« 災害用品確認 | トップページ | 冷静に- »

2011年3月15日 (火)

津波の力

11日の地震による 東北地方各地の津波の脅威が繰り返し放映されています。

2004年のスマトラ島沖地震に誘起された津波の映像の記憶はありますが,それ以前に津波が町を襲う映像を見た覚えはありません。

今回の映像は 世界中で見られて その恐ろしさが知れ渡ったことでしょう。

津波の力は感覚的には分かっていますが,車や家が流されるのを見て,どの程度の力だろうか,例えば 車の側面が津波を受けたときの力は-と思い計算してみました。

流体力は F=1/2 ρCV^2・A で計算されます。

  • ρ:海水の比重で 重力加速度を考慮
         = 1.025/9.81=0.1046 ton・sec^2/(m^4)
  • C:抗力係数,とりあえず 1.0
  • V:津波の速さ,陸上では全速で走る人間の速さと言われるので
        オリンピック短距離走者の 10m/sec(時速 36km)
  • A:車の側面積,とりあえず 1.5m×4m として 6m^2

これらを使って計算すると,一台の車が受ける力は 約 31.4 ton となります。

100kg の力で押せる力自慢の大人の300人相当となり,その大きさが実感できます。
この力が作用すれば 乗用車1台は動くでしょう。

 

|

« 災害用品確認 | トップページ | 冷静に- »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 災害用品確認 | トップページ | 冷静に- »