« 「残り一年」の通告あり。 | トップページ | 津波被害 »

2011年3月12日 (土)

現実となった帰宅難民

11日 15時すぎ,東京に出張している者からの「地震で新幹線が止まり,帰れない。」 という電話で 今回の大地震(東北地方太平洋沖地震)を知りました。
この時,これが M 8.8の国内最大規模の地震であることを知る由もありませんでした。

すぐに ネット・ニュースを見ると 「東北で震度 7,関東で震度6弱(実際は 5弱?)」,驚いて 千葉県にいる娘に電話をいれましたが 既に回線が飽和状態のようで通じません。
その後,何回もトライし 1時間後に通じて無事を確認。

NHKテレビで何度も放映していた,仙台・名取の 畑を 家や車や船を巻き込んだ黒い津波が覆っていく映像は衝撃的でした。
津波の被害が大きいようです。

被害の全貌はこれから徐々に明らかになっていくでしょうが,少なくとも経済的被害額は阪神淡路大震災を越える規模になりそうです。

首都圏での帰宅難民の可能性は 前から指摘されていましたが,全ての電車が止まり現実のものとなりました。
1年半前に広島に移るまで 船橋に住んで 東京で勤務していた頃は,隅田川・荒川・江戸川を越えて 30km歩いて帰宅するのは無理なので 会社で待機するつもりでいました。

|

« 「残り一年」の通告あり。 | トップページ | 津波被害 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自分は大丈夫である、と無意識に思っていることを痛感した。幸か不幸か、中学生を含むお客さまと一緒にいたので自分がしっかりしなければと思うことができた。ただ外に避難と決めて誘導してから、またひどい揺れがきた時は不安が大きくなった。中学生らを机の下に入れるのでいっぱいいっぱいだった。やはり天災はこわい。

投稿: yoko | 2011年3月12日 (土) 18時00分

ご心配いただいてありがとう。長男は錦糸町から稲毛まで約8時間かけて帰宅したそうです。スニーカーを買えずに通勤靴なので最後は足が痛かったと。

投稿: hirosuke | 2011年3月12日 (土) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「残り一年」の通告あり。 | トップページ | 津波被害 »