« 呉市で雪 | トップページ | 日曜日 夜,汐留。 »

2011年2月14日 (月)

タイアに空気を入れる勉強

自転車のタイア(チューブ)に付いているバルブには 英式,米式,仏式があり,昨年末 買った Tyrell FX のバルブは 仏式でした。ロードレーサーに使われるタイプのようです。

今まで 米式と 英式しか使った経験がないので スペア用に買ったチューブと,同時に買った携帯用の空気入れで 試しに空気を入れてみました。

Img_9277Img_9278

キャップを外すと 先端に ロック・ナットがあります。
これを締めて 空気の漏れを止めているようです。

Img_9279Img_9281

ナットを緩めて ロックを開放して 空気入れに差込みます。
米式に比べると 華奢な構造に思えます。

Img_9282Img_9283

空気入れの背のレバーを立てて ロックして 空気を入れます。
入れ終わったら(適正な空気圧でないとパンクする可能性が高くなるので 「圧力ゲージ」 又は 「ゲージ付きの空気入れ」を購入予定),バルブのロック・ナットを締め,キャップを被せて終了。

|

« 呉市で雪 | トップページ | 日曜日 夜,汐留。 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 呉市で雪 | トップページ | 日曜日 夜,汐留。 »