« 年末,北九州。 | トップページ | 13分間の不思議 »

2011年1月 3日 (月)

伊丹十三デザインによる金榮堂の「書皮」発見。

年末に帰省した折り,北九州市の実家に残っていた40年ほど前の学生時代のスケッチ・ブック3冊を持って戻りました。
これをパラパラと捲っていて,1990年代まで小倉北区にあった「金榮堂」書店のカバーが挟まれているのを発見しました。
自分で挟んだのを忘れてしまい,1972年の大学卒業以来,埋もれていました。

Img_9033

「金榮堂」店主の依頼で,恐らく40年以上前に伊丹十三氏がデザインしたものです。
1970年前後の学生時代,「金榮堂」で買っていた本は既にありませんが,カバーを残していました。

Img_9040

「意匠 伊丹十三」 と印刷されています。

Img_9038

「金榮堂書皮復刻委員会」が作成したカバーと並べてみました。
上が オリジナル,下が 復刻版。
去年(2010年)5月の開館三周年記念に訪館した松山市・伊丹十三記念館に提供されていた復刻版です。
復刻版には「意匠 伊丹十三」の文字はありません。

オリジナルが白い紙だったのも忘れていました。

|

« 年末,北九州。 | トップページ | 13分間の不思議 »

mono」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年末,北九州。 | トップページ | 13分間の不思議 »