« 冬は 緑黄色野菜 | トップページ | 京都の土産は「京野菜」 »

2010年12月19日 (日)

まだまだ気になる言葉遣い

既に レストラン・チェーンなど限られた場所での方言ではなく,一般化して 一過性とは思われない,しかし,私にとって依然 耳障りな言い回しの言葉があります。

本来の適正なケースで遣われない 「・・・させていただく。」,「・・・になります。」,「・・・してあげる。」,「・・・的には・・・」などが気になる言葉遣いですが,ちゃんとした(?)大人が 遣いがちで 気になる言い回しに 「・・・したいと思います。」が あります。

例えば 何かの講習会で 「・・・について 説明したいと思います。」,「早速,始めたいと思います。」 という何でもないような言い方でも 「・・・思います。」が 連発されると気になります。

特に, 「・・・について 説明したい,というふうに思います。」と,大げさで 胡散臭い言い回しをされると,この人の話をまともに聞く価値があるのだろうか,時間の無駄ではないだろうかと 冒頭から疑いの気持ちを持つこともあります。

「・・・について説明いたします/説明します。」,「始めます。」と言えば 必要十分です。

別に 思うから説明するわけではなく,この言い方が 丁寧だと思い,無意識に遣っているのでしょう。
思う,思わないに関係なく 実行すること(が決まっていること)に 「思います。」は勘弁願いたい。

|

« 冬は 緑黄色野菜 | トップページ | 京都の土産は「京野菜」 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬は 緑黄色野菜 | トップページ | 京都の土産は「京野菜」 »