も「復り」も 空港連絡線の数少ないバスの運行時刻に合わせて フライトを選んでいました。
いずれにせよ,呉からは ますます遠く,不便な空港になることは 間違いありません。

呉-空港連絡バス廃止を機会に 東京往復を新幹線に変えることを考えざるを得ません。

ところで,呉市営バスは年間補助金が市民税の10%を越え,経営が立ち行かないので民間に移譲することを決定したようですが,民間が経営したところで利用者の減少に歯止めがかかる理由はなく,どのような理屈による移譲なのか理解できません。
民間企業が赤字で手を引く時,地方自治体が住民の生活を守るため 交通機関の運営を引き受けるというのが普通の流れだと思っていました。
単純な経営合理化の手段としての賃金カット,職員数削減,その他が市営のままだと市の他の部局との関係で実施出来ない,ということで 民間に移譲後 実施するということなのでしょうか。
結局は,民間と比較して 経営努力が足らない,更に 交通局に限らず市職員全体の待遇が民間と比較して 働きに対して分不相応に良すぎることを,市が無恥にも自ら認めたということでしょう。

市営だと 不採算路線の廃止が難しいが,民間経営なら赤字のままにしておくわけはなく,路線廃止の実施が想像できます。
移譲後,2年間は 移譲時点の路線を維持するとの約束は,3年目から廃止する,ということと同義ですね。

バス路線があるからと 郊外に土地を買い,家を建てた人や,もともとバスの路線があるから生活出来ている人,特に老齢の方々には 不穏な動きです。

市は 市民生活への責任を どのように果たすつもりなのでしょうか。

| | コメント (0)

2010年12月12日 (日)

12月に汐留で

久しぶりに東京に出張し,汐留に2泊しました。
18時頃 羽田に着いて モノレールとJRで新橋まで行きました。15年間続けた首都圏通勤を逃れて広島勤務となって1年余り,この時刻の浜松町から新橋まで一駅のJR乗車で その混雑にウンザリします。

Img_8704ホテルは 「汐留住友ビル」内の,いつもの 「ヴィラ・フォンテーヌ汐留」,7月以来の宿泊で気付いた変化が二つ。

部屋のテレビが 「ブラウン管・アナログ受信機」から「液晶・デジタル受信機」 に。

ホテル・サイトからのダイレクト・オンライン予約宿泊者には「日経新聞」をサービス(もともと 「読売新聞」は フリー)。

必要十分で 無駄をそぎ落としたサービスが好みのホテルです。
ひとつだけ 些細な問題を挙げれば,宿泊者無料の朝食に必ず準備されているソーセージが ここでしか食べたことがない質(結着材が多すぎて歯ざわりが蒲鉾,かつ肉の香りが全くしない)であること。
今まで一人で 2回泊まり,コストパフォーマンスが気に入っている家人に 「このホテルの朝食における問題は何か?」と尋ねると 「ソーセージ」と 躊躇いなく答えました。夫婦で同じ評価をしていました。
まあ,ビジネスホテルで,問題がひとつ,それがソーセージの質なら及第点でしょう。

Img_8718

去年と同じような 海をテーマにしたイルミネーションが 音楽に合わせて変化するcaretta汐留のショーです。

Img_8710

Img_8711

Img_8707Img_8713 

Img_8714

caretta汐留内のレストランで 娘と食事しました。

この時期,この付近の それなりのレストランは予約で一杯です。予約せず行った このレストランは 100席中 空いていたのは2人用が 4卓でした。

ダイエット再開直後でありながら,アラカルトで フォアグラ,ラム・チョップ,クラブ・ケーキ,生うにスパゲッティなどを注文し-

Img_8716

デザートまで。

1食で 1日分予定のカロリーをオーバーしたようです。

| | コメント (1)

2010年12月11日 (土)

「神宮外苑いちょう並木」と「表参道」

Img_8724「神宮外苑いちょう並木」の見頃は過ぎているだろうと思いながら,東京出張のついでに 12月10日,足を運んでみました。

葉は ほぼ落ちていました。

Img_8733

不思議なことに,青山通り側の端に立つ 2本が 葉が落ちないまま保っています。

Img_8729

「いちょう祭り」は 12月12日までです。

Img_869012月8日夜,汐留のホテルにチェックインした後,昨年 復活した 表参道のイルミネーションでも見ようかと青山に出かけました。

Img_8695

明治神宮の参道として1920年に整備されてから 今年 90年を迎えるのを祝して,過去最多の 90万球(LED)が 光を放っていました。

| | コメント (0)

2010年12月10日 (金)

焼酎 「夢のつゆ」

Img_8646清酒「千福」で有名な 呉市の (株)三宅本店 の焼酎 「夢のつゆ」です。

原材料は 「清酒副産物」つまり 「酒粕」,元は 「米」ということです。

無駄にしていませんね。

| | コメント (0)

