« 「まくわうり」が育つか? | トップページ | 復興計画の目的と目標 »

2011年4月26日 (火)

AIDECの昔のBent Wood Chair

AIDECは THONETの輸入代理店として 曲げ木椅子を販売しており,サイトで紹介しています。

214_02

209_02

代表的な籐の座面の曲げ木椅子は-

左が No.214,\101,850。
右が No.209,\153,300 で かなり高価です。

手元に 25年前(1986年)の AIDEC “BW Series” のカタログと Price List がありました。

Bw14

Bw09

No.214に相当する A-144,146 が \18,000,No.209に相当する C-629が \28,000 でした。
25年前とはいえ,価格の差がありすぎます。

当時から AIDEC はTHONETの輸入代理店でしたが,このカタログの曲げ木椅子は THONET の製品ではなく,第二次世界大戦後に THONETが手放した チェコ や ポーランドの工場で作られたもののようです。

30年前に購入した 5脚のA-144,1脚の C-629 は何回かの座面張替えを経て,我が家では 現役です。

|

« 「まくわうり」が育つか? | トップページ | 復興計画の目的と目標 »

mono」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「まくわうり」が育つか? | トップページ | 復興計画の目的と目標 »