2010年12月 9日 (木)

iPOD がフリーズしたとき。

iIPOD classic の電源を入れた後,選曲しようとしたところ フリーズして動かなくなり 驚きました。3年余り 使っていて 初めてのトラブルです。

15年ほど前,会社で Windows を使い始めた頃,よくフリーズして その度に電源を落して復旧させたものですが,iPOD の場合,フリーズすると 電源さえ落せなくなり ます。
外部電源ならコードを抜けるし,電池式なら電池を外すことができますが,iPOD は何ともしようがありません。

帰宅後,Apple のサポート・サイトのトラブル・シューティングのページを見ると,ありました。

iPODのリセット方法

  1. ホールドスイッチをオンにしてからオフにします。(「HOLD」の位置にスライドしてから、元に戻します)。
  2. 再生/一時停止ボタンとメニューボタンを、Apple/iPod ロゴが表示するまで、同時に 6 ~ 8 秒間押したままにします。この手順を繰り返す必要がある場合もあります。

上記の手順を行ってもリセットできない場合は、iPod を電源アダプタに接続して電源アダプタをコンセントに差し込むか、iPod をコンピュータに接続します。このとき、コンピュータの電源がオンになっており、スリープ状態に移行する設定になっていないことを確認します。

それでも iPod をリセットすることができない場合は、一方の手の指でセンター (選択) ボタンを押し、もう一方の手の指でメニューボタンを押してください。

最後の 「センターボタン」と「メニューボタン」の 『同時押し』で復旧しました。
データへの影響はありません。

3年に1回のトラブルなので この対処方法を覚えておけません。

| | コメント (0)

2010年12月 8日 (水)

アヴォカド,連続栽培中。

Img_8677

何故か,家人がアヴォカドを育てています。

初代の下の葉が枯れ始めていますが,上の葉は元気です。

2代目は丈で頑張っています。

3,4代目の発芽が待たれます。

| | コメント (0)

2010年12月 7日 (火)

体重が危ない。

この数ヶ月,パンツのウェストがきつく感じるようになって それでもほおっておいて,今月になって やっと覚悟を決めて 体重計に乗りました。

5kg の増加でした。

2008年秋から 摂取カロリーを抑えるダイエットを実施し,毎日の体重を記録して 8ヶ月で 10kgの減量に成功しました。運動をして瘠せようとは考えません。カロリーを消費するために運動するくらいなら 初めからカロリー摂取を抑える方が 合理的で時間の無駄がない,との考えです。
基礎代謝量を上げるために筋肉をつける トレーニングは有効と思いますが,定量的コントロールが困難です。

10kg減量した体重をキープすることを決意し,2009年の春,夏,秋に パンツ,上着を絞る補修を実施しています。

その後,転勤して 少し気を抜いてしまって,折角の減量10kg のうちの5kg分が 1年で元にもどりました。

早速,体重記録シートを作成し,毎日 体重計に乗ることにしました。

Record

左図は前回1年間の体重記録の最後の8ヶ月分で,一目盛 1kgです。
約4ヶ月間で6kgが 月単位に見ると直線的に減少していることがわかります。
その前,4kg減量した4ヶ月分のDataは省略しています。

記録がない日は出張などで 自宅にいなかった部分で,出張先で カロリーを考えて食事するのが難しいためか 帰宅後の体重が増加しています。

最後の4ヶ月は ほとんど変化がなくなったので 別の手段が必要と考えるも思いつかず,この体重をキープすることにしてプロジェクトを終了しました。

再開します。

| | コメント (0)

2010年12月 6日 (月)

アドベント・カード

キリスト教では 11月30日に最も近い日曜日から 12月24日までを “Advent” と言い,キリスト降誕を待ち望む期間です。

Img_8668

それに因んで,「アドベント・カード(カレンダー)」なるものがあります。

アドベントの期間,毎日,日付が書かれた窓を開けていき,全てが開くと クリスマスです。

Img_8667

窓を開けると 小さな絵が表れます。

Austria2002_105

2002年のアドベントに訪れた オーストリアのウィーン市庁舎の窓には日付の数字が書かれた幕(板?)貼られていて 日が経つにつれて 幕が取り除かれ 灯りが見えるようになっていました。

24日の幕が開き,全ての窓から灯りが見えると キリスト降誕,クリスマスです。

| | コメント (0)

2010年12月 5日 (日)

12月は赤い菊と・・・

Img_8655気忙しい師走を 敢えて落ち着いて過ごしたいものです。

Img_8654_2 玄関に 「赤い菊」 と 「緑のスペリカム」です。

| | コメント (0)

2010年12月 4日 (土)

「山口自転車」の『実用車』に乗っていた頃

自分専用の自転車を持ったのは 40歳を過ぎてから,子供の自転車を買いに行った時に,ふと見たクロスバイクが欲しくなって ついでに自分用のを買ったときでした。

昭和30年代前半の子供の頃,家に1台 自転車がありましたが,「山口自転車」の実用車で おそらく 26インチではなく 24インチの車輪だったと思いますが,それでも 小学3,4年生には乗るのは無理でした。「実用車」とは 黒色の頑丈なフレームに 四角形の大型荷台が付いて ちょっとした荷物なら積んで走れる自転車です。

ペダルにさえ足が届かないこの実用車での練習は無理でした。
私が自転車に乗れるようになったのは クラスの友人が 他の遊びをしている時に,足が地面に届く彼の子供用自転車による 緩やかな下りの道を利用した1時間ほどの練習で,でした。

小学4年生の終わり頃,爪先がペダルに届く前に,実用車に乗り始めました。(三角形のフレームの間に脚を入れて反対側のペダルをこぐ,所謂 「三角乗り」のような曲芸的乗り方はしませんでした。)
子供用の自転車に乗ったクラスの友人たちと 遠乗りもしました。
トップチューブに跨っても 地面に足が届かないので 停車する時は 自転車を降りました。
急停車する時は 大変でしたが,転倒した記憶は あまりありません。
自動車の数は まだ少なく 危険を感じたこともありませんでした。

6年生になると,日曜の 家族がまだ起きてない時刻に,自転車を出して 一人で早朝サイクリングを楽しんでいました。

イタリア映画に 「自転車泥棒」(1948年)という名作があります。
この映画で描かれたほどではありませんが,昭和30年代前半(1955年~1960年頃),日本でも 自転車は 贅沢品(少なくとも我が家では)だったのかも知れません。

| | コメント (0)

2010年12月 3日 (金)

レモンには見えない。

Img_8631一見,何か分かりません。

レモンに クローブを刺したもののようです。

「ポマンダー」と言われる 香り玉とのことです。

嗅覚に難があって・・・。

| | コメント (0)

2010年12月 2日 (木)

注文した後に “Tyrell FX” 仕様確認

還暦過ぎの夫婦が 脚の衰えを防ぐため 輪行でもしてみようとの軽い考えと 乏しい自転車の知識で, 「軽量」,「折りたたみ(輪行容易)」,「小径車輪」,「スタイリッシュ」の条件で,いくつかメーカーのカタログをパラパラと眺め,国産折りたたみ自転車 “Tyrell FX” 購入を決め,11月半ばに注文しました。

注文時の いくつかのヴァリエーションの提示に対して 思い付きで適当に選んで,結局,詳細な仕様が頭に入らないまま,カタログ標準仕様の価格に対して 2台で計12万円高くなりました。
家人のと 私ので仕様は異なります。

今月半ば予定の納車を前にして どんな自転車なんだろうかと,今頃になって SPEC.を確認してみました。

Tyrell FX” には,使用しているコンポーネント(ディレイラー,クランクセット,ボトムブラケット,カセット,チェーンなど)の違いによる2モデルがあります。 “(シマノ)Tiagra”(リア 9段) と “(シマノ)105”(リア 10段) の2モデルです。

標準タイプは “Tiagra”モデルで,他の仕様が同じ “105”モデルは 約3.7万円の up です。
両モデル共,標準はフロント・ シングルですが,ダブルも用意され,ハンドルは 標準の「フラットバー」の他に 「ブルホーン」 と 「ドロップ」 が選べ,シフターもいくつかの中からの選択が可能です。

注文したのは-
妻 :  “105”モデル/フロント・ダブル+フラットバー・ハンドル/キャンディー・ブルー
私 :  “105”モデル/フロント・ダブル+ブルホーン・ハンドル+STIレバー/イエロー
でした。

その他,ギアの歯数(この辺りの表現が素人)など 分かりましたが,その値を見て トップで軽く走れるかどうかなど 見当がつかないので 忘れておきます。

さて,こんなことで うまく 乗りこなせるでしょうか?

| | コメント (0)

2010年12月 1日 (水)

Corduroy Suit に Knit Tie を

40年前の学生時代,‘All-Occasional-Tie’ と言われる黒のニット・タイ 1本で たいていの場合を済ませていました。

Img_8614

そして還暦を過ぎて2年,茶色のコーデュロイのスーツに合わせて 派手気味なニット・タイを買いもとめてみました。
こんな組み合わせが,やっと無理なく似合う年齢になったような気がします。

問題は この格好で,いつ,どこに行くか,ですね。

All Occasional とはいきません。

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